競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山記念2018 出走予定馬:マルターズアポジー&柴田善臣想定

time 2018/02/20

中山記念2018 出走予定馬:マルターズアポジー&柴田善臣想定

中山記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年2月25日()

予想用・出走予定馬一覧

マルターズアポジー

アエロリットとともに展開のカギを握る一頭、昨年の関屋記念、小倉大賞典を制している実力馬マルターズアポジーが中山記念に出走予定。スピードを活かした逃げと同時にコーナーでも積極的に仕掛けて粘り込めるタイプだけに今回どういう競馬に持ち込めるか、注目の一頭だ。

タイプ的には面白い一頭なんだが、前走のマイルCSでちょっと負けすぎてしまったので状態面が気になるかな。多少ハイでも我慢できていた馬なので。

関屋記念(GIII)1着

新潟芝外1600m良
1:32.2 46.6-45.6 S^1
12.4-11.1-11.7-11.4-11.3-11.1-11.0-12.2

まずは3走前の関屋記念勝ちから振り返る。イメージ的にはこのレースがこの馬の走りかなと。ペースは1.2でスローだが前半は46.6とそこそこ速い流れだし、それでも3~4角でペースをむしろ上げていく形で直線、L2最速は11.0と新潟外としては遅めだが全体のペースとコーナーで分散する形に持ち込めたのが勝因かなと。

3番枠から好発を切って押してハナ、楽に主導権を取り切る。そのまま途中まで遅すぎないペースで進めて3角。3~4角で息を入れずにラップ的にも加速して2番手以降を引き離しながら直線に入ってくる。序盤でまだ楽な手ごたえで途中で鞭、L2でもしぶとく粘って後続を寄せ付けず、L1で流石にちょっと甘くなったがそれでもヤングマンパワーら実力馬を相手にしのぎ切った。

強かったが評価のポイントはやはり前半のペースとゲートの上手さから始まるポジショニング面の両面。基礎スピード面でも高いレベルで見せてレースをややスローに支配、そこからコーナーで息を入れずに引き上げたことで後続を出し抜く形、ロンスパ気味で結果を出してきたのは大きい。マイルはちょっと短いとは思うが、楽に主導権を取ってしっかりと後半の仕掛けを強く出来れば問題ないかなと。

マイルチャンピオンシップ(GI)15着

京都芝外1600m稍 18頭4枠8番
1:34.9(+1.1) 46.7-47.1 M
12.2-10.8-11.6-12.1-11.9-11.5-11.6-12.1

前走のマイルCSは悪くない入り方かなと思ってみていたが結果的にはちょっと速かったのもあると思う。それと力の要る馬場だったので、その辺りも難しかったか。ペースは平均、ラップ推移的に見ると中盤は少し中弛み状態ではあるが極端ではないし、L3の4角最速には持ち込んでいるのでコーナーで分散しているし悪くは無かったはずで少し崩れすぎたのは心配。

8番枠からやや出負け、そこから押してリカバーしながらハナを取り切る形になる。道中もやや単騎気味で入っていって3角までは悪くない感じで平均ペース。3角でも余裕をもって進めながらだが外から一気にダノンメジャーらが絡んできたのでここで少し離しながら直線。しかし序盤で甘くなって2列目、L1では一気に失速、惨敗だった。

出負けからリカバーするのに脚を使ったのはあると思うが、ペース自体は許容範囲内だったかなと思う。4角でしっかりと脚を使ってという競馬はできたので個人的には流れとしては悪くない形で進めてくれたと思うが結果は惨敗だった。まあ外差しの馬場だったしペースもこの馬としてはそこそこ速かったけど、それでももうちょっと踏ん張ってほしかったかな。

小倉大賞典(GIII)1着

小倉芝1800m良 16頭4枠7番
1:45.8 46.2-48.2 H^2
12.2-11.1-11.5-11.4-11.4-11.7-11.7-11.9-12.9

小倉大賞典では1800mの舞台でハイペースを作り上げて淡々と押し切った。ペースは見てのとおりで2秒とかなりのハイペース。ラップ推移的にも終始淡々と進めての消耗戦となっている。

7番枠からまずまずのスタート、そこから楽に促してハナを取り切るがマイネルハニーが番手で競ってくるのでペースを落とさず入る。道中も淡々と進めて厳しい流れに持ち込み後続の脚を削ぎながら3角。3~4角でも余裕ある手ごたえでマイネルやロードヴァンドールの脚を無くさせて直線。序盤で堂々と突き抜けて勝負を決める、L1は甘くなったがそれでも2馬身のリードを守っての勝利だった。

1800の舞台でハイペースに上げ切ってしっかりと捻じ伏せてきたし、何よりもここでの強敵といえるマイネルハニーを相手にゲートや基礎スピードといった前半の要素で圧倒してレースを支配したうえでつぶせている、というのは大きい。この馬の場合スローで支配してコーナーで引き上げるという手も打てるし、こうやってハイペースに持ち込んでも戦える、この両面持ちというのがここでは武器になるし、だからこそ展開のカギを握る馬だといえる。

2018中山記念への展望

前走のマイルCSの負け方に不満は無くはないが、ひとまず1800の方が良いと思うしスローでもハイでも幅広くやれるのが強み。基礎スピード自体もアエロリットは強敵だがマイネルハニーやウインブライトよりはまず上にいると思うし、スローロンスパの形でも福島記念でゼーヴィントを撃破できている、またある程度速いラップを踏む形でも関屋記念で結果を出せている。適性の幅が広いタイプで、それをしっかりと活かしながら総合的に勝負出来ればここでも戦えるはず。アエロリットは基礎スピード的に強敵だがそこまで追いかけすぎずに前半は2番手の位置でいいと思うし、向こう正面で後ろが仕掛けてくるのを待ってから3~4角でペースを上げて行くという選択肢がベストかなと。関屋記念で見せたようにマイルでスローTS持続気味の競馬でヤングマンパワーを楽に撃破できたのは評価したい。いずれにせよこの馬の出方次第でレース全体の流れも変わってくると思う。マイネルハニーに対してはこれまでのパフォーマンス通りならスローロンスパ気味でもハイペースで流れても上だと思っているし、後はアエロリットとの比較かなと。その点でも今回は上位の評価をしておきたい。追い切りが良ければ言うことないかな。適性は合っていると思うし実力的にも足りる馬のはず。できれば軽い馬場の方が良いかな。

―――――――――――――――――――――――――昨年の中山記念は【超穴馬】に指名していた
サクラアンプルール(8人気)が激走して31万馬券!

―――――――――――――――――――――――――

今年も例え紙面では無印でも絶対に軽視は禁物!

\\\\\中山記念の超穴馬/////

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『馬券に絡んだ時点で高配当は間違いなし』

『この話を知らずに買ったら後悔する』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

GI馬相手と決まっても見返りは十分!

【中山記念の超穴馬】を今すぐ無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

◎◎◎◎ 2月競馬も万馬券多発 ◎◎◎◎

大きく儲けたい方は絶対にお見逃しなく!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目1R 【8万0020円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京3日目10R【6万7690円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都1日目1R 【6万6250円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都6日目12R【6万5140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目1R 【5万6200円】的中
――――――――――――――――――――――
1回中京6日目3R 【5万6140円】的中
――――――――――――――――――――――
1回東京2日目10R【3万2630円】的中
――――――――――――――――――――――
2回京都3日目9R 【3万1100円】的中
――――――――――――――――――――――
その他的中多数!(300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年は《超穴馬》サクラアンプルールが激走!

今年の【中山記念の超穴馬】はコチラ

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。