競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

チューリップ賞 2018 追い切り・調教評価:サラキア、脚捌き素軽く好ラップで不気味…

time 2018/03/01

チューリップ賞 2018 追い切り・調教評価:サラキア、脚捌き素軽く好ラップで不気味…

2018チューリップ賞の追い切り・調教評価

追い切り一番馬:サラキア

ほとんど手が動かない中で全体速いペースから直線も少し手前を換えるのが遅れたがそこからスッと併走馬の前に出る。脚捌きの素軽さが目立ったし、不気味な走り。

良かった馬

◎:マウレア
…ある程度外目、コーナーである程度速いラップを踏んで直線結構強めに追われたがしっかりと抜け出した。前肢の捌きは掻き込むような感じの走りだが力強さはあったし、この馬比較で見て全体、3Fで走りながらラストまでやや減速程度で踏ん張ったのは好感。

◎:ラッキーライラック
…最後まで余裕のある走りでフットワークもピッチを上げてくるというよりはしっかりと最後まで素軽く駆け抜けたという感じ。休み明けだけど仕上がっているかなと。

◎:リリーノーブル
…終い重点でなら出せる馬だが、前肢をしっかりと伸ばして力強く抜け出してきた。迫力という点で目立ったかな。

微妙な馬

△:レッドランディーニ
…ん~まあ坂路で出す方ではないんだろうけど、ハードに追われてラストは手前を換えてふらついたりしていたし、ラップ推移の12.8-13.5が示す通りで余力を感じられなかった。良くはないかな。

PR【重賞3レース予想】3連単を狙いやすいのは弥生賞


的中に特化した予想。
2月24日(土)三連単・三連複41.7%、単勝88.9%という高水準の的中率を叩き出しました。
このデータを使って、3月最初の重賞「オーシャンS」「チューリップ賞」「弥生賞」をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になれば誰でも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。

弥生賞

今週末の的中率に期待できるレースです。
過去4年1着から3着までのほとんどに指数上位4頭が馬券に絡んでいます。
最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが、現時点でわかっていることは過去4年1着から3着まで【すべて指数値30以下で馬券決着】しています。ここに注目です。

また、弥生賞の予想は、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日お昼頃に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

チューリップ賞

弥生賞同様、今週末の的中率に期待できるレースです。
同じように指数1位~3位の馬がほぼ来ています。
指数1位から3位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。

オーシャンS

オーシャンSの予想は難しいですね。
弥生賞の予想で言った通り注目は【指数値30以下】ですが、様々な指数の良い所を合わせて弾き出された数値をオーシャンSでは逆に裏切ってくる馬が来るのではないかと予想します。その法則を週末までに見つけたいですね。

データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。

今週末は重賞3鞍。
3月一発目もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
⇒ こちら

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。