競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

弥生賞 2018 出走予定馬:オブセッション&ルメール想定

time 2018/02/27

弥生賞 2018 出走予定馬:オブセッション&ルメール想定

第55回 弥生賞(GII)

日程:2018年3月4日()
コース:中山芝内2000m

弥生賞の出走予定・登録馬一覧

新馬戦では重馬場できっちりと勝ち切り、シクラメン賞では高速馬場で強烈な突き抜けレコード勝ちと両極端な競馬で結果を残したオブセッションが弥生賞に出走予定だ。藤沢和雄×クリストフ・ルメールの黄金コンビが今年のクラシック戦線に送り込むのがこの馬。素質の高さは間違いなく、後は世代トップクラスの実力馬を相手にどこまで通用するか。

新馬戦はどちらかというと相手関係を考えればそこまででもないが、やはりシクラメン賞の勝ち方だろう。インパクトとしては相当大きい。

新馬戦1着

東京芝2000m重 12頭1枠1番
2:07.5 66.4-61.1 S^5
13.6-13.1-13.4-13.0-13.3-13.4-12.8-11.6-11.3-12.0

まずは新馬戦から。東京の2000でこの時期の新馬戦としては長い距離でかつ重馬場でと前半の入りはゆったりとしたものだった。そこからのL2最速で11.3、トップスピードをこの馬場でも要求されているが、流石に極端にスローバランスだし富士Sの当日なのでそこまで重い馬場ではなかったはず。

1番枠からやや出負けして内枠を利そうとするも行けずに後方からの競馬。道中も後方馬群の中で進めていたが要所は終始手が動いていて追走に苦労しているような感じ。3~4角でも内のスペースを突いて上手く押し上げて直線で先頭列に入ってくる。序盤でそこから抜け出して突き抜けたかったが地味。L2でも内から食らいつくラムセスバローズが手強い。それでも最後までこれを寄せ付けずに退けての半馬身差の勝利。

正直この一戦はあまり高いレベルではないと思っている。道悪とは言えドスローで極端な上がり勝負だし、しかも3~4角で内から上手く押し上げることができたのは流れを考えても、またラムセスも内で我慢して伸びてきていたことからも噛み合っていたと思う。その点でラストで12.0と減速しているし個人的には新馬戦はあまり高いパフォーマンスとは思っていない。ゲートからの二の足も遅かったし完成度も低く、良くなるのはもう少し先かなと感じていた。

シクラメン賞(5下)1着

阪神芝外1800m良 7頭5枠5番
1:45.6R 46.9-46.5 M
12.6-10.9-11.4-12.0-12.2-12.0-11.3-11.4-11.8

前走のシクラメン賞は驚くほどにパフォーマンスを上げてきたなという感じ。もちろん昨年の冬開催の阪神は時期を考えると超高速状態という珍しい状況だったが、それでもレコード勝ちが示す通りでインパクトは大きかった。ペースは平均だがこれは前の集団のもの。ただし前もラップ的に息を入れていないので後半勝負にするなら当然TS持続力を相当高いレベルで問われているはず。

5番枠から出負けして後方からというのは前走通り。道中も前の4頭が飛ばしていく中でこちらは少し押し上げつつ離れた6番手で進めていく。3~4角でも前4頭から離れた6番手で最内を立ち回りながら徐々に前との差を詰めてくる。4角でダノンフォーチュンの直後を通してロスなく立ち回って直線で外。序盤での伸びも良くここで一気に先頭に近いところまでもってくる。L1で更に突き抜けての完勝だった。

レースラップ的に見ればラストは11.8と落としているし、恐らくこの馬はL2でかなり詰めている(4馬身はまずあったと思うがそれをほぼ並ぶところまで来ている)ので10秒台は確実に踏んでいるはず。これを考えるともちろん長く脚を使えたのもあるけど、この流れでしっかりとトップスピードの質、持続力をどちらも高いレベルで見せてきたといっていいと思う。軽い馬場でトップスピードにしっかりと乗せられる阪神外回りというのも良かったかもだが、それにしても強い競馬だったしこれは間違いない。翌日の逆瀬川Sが勝ち時計1:46.4で勝ち馬上がり33.5。だからシンプルに上回ってきている。2歳の段階で準OPを超えてくるというのはまずクラシック主役級とみていい。

2018弥生賞への展望

絶対的な能力…末脚自体は破格のレベルにあるので、後は適性面でどうかという点だけかな。新馬を見ると重馬場とはいえそこまで悪化してなかった状況で伸び自体は地味だった。ドスローでそこからのギアチェンジとかそういったところをどうこなしてくるか。阪神外回りは勢いをつけやすいコースだし、特にシクラメン賞の内容的にも前が離していて動いているダノンフォーチュンの後ろからロスなく完璧に直線まで勢いに乗せて入ってこれている。どちらかというと現時点では大味な素材型タイプかな。それと、馬場が軽くなってワンターンで明かにパフォーマンスを上げてきているという点からも1周コースの中山で?というのはある。弥生賞なら3F勝負になりやすいのでゲートが下手、ポジショニングも含めて出し切れるかどうかの課題はある。そういったところの不安はあるんだが、それでも前走のシクラメン賞は準OPを楽に超えている。完成度は決して高くはないと思うのだが、これだけでも不安を無視したくなるぐらい魅力があるかな。上位は非常に高いレベルで拮抗していて極めて悩ましい一戦だ。

―――――――――――――――――――――――――【【弥生賞】】
今年は少頭数でもとっておきの超穴馬がいる!

―――――――――――――――――――――――――

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

≫≫ 弥生賞の超穴馬 ≪≪

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

同舞台のホープフルSは
超穴馬ステイフーリッシュ(8人気)が激走して
【【3連単5万2380円的中】】

――――――――――――――――――――――

さらに!先日の京都牝馬Sも
東からの勝負遠征!超穴馬デアレガーロから
【【3連単1万0260円的中】】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今回の超穴馬も絶対に見逃せない!

【【弥生賞の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎ 中山・阪神開催も絶好のスタート! ◎◎

先週土日だけで何と万馬券【11本】獲得!
――――――――――――――――――――――

3月も独占の勝負話で大金獲得のチャンス!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神2R 【6万6160円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神10R【4万4040円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉7R 【3万5170円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》中山3R 【2万8060円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉9R 【2万0080円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉5R 【1万6280円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》阪神6R 【1万3190円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》中山9R 【1万1200円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週土曜》小倉6R 【1万1010円】的中
――――――――――――――――――――――
《先週日曜》小倉11R【1万0950円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(100倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ダノンプレミアム相手でも馬連想定30倍!

【弥生賞の超穴馬】今すぐ教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。