競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

東京10Rバレンタインステークス 予想:本命06ベストマッチョ

time 2018/02/11

東京10R バレンタインステークス(OP) ダ1400m
馬場想定:良~稍、標準ダート想定
展開予想
結構展開予想が難儀な一戦ではある。多分逃げるのはトミケンユークアイで良いと思うが、内田のベストマッチョもある程度接近して番手から逃げの手も意識しそうだし、レッドゲルニカやブラゾンドゥリス、ラインシュナイダーといった先行勢が結構そろっているのもある。ペースがある程度上がるとみて35.0-36.0ぐらいの感じで。

予想
◎06ベストマッチョ
〇09ブラゾンドゥリス
△12ラインシュナイダー
×07スピーディクール11サノイチ
3連複◎軸〇△BOX
3連単F◎〇-◎〇△-◎〇△

◎ベストマッチョ

枠の並び的に良いなと。逃げられるし先行でもいいというタイプなのでトミケンが行ってそれを突く形の番手ならばひとまずある程度のハイで自由な位置で進められると。4走前の麦秋S勝ちが優秀で、35.4-36.3とハイペースの流れで逃げて進めて11.7 – 11.8 – 11.8 – 12.0 – 12.5のラップ推移、エイシンバランサーの追撃を振り切り3着以下は問題としていない。時計的にもこの時のダートとしてはなかなか優秀。基礎スピードを高いレベルでもっていて2列目までならやれる馬だし、いい位置を確保できそうかなと。

〇ブラゾンドゥリス

58kgは心配だが欅S6着の敗因は斤量というよりは包まれて動けずに外に持ち出すまでに時間がかかったのが痛かったと思う。高速ダートで11.4 – 11.9 – 12.1 – 11.7 – 12.0と4角出口で少し緩んでからのL2最速という流れだったからね。斤量自体は2走前のギャラクシーSでも57kgのハンデで内内を立ち回ってしぶとくバテ差してきているし、福島民報杯も58kg背負って悪くない内容。内の先行勢が多いので、好位の内目に潜り込みながら上手く噛み合えばの怖さはあるかな。内で立ち回ること自体はできる馬なので。

△ラインシュナイダー

先行勢が多い中で一番外だしちょっと悩んだんだが、豊もその辺りを意識しつつある程度コントロールしながら進めてくれるかなと。一応東京1400だとダートスタートでこちらの方がテンで優位にという感じはあるし、ここ2走みたいにペースが上がり過ぎるよりは3走前の高速状態だったグリーンCCみたいに35.0-35.4と平均に近い中で2列目から11.6 – 11.8 – 11.7 – 11.5 – 12.2のラップ推移でしっかりL2で脚を使えている。相手がサンライズノヴァなわけで。まあその辺りを踏まえると多少厄介な枠でも侮れんなと。

×スピーディクール

1400でも問題ないとは思うし、2走前の東京1300m戦