競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山記念2018 出走予定馬:ペルシアンナイト&M.デムーロ想定

time 2018/02/19

中山記念2018 出走予定馬:ペルシアンナイト&M.デムーロ想定

中山記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年2月25日()

予想用・出走予定馬一覧

ペルシアンナイト

昨年のマイルチャンピオンシップでまさに奇跡の差しきりでGIタイトルを手中に収めた4歳馬ペルシアンナイトが中山記念に出走予定だ。皐月賞でも2着の実績があるように適性面での不安はあまり感じないが、後は骨っぽい馬を相手にこの距離でどこまで戦えるか。春はマイル路線だけでなく中距離王者も目指す立場、新たな勲章を狙ってまずはここで力を見せつけたい。

相手関係的に厄介な馬は多いけど、意外と基礎スピードタイプの逃げ馬が揃ってくれたのでこの馬としては良い条件かもしれない。個人的には後半勝負に偏るよりは厳しい流れの中での鋭さを引き出したいイメージなので。

マイルチャンピオンシップ(GI)1着

京都芝外1600m稍 18頭8枠18番
1:33.8 46.7-47.1 M
12.2-10.8-11.6-12.1-11.9-11.5-11.6-12.1

前走のマイルCSから振り返る。この時は雨の影響もあったしこれまでの台風開催で馬場が悪化していたのもあって時計がかかっていてややタフな馬場状態。ペースは平均、中盤息は入ったがL3最速で仕掛けが早い流れ、かつトップスピードも質的には問われなかった。

18番枠からまずまずのスタートを切っていたがそこから促しつつも結局は後方に下がる形で前半は少し苦労。それでも後方に下げ切って徐々に内目を狙って3角。3~4角でも内目で我慢しながら仕掛けを待つ、4角でも後方馬群の内目を通して直線で中目に誘導。序盤でスペースを拾ってうまくエアスピネルの直後を取って2馬身差まで詰めてくる。L1でミルコ渾身の追いでしっかりと差を詰めエアスピネルを捕えてのGI制覇となった。

強かったとは思うがやはりあの枠から割り切って内を狙ったことと、直線でのエアスピネルまでの持って行き方が最高だったというのもある。かなり上手く乗られたのは事実だろう。この馬のパフォーマンスとしてみた時に力の要る馬場で流れたところで温存、後半仕掛けが早くトップスピードの質をあまり問われない中で長く脚を使ってきた、最速地点でロスなく立ち回れたのはあるが、強い競馬だったと思う。

皐月賞(GI)2着

中山芝内2000m良 18頭4枠7番
1:57.8(+0.0) 59.0-58.8 M
12.1-10.8-12.2-11.7-12.2-12.4-11.9-11.4-11.4-11.7

この馬の場合皐月賞も強かったとは思うが、アルアインやダンビュライトとの比較で見ると使える脚の長さという点では若干見劣ったと思っている。ペースは平均、中盤で少し緩んでファンディーナの仕掛けでペースが上がった4角L3地点が最速タイ。ここでの立ち回りが問われた一戦で上手く進めてくれたと思う。

7番枠から五分のスタート、そこから無理はせずに控えながら中団やや後方で入っていく。1角までにさらにポジションを下げる形になって後方中目で進めていたが、向こう正面で内のスペースを拾いながらポジションを上げて中団で3角。3~4角でもアルアインの内から狭いところを通しつつロスなく立ち回って2列目に押し上げ直線。序盤でそこからすっと内を突いて一旦は先頭に立ったかという脚を見せたがL1で甘くなって2着惜敗。

2000で結構流れたが、その流れで後方から向こう正面でじわっと押し上げていった。少し緩んだ地点ではあったので噛み合ったのはあるがここで脚を使いながら3~4角でほぼ最短距離を立ち回って最後まで伸びてきたようにポテンシャル面とそこからの一足という2段階加速への対応はできていたんじゃないかなと。ただ、やはりL1での甘さを考えると、ロンスパは適性的に高いけどTS持続はそんなにないかも、というのは感じる。実際不良馬場だったが富士SはTS持続が求められて正攻法でレッドアンシェルに先着されるレベルだった。

富士ステークス(GIII)4着

東京芝1600m不 15頭3枠5番
1:35.6(+0.8) 47.8-47.0 S^1
12.6-11.3-11.7-12.2-12.0-11.2-11.2-12.6

2走前の富士Sがこの馬としては負けパターンになるのかなという感じ。不良馬場ではあったがそこまで顕著に悪化していたわけではなく、実際スローの流れになっていたし最速も11.2と速いラップを要求されている。

5番枠から五分のスタート、そこからある程度促して追走しつつ好位の内目では入っていける。そこからもコントロールしながら。3~4角でレッドアンシェルの後ろから内目で直線に入ってくる。序盤で2列目から追いだされるがイマイチ反応できずにL2の地点でも伸びあぐねている感じで2列目。L1では外差しに屈指て圏外、完敗となった。

もちろん外の差し馬に有利な馬場だった可能性はあるが、内のレッドアンシェルに対してラストまで優位性を取れなかった。トップスピードに入れると甘くなる可能性が高い、もしくは自力で加速しないといけないケースが良くないか、という感じ。ダービーも掛かって捲りについていったにせよ直線での甘さが引っかかったし、地力加速、ギアチェンジが問われる府中が合わない可能性は残されているかな。

2017中山記念への展望

条件的には合うと思うが、スローロンスパ的になると微妙かなと。ただし、今年に限れば基礎スピード色が強い逃げ番手馬が揃った印象なので、全体で流れてくる可能性は例年以上に高いと思う。基礎スピードは高いレベルで持っているし、個人的には流れてくれた方が良いんじゃないかなと。皐月賞を見ても2角の下りで勢いをつけて向こう正面で押し上げながら、3~4角で内内を上手く立ち回ってきて最後に一足。コーナリングの上手さもあったので内回りの中山1800なら大きく崩れる心配がほとんどないかな。後は出遅れが極端でなければ大丈夫だろう。馬場も前走のマイルCSでやれているし高速馬場も強いのでどちらに転んでも大丈夫かな。相手関係から強敵は多いが、あるとしたら基礎スピードタイプに押し切られるパターンだと思う。内目の枠で早めにいいポジションを取りたい。現時点では本命候補の一頭。

PR【重賞2レース予想】3連単を狙いやすいのは中山記念


的中に特化した予想。
2月17日(土)三連単・三連複52.8%、それ以外は全て80%以上の的中率という高水準を叩き出しました。
このデータを使って、中山記念、阪急杯をひも解いて行きたいと思います。
無料会員になればだれでも今週から見れるデータなので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
中山記念

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年1着から3着までのほとんどに指数1位から4位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位から4位で馬券を組み立てるだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは2014年3着と2017年2着以外【すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末は中山記念が一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、中山記念の予想については、サイト運営者「北条氏のブログ」にて日曜日昼に無料公開されますので楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

阪急杯

阪急杯の予想は難しいですね。
中山記念の予想で言った通り注目は【指数値30以下】です。
指数順位こそ下位の馬が絡んでいますが、約7割が指数30以下です。
これを基準にその他の情報を組み合わせて予想していきたいと思います。
指数だけでなく、過去データが豊富に格納されているのでプラスαの情報も見つけやすいですよ。
データを見ているだけで楽しいのでぜひ隅々までチェックしてみてください。

今週末は重賞2鞍。
2月最終週もぜひこの指数を参考にして「最少点」で獲りに行きましょう。
⇒ こちら

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。