競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

チューリップ賞 2018 出走予定馬:シグナライズ&ルメール想定

time 2018/03/01

チューリップ賞 2018 出走予定馬:シグナライズ&ルメール想定

第25回 チューリップ賞(GII)

日程:2018年3月3日()
コース:阪神芝外1600m

チューリップ賞の出走予定・登録馬一覧

フランケル産駒として期待を集め、秋明菊賞勝利など2勝を挙げたシグナライズがチューリップ賞に出走予定だ。前走の紅梅ステークスでは良い位置につけながら伸びあぐねての4着と結果を残せず。桜花賞への道のりを考えるとここは何としても結果を残さないといけない舞台。背水の陣を敷いて何とか権利をもぎ取りたい。

流石にこのクラスに来てしまうとというところ。ただ秋明菊賞が結構良い勝ち方だったので、前半に脚を使わずゆったりと入れた方が良いかな。それでも4走前のマイルでサヤカチャンに敗れているということを考えてもここで権利を取るのも簡単ではないと思う。

秋明菊賞(5下)1着

京都芝外1400m稍 10頭7枠7番
1:23.6 36.4-35.0 S^2
12.7-11.5-12.2-12.2-12.1-11.3-11.6

まずは秋明菊賞勝ちから振り返りたい。この時は稍重で時計も掛かっていたし、その意識も各騎手が強かったのでペースが上がらずの1.4とかなりのスローになっている。そこからの2F戦で坂を下り終えてからの12.1-11.3とギアチェンジも伴う競馬に。力の要る馬場にしては速いラップを要求されている。

7番枠からやや煽りながらだがゲート自体はまずまず、そこからはある程度促していたが下がって後方での競馬となる。道中も折り合い重視、中団馬群の外目で3角に入っていく。3角でも中団の外目で我慢をしつつ、前のミトノレインボーを目標にスペースを詰めながら直線。序盤で中団から外に出して一気に先頭に立つ。そのままL1まで強烈な脚を維持して突き抜けた。

コーナーで緩くL2最速の流れで外から勢いをつけた方が良い展開だったのは間違いないと思っているが、それにしても外から強烈な脚を使ってきた。レース全体のペースも遅かったしそのうえで自身でも無理はせずに中団から後方で前半はやり過ごした。3~4角で仕掛けが遅い中でワンテンポ早めに動いた分直線入りの最速地点でのキレを引き出せたと思うが、それを差し引いてもL1までの伸びはここでは2枚上だった。この感じなら距離を延ばしてゆったり入った方が良いのかもというのは感じる内容だった。

紅梅ステークス(OP)4着

京都芝外1400m良 9頭1枠1番
1:23.2(+0.5) 35.3-35.1 M
12.1-11.2-12.0-12.3-11.5-11.9-11.7

前走の紅梅Sは同じ京都1400、ある程度力の要る馬場という条件だったが4着に敗れた。ペースが平均となっていて、L3最速と仕掛けも早く、あまり速いラップを要求されないタフな競馬になっていたといえそう。

1番枠からやや出負け、そこから内枠を利して前目にポジションを取っていくという形。ある程度前に近い位置までリカバーして単独の4番手で3角に入っていくという感じ。3~4角で外目に出しながら前のモズスーパーフレアの後ろから直線で馬場の良い外へ誘導。しかしそこからの伸びはイマイチでL2でも前との差は広がり、L1ではジリッと詰めたけど外の差し馬にも交わされての4着と完敗だった。

ペースがそこそこ速い中で最序盤リカバーしていったので前半に脚は使っている形。L3最速と仕掛けが早かったこともあったが、この馬としては2走前の秋明菊賞で鋭く反応できていたことを考えるとやはりレース全体の仕掛けが早かったのか、全体のペースが速かったのか。この辺りが原因かなと。

未勝利2着

阪神芝外1600m良 12頭6枠8番
1:36.0(+0.1) 49.0-46.9 S^2
12.7-11.3-12.3-12.7-12.4-11.5-11.3-11.7

未勝利でもサヤカチャンの2着時、4走前を振り返る。今回と同じ阪神マイル戦でペースも2.1とかなりのスロー。ラップ推移的にも後半のL2最速トップスピード戦で割とオーソドックスな阪神マイル戦の内容だったと思う。

8番枠からやや出負けして無理せず中団馬群の中で進めていく。道中は凝縮する中団馬群の中で窮屈そうな感じでやや掛かり気味、3角まで我慢の展開。3~4角でも前がそんなにペースを上げてこない中で中団馬群の中で我慢しながら直線で上手く外に出す。序盤でそこから追いだされてスッと伸びて3番手まで上がってくる。L1でそこからもう一段伸びたかったがサヤカチャンの踏ん張りに屈し、半馬身差まで詰め寄るも届かなかった。

まあもちろん上手くサヤカチャンが作った展開だが、この馬自身も我慢していたとはいえ直線ではかなりスムーズに進路を確保していたので追い上げ体勢は整っていたと思う。それでも差し切れなかった辺りを考えるとトップレベルにあるとまでは言い難いかな。ただ、ここでも要所では意外と動けていたのはあるし、思ったよりも器用に走れている。この辺りを活かして立ち回れれば。

2018チューリップ賞への展望

まあここは上位が結構手ごわいと思うが、それを崩せるだけの決定的な武器は持っていないと思う。要所でスッと動ける器用さはあるがそれを活かすならもうちょっと前目を取りたい。ただそれだけのゲートの上手さが無いのがまず一点。かといって後ろから要所でのギアチェンジだとサヤカチャンを捕えきれない程度のものなのでトップスピードの質的には少なくともちょっと足りない。出し切ってどこまでというのも未知数ではあるし、現時点ではワンパンチ足りない感が強いかな。器用さを活かして内枠からゲートからのリカバーが利いてある程度いい位置、そしてスローならばというところだが、現時点では総合的に見てもJFの上位3頭が強敵だし流石にここに入ってとなると簡単ではないかなと思う。距離自体はこれぐらいあっていいと思うが、押さえるとしても3着までかな。

―――――――――――――――――――――――――

【【弥生賞】】
今年は少頭数でもとっておきの超穴馬がいる!

―――――――――――――――――――――――――

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

≫≫ 弥生賞の超穴馬 ≪≪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

同舞台のホープフルSは
超穴馬ステイフーリッシュ(8人気)が激走して
【【3連単5万2380円的中】】

――――――――――――――――――――――

さらに!先日の京都牝馬Sも
東からの勝負遠征!超穴馬デアレガーロから
【【3連単1万0260円的中】】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の超穴馬も絶対に見逃せない!

【【弥生賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎ 中山・阪神開催も絶好のスタート! ◎◎

先週土日だけで何と万馬券【11本】獲得!
――――――――――――――――――――――

3月も独占の勝負話で大金獲得のチャンス!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神2R 【6万6160円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神10R【4万4040円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉7R 【3万5170円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》中山3R 【2万8060円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉9R 【2万0080円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉5R 【1万6280円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神6R 【1万3190円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》中山9R 【1万1200円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉6R 【1万1010円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉11R【1万0950円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(100倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

【弥生賞の超穴馬】今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。