競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

オーシャンステークス 2018 出走予定馬:ネロ&ミナリク想定

time 2018/02/27

オーシャンステークス 2018 出走予定馬:ネロ&ミナリク想定

第13回 オーシャンステークス(GIII)

日程:2018年3月3日()
コース:中山芝外1200m

オーシャンステークスの出走予定・登録馬一覧

ネロ(ミナリク想定)

長らくスランプに陥りながら前走の京阪杯で連覇を果たす逃げ切り勝ちで復活したネロがオーシャンステークスに出走予定だ。そもそもなかなか逃げることができなくなったのが不調の要因だったと思うが、ようやく京阪杯で念願のハナをゲット。そのまましぶとく逃げ切って見せた。もちろん今回もハナは譲れない、しぶとさ武器に華麗なる逃走劇を決められるか。

今回も逃げられるかどうかが一つ大きなカギになってくる。ただ二の足が少し遅いタイプなのでスタート地点から下り坂になる中山の1200自体は良さそう。後はゲート、出脚が速い馬にスッとはいられなければというのと、まだ慣れていないミナリクが中山1200のハイペースになりやすいレースメイクでビビらず行けるか。 出来れば少し時計がかかってほしい。

京阪杯(GIII)1着

京都芝内1200m良 16頭2枠4番
1:08.8 34.3-34.5 M
12.3-10.7-11.3-11.0-11.2-12.3

まずは復活の前走京阪杯から振り返る。良馬場ではあったが雨が少し残っていたことに加えて台風開催などで劣化が激しく時計がかかる状態だった。ペースは平均、ラップ推移的にはL3最速で4角地点が速い中でL1が消耗している。馬場を考えるとコーナーでかなり速いラップを踏んでいることになる。

4番枠からまずまずのスタート、そこから押して押してハナを取り切った、という形になる。そこからはペースを少し緩めて3角。3~4角では逆に積極的に引き上げて4角最速に持ち込んで直線。序盤で外から手ごたえの良いフィドゥーシアに並ばれるが、L1でしぶとく踏ん張ってこれを振り払い後続の追撃もしっかりと振り切った。

平均ペースでの押切というのはちょっと意外ではあったが、条件的には確かに復活しそうな感じではあった。馬場が重くて時計がかかる状況は一昨年の京阪杯勝ちでも強さを見せていたし、あそこまでではないにせよ今年も雨の影響や開催最終週の影響もあったと思う。その中でハナを取り切れればチャンスとしてはあったのかなと。ただやはりゲートがそんなに上手くないのと二の足が速くないので逃げようと思うと映像通りかなり押して押してとなる。これが今回も当然ポイントになるだろうと。

スプリンターズステークス(GI)16着

中山芝外1200m良 16頭7枠14番
1:08.3(+0.7) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

3走前のスプリンターズSは軽い馬場ということもあったが、やはり前に行けなかったというのが痛かった。ペースは平均、ラップ推移的にもL3最速は京阪杯と同じ。違ったのは相手、この馬の位置、そして馬場・コースというところ。その中でどれかというと馬場と位置だろう。

14番枠から好発を切ったが二の足が遅くてうちの各馬に一気に行かれてしまっての好位。そこからは諦めて抑えるも掛かりながら好位外での競馬を展開していく。3~4角でも好位外だが最速地点で結構ロスがあったので下がって直線。序盤で中団ぐらいから呑み込まれて最後は失速、殿負けを喫した。

ゲート自体は良かったと思うが二の足が遅くて内の各馬にスッと行かれてしまった。外枠だったのでその点は不運だったと思うが、そこからはペースもコントロールされて結局L3の11.0の地点で好位の外、かなりロスがあったのは京阪杯とは違う形。京阪杯は自分で引き上げたが4角地点では最内最短距離を通せていた。加えて言えばやはり馬場が軽かったのは痛かった。後半でここまでトップスピードの質を問われかつ持続しないといけないとなると流石に適性的にむずかしかったと思う。基本的には前でペースを引き上げ少なくともL1は消耗させる形が理想。

キーンランドカップ(GIII)8着

札幌芝1200m良 13頭3枠3番
1:09.7(+0.7) 33.5-35.5 H^2
12.0-10.5-11.0-11.6-11.7-12.2

4走前のキーンランドCも結局逃げることができなかったのが響いたと思う。馬場は時計がかなり掛かっていたし2秒と超ハイに肉薄するレベルのかなりのハイ。この馬にとってはお誂え向き、という感じ。ただこの馬の競馬ができなかった。

3番枠から五分には出てそこから押して押しての先行策だがやはり行き切れずに2列目で揉まれる形になる。そこから最終的には推しながらだが好位で進めて、3~4角の中目で直線。序盤からジリジリと伸びずに下がってしまう。そのままL1までジリジリと下がって8着完敗。

条件自体は良かったと思うが、好位で包まれてしまったのは痛かったかなと。それとこのレベルではやっぱり基本的に二の足が遅いのでなかなかハナを切るというところまでは難しい、というのが近走のこの馬かなと。京阪杯に関しては馬場も枠の並びも色々恵まれた面はあったと思うので。

2018オーシャンステークスへの展望

基本的には前走をあまり信用しない方が良いとは思う。あそこまで楽に逃げられたのはある程度マークが薄かったこともあるし、馬場が悪かったので各馬が牽制していたというのも影響としてあったと思う。今回まずポイントとなるのは当然逃げられるかどうか。これは枠の並びもかなり重要で、ゲートは良い時もあるが安定はしていないし、二の足は安定して遅め。なので基本的には行ききれないリスクが大きい馬。馬券的にはまずそこを意識して入りたい。中山1200自体は相性はいいと思うし、坂の下りで勢いに乗せやすいのとこの時期なら極端な高速馬場はない。まあやや高速ぐらいではあると思うがしっかりと逃げてハイペースに持ち込めれば、というところか。今回はとりあえず出走順上位16頭でこれといった逃げ馬はいないのでナックビーナスの出方次第ではハナを取れる可能性はある。その辺で判断したいかな。逃げられなければ脆いという馬ではないが流石に包まれたくはない。悪くとも番手外ぐらいでは入っていきたいかな。相手関係よりも自分の競馬ができるかどうか+馬場が軽すぎないかどうかがポイント。噛み合えば連勝もあるしそうでなければぶっ飛ぶこともあるので予想的にはそういう狙い方をしたい。ミナリクがどうこうというよりも、日本の経験が薄い外国人騎手で逃げ馬ってのは簡単ではないと思うからその辺は少し気になるところかなあ。ミナリク自体は結構途中で動く意識を持っていたし、割と柔軟性は感じるんだけどね。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
弥生賞(G2)・鉄板3点勝負
ワグネリアン、ダノンプレミアも
脅かす穴馬で30倍以上も狙える!?
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

2/18 フェブラリーS 4万1560円的中
2/12 クイーンC 1万5560円的中
2/11 京都記念  1万6450円的中
2/10 小倉12R 2万5070円的中
2/4 東京8R  1万0280円的中
2/3 東京8R 1万8870円的中
1/28 東京9R 3万9500円的中
1/27 京都12R 1万2890円的中
1/14 中山12R 2万2650円的中
1/13 中京7R 2万3630円的中

弥生賞の3点を無料で見る方法

何悪。分析note2020



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。