競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。 敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

フェブラリーステークス2018 出走予定馬:サウンドトゥルー

time 2018/02/13

フェブラリーステークス2018 出走予定馬:サウンドトゥルー

フェブラリーステークス(GI)

日程:2018年2月18日()
東京ダ1600m

予想用・出走予定馬一覧

嵌った時の差し込みは強烈で昨年はJBCクラシックを制したサウンドトゥルーがフェブラリーステークスに出走予定だ。昨年までは安定して差し込んできたが、前走の川崎記念ではまさかの不発。既に8歳馬と最晩年の域に達しただけに、ここからは年齢との戦いも加わってくる。強烈な末脚を引き出し切ってここからのV字回復となるか?

まあ前走の川崎記念に関しては展開が噛み合い切らなかったと思うが、それでも少し不満はある。そのうえでやはり府中のマイルは短いので、余程展開的に紛れが無いと…。ただこのサウンドトゥルーに関しては驚くほど嵌るときが少なくないのでたちが悪い。鞍上がミナリクに替わるが、この馬に関しては良くも悪くも大野の極振り騎乗で結果が出てきた印象ではあるからね…。それと、結局力関係を見た時に今の地方交流中長距離路線はあまりレベルが高くないとも思う。

JBCクラシック(JpnI)1着

大井ダ2000m重 13頭6枠8番
2:04.5 62.1-62.4 M
12.8 – 11.7 – 12.2 – 12.9 – 12.5 – 12.1 – 12.5 – 13.1 – 12.2 – 12.5

まずは4走前のJBCクラシックから。大井の2000m戦で行われ、重馬場。ペースは平均で落ち着いていて、L5最速だが3~4角でゆるんでのL2再加速、ギアチェンジもかなり問われていて外から押し上げていけた馬の方が有利ではあったと思う。

8番枠からやや出負けして後方からのスタートとなるがこの馬としてはこんなもん。中団馬群を行かせて少しスペースを置いて中団の後ろぐらいから1角へ。向こう正面でペースが上がっていく中で外から勢いに乗せながらアポロケンタッキーの後ろで3角に入っていく。3~4角でも大外から勢いを削がずに押し上げながら緩いラップ地点で差を詰め直線。序盤で好位列からスッと伸びてきて先頭列に近いところまで伸びてくる。L1でしぶとくケイティブレイブを差し切っての勝利だった。

外から捲っての勝利で見た目は派手だが、ラップ推移的には大井らしく3~4角でどうしても減速していたのでそこで取り付けたのは良かったと思う。噛み合う形にはなっていたし向こう正面でペースが上がっていたのでそこで勢いをつけて3角で外々から半径を大きく、緩く入れたのは大きかったかなと。サウンドトゥルーの場合は基本的には勢いをつけてポテンシャルを出し切る形が理想。

川崎記念(JpnI)5着

川崎ダ2100m稍 10頭4枠4番
2:16.4 65.0-63.0 S^2
7.0 – 11.5 – 12.9 – 13.8 – 12.8 – 13.9 – 14.2 – 11.7 – 12.3 – 12.7 – 12.1

前走の川崎記念は噛み合わなかった。4F戦でL4最速ではあるのだが向こう正面でペースが一気に上がり、3~4角でゆるむ、L1再加速という中で内目で立ち回ったのもあってか反応がイマイチだった。とはいえ、JBCクラシックでは結果が出ていたわけで、不満の多い競馬にはなっている。

4番枠から出遅れて最後方からの競馬と、ゲートが悪いこの馬とはいえ入り方は最悪に近い形になる。そこから何頭か交わしてはいたがスタンド前ではまだ後方の位置。ペースも遅く向こう正面で一気にペースアップという流れでついていけない。3~4角でも外々を回すがついていけず、直線序盤から伸びが無いいつものサウンドトゥルーの競馬が全くできなかった。

顕著にスローになってしまったし、向こう正面で11秒台に入る速いラップを踏む形でついていくのに苦労。3~4角でも動くこともできず、直線で前が加速する中でそれ以上の伸びも見せられずと完敗だった。ただ基本的にエンジンの掛かりが遅い馬なのでここまで直線地点で加速、コーナー地点で減速というのを極端に問われてしまうと苦しかったというのはあると思うし、展開上難しい競馬だったのも間違いない。それでも流石に不安はあるかな。

フェブラリーステークス(GI)8着

東京ダ1600m良 16頭1枠1番
1:35.7(+0.6) 46.2-48.9 H^3
12.1 – 10.5 – 11.4 – 12.2 – 12.8 – 11.8 – 12.0 – 12.3

マイル戦は高いレベルではあまり走っていないので何ともだが、昨年のフェブラリーSを振り返りたい。ペースは2.7で超ハイだがL4で12.8と緩んでいるので基礎スピード不足の馬でも取り付くチャンスはあった。そこからのL3最速戦だし結構出し切りやすい展開でこの馬にとっては追い風だったと思う。

1番枠から出負けして後方から、芝スタートでなかなか勢いもつかずにかなり後ろからの競馬となる。道中も後方で進めながらで3角で内を突く。3~4角でも内内で進めながらだが前がペースダウンしてくる中で結構楽にロスなく取り付いて直線。序盤で進路確保で苦労して大外まで持って行くロス、そこからL2で追い出されるがイマイチ反応できない。そのままL1まで伸びは地味でカフジテイクとの比較で見てもL1は見劣ってのなだれ込みだった。

