競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

オーシャンステークス 2018 出走予定馬:ビップライブリー&戸崎想定

time 2018/03/01

オーシャンステークス 2018 出走予定馬:ビップライブリー&戸崎想定

第13回 オーシャンステークス(GIII)

日程:2018年3月3日()
コース:中山芝外1200m

オーシャンステークスの出走予定・登録馬一覧

ビップライブリー(戸崎)

昨年秋に準OPを卒業してから重賞で好走を続けているビップライブリーがオーシャンステークスに出走予定だ。1200mの京阪杯では2着に差し込んできて適性の高さを示したが今回は中山の1200が舞台となるのでその辺りがカギ。強敵相手に揉まれた実力をここで発揮しきれるか。

基本的には前半から流れやすいレースなので1200といってもより基礎スピードを高いレベルで問われたときにどうか。ただ、阪神C組は基本的に高く評価したいとは思っているので単純な能力面はここでも最上位。本質的に見て1200はちょっと短いかもとは思うが、レベル的には通用してもいいメンバー構成。

京阪杯(GIII)2着

京都芝内1200m良 16頭3枠6番
1:08.8(+0.0) 34.3-34.5 M
12.3-10.7-11.3-11.0-11.2-12.3

まずは2走前の京阪杯から振り返る。京都1200でどうしても3角に上り坂があるので前半のペースが遅くなりがちだが、ここでは平均では流れている。そこからのL3最速戦でTS持続を問われた一戦。最速地点となる4角での立ち回りは重要だった。

6番枠から五分のスタート、そこから促しながら二の足で好位まで押し上げて進めていく。3~4角では内目を立ち回りながら好位で我慢して直線外目に誘導。序盤で3列目からジリッと伸びて2列目に、L1でしぶとく差し込んだがネロには届かず、クビ差の2着となった。

最後もジリジリと伸びてはいたんだが、決定的に追い詰めるところまではいかなかったしL3最速を考えるとそこまで高いパフォーマンスとまでは言えない内容かなと。ただし、ゆったり入ってL3最速の中で最後まで脚を使えたしこの1200路線としてはTS持続は高いレベルにあったのかなと。まあここは相手関係を見て結構楽だったと思うし正直あまり高く評価するのは危険かもしれない。

阪神カップ(GII)5着

阪神芝内1400m良 18頭5枠9番
1:20.0(+0.5) 33.6-34.7 H^2
12.1-10.7-10.8-11.2-11.5-11.7-11.5

前走の阪神カップは5着に敗れたが相手関係や競馬のやり方を考えてもかなり強かったなという印象。超高速馬場でペースは1.1でかなりのハイに突入、L1で上位はレースラップ的に再加速を踏んでいるという形だが、基本的には高い基礎スピードを問われた一戦とみていいと思う。

9番枠から五分には出たかなという程度、そこからリカバーしつつ中団から好位の外まで持って行く。3~4角でも好位の外から上がってくるモズアスコットの内で直線。序盤でモズらに挟まれて狭くなるような感じで苦しくなるが踏ん張る。L1でもしぶとく踏ん張ったが外からサングレーザーにも差されて5着まで。

直線でも少し挟まれての不利があったし3~4角でも外のモズアスコットに終始プレッシャーを受けるような形になっていた。そして前半も速いなかである程度追走して足を使っていたということを考えると結構頑張ったなという印象かな。ただ1400の厳しい流ならというところも1200で上がり切った時には不安があるかな。二の足は悪くないけどゲートがそこまで上手くないので。京都1200や中京1200なら気にならないけど中山1200となると、という感じ。

白秋ステークス(16下)1着

東京芝1400m稍 10頭3枠3番
1:21.9 35.5-34.1 S^2
12.6-10.9-12.0-12.3-11.1-11.3-11.7

この白秋Sは結構ハイレベルだと思うが、その中で思った以上に長くトップスピードを維持してきたなという印象。ペースは1.4でかなりのスロー、ラップ推移的に見てもL3最速でTS持続特化戦に近い。

3番枠から出負けしてそこから無理はせずに後方で我慢していく。3角手前で少しブレーキ、掛かり気味になりながらも後方内内で我慢して直線。序盤でもまだ壁を作っている状況から追いだされて外に持ち出す。L2でそこからしぶとく伸びて2列目にならびかけ、L1でしぶとく伸びて接戦を競り落としての勝利。

ダイワメジャー産駒の中でもTS持続を活かすタイプの方なのかなと。スターオブペルシャを差すというのは結構簡単ではないと思うし、ラストまでの伸びが良かったのは意外だったかなと。スローからの決め手勝負でもやれているように総合力を持っているうえでTS持続も結構あるので重賞レベルでも通用するのは別に驚きはない。

2018オーシャンステークスへの展望

地味にゲートが上手くないのでそこが中山1200ではカギになる。1400までならある程度厳しい流れにもついていけたけど、流石に中山1200でとなると一歩目が甘いとポジション取りで楽はできないだろうと。ただし仮に後ろからになったとしてもこの馬の場合比較的TS持続力が高いレベルにあるので盛り返すチャンスはある。前半無理に前に行くよりはある程度の位置で妥協してしっかりと出し切る形に持ち込めれば、というところかな。正直レベル的には結構恵まれたと思うので、ネロがハナを切って1秒以上のハイに持ち込んだりしなければこの面子なら好勝負できると思う。レーヌミノルとの比較で考えてもこちらの方を上位に考えるべきかな。ただし、この馬でも最上位にはいると思うが正直ここは混戦模様なので穴目で面白い馬を見つけたいなとは思っている。一応連下想定で考えて総合的に判断して印を前後させたい。ハイペースに上がり切ったらネロは手強いしジューヌエコールなんかも復活すれば怖いし、意外とペースが上がり切らないケースでTS持続面ではスノードラゴンも衰えない。総合的にはナックビーナスも強敵で、その辺りとの比較になるかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
弥生賞(G2)・鉄板3点勝負
ワグネリアン、ダノンプレミアも
脅かす穴馬で30倍以上も狙える!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中
2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中
1/28 東京9R 3万9500円的中
1/27 京都12R 1万2890円的中
1/14 中山12R 2万2650円的中
1/13 中京7R 2万3630円的中

弥生賞の3点を無料で見る方法

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。