まあもちろん内内を立ち回ったのは良かったとはいえ、直線入りであそこまで大外に持って行く形になったのはロスが流石に多かった。ただL3最速ではありそこからは減速ラップ。3~4角でのロスは最小限だったし、届かないのは仕方ないとはいえL1でもうちょっと伸びてほしかった、というのは当然ある。マイルはちょっと短い感じはするかな。

フェブラリーステークスに向けての展望

まず前走の川崎記念はちょっと不満だが適性的には辛かったはず、JBCクラシックや東京大賞典を見てもある程度噛み合えばしっかりと脚を引き出せているし、チャンピオンズCは前に支配されてL2最速動き出しで甘い馬であの位置では難しい。アウォーディーやベストウォーリアに比べると、まだ下降線といい切れるレベルではないのかなと。ただし、この馬の場合はやはりマイル適性。昨年が取り付くタイミングがあってL3最速と割と恵まれた中で直線入りでの進路の拙さはあったにせよ、L1まで伸びが地味だったというのは物足りない。マイルはちょっと短いのかなと。3~4角での中弛みは結構起こり得るレースなのでそこで外から取り付く形が嵌れば面白いが、勝手知ったる大野ならばともかくテン乗りのミナリクにそれができるとは思えないし、内内で我慢して中弛みで包まれてしまうと難しい。また淡々と流れてしまうとマイルの時計も踏まえて基礎スピード的に足りないと思う。その辺りを色々と考えても現時点では狙いづらいかな。

PR【重賞4レース予想】3連単を狙いやすいのはフェブラリーS


的中に特化した予想。
2月10日(土)単勝95.8%、三連単37.5%という高水準を過去4年にもわたり保ち続ける予想データ。
このデータを使って、G1フェブラリーS、小倉大賞典、ダイヤモンドS、京都牝馬Sをひも解いて予想します。
このデータは無料会員になればだれでも今週から見れますので、チェックしてみてください。
⇒ こちら

それでは、各レースをこのデータ予想の過去結果から分析していきます。
フェブラリーS

今週末一番の的中率に期待できるレースです。
というのは、過去3年、指数1位と2位の予想馬が馬券に絡んでいます。
指数1位と2位で馬券を組み立てるだけで、複勝、ワイドが的中。まずこれだけで安定的に勝てますね。
最も取りたいのは3連単。
2017年から過去3年で見ると、4位予想馬、6位予想馬、7位予想馬が馬券に絡んでいます。
この3頭の共通点を見つければ3連単を十分狙えるレースです。
週末までにじっくり研究したいと思いますが現時点でわかっていることは【2014年1着馬以外、すべて指数値30以下で馬券決着】
今週末はフェブラリーSが一番勝ちやすいレースだと思います。
みなさんも週末までにこの指数について少し調べてみてください。

また、フェブラリーSの予想については、サイト運営者北条氏のブログにて日曜日昼に無料公開されますの。楽しみにしてみてください。
⇒ こちら

小倉大賞典
ダイヤモンドS
京都牝馬S

この3レースの予想が難しい。
この中だったら、ダイヤモンドSが予想しやすいかなぁ。と思いますが、それでも直近2017年成績がいまいちです。
指数1位~3位までの馬が馬券に絡むことは間違いないのですが、馬券内3頭を絞り込むにはもっと分析が必要になります。
しかし、一つだけ予想のヒントとしてあるデータを見つけました。
それは【穴馬発見法】です。この指数データとオッズを組合せて発見します。

例年穴馬の好走が見られますが、オッズの変動でその隠れた馬を見抜ける可能性があります。
指数というのは【全頭の全レースの情報から強い馬の順位を付ける】
しかし僕はここに欠点があると思っています。
その欠点とは【距離適性バッチリの穴馬見落とし】です。

総合評価、つまり全レースで見ると弱いけど、1,800mだけは強い。そんな穴馬たまにいますよね。
オッズだけ見てもこれは正直わからないです。穴馬探しで全頭チェックするのも大変な作業です。
そこで、いい例が小倉大賞典の昨年1着馬マルターズアポジー。
指数14位予想と評価が低いのに、4人気とオッズでは高評価。矛盾が起きました。

どういうことだ?と疑問がうまれマルターズアポジーだけの前レース情報を調べてみました。
すると、2016年2500mの有馬記念で15位と大敗。その前走福島記念G3や、秋風Sなどでは7人気以下にも関わらず1着。
つまり、距離適性は1600m~1800mの馬。G1競争で勝てるほどの実力はないが、G3や特別戦では1着になれるほどの馬とみます。
結果【マルターズアポジー:1800mのG3小倉大賞典は一番力をだせるレース→1着】
ちょっとしたオッズの変化は簡単に気づけません。
しかしこの指数と連携することにより【全体的に見て弱い馬でも、そのレースだけ、ピンポイントで強い馬】を導きだすことができます。

※1点だけ注意
この予想方法で惑わされるのが、大口投票でのオッズ変化です。
大口が入る理由は、調教がすごいよかったなど色々な理由がありますよね。しかしそれは強い馬とは言いきれません。
弱い馬の調教がよくても、いざレースとなると強い馬に勝つのは難しい。
この指数サイトの馬柱の馬名をクリックすると競走馬データが見れますので、適正距離を調べるときに使ってみて下さい。

今週末は重賞4鞍。とても楽しみな週末です。
ぜひこの指数を参考にしてみてください。
⇒ こちら



共同通信杯の展開予想動画

京都記念の展開予想動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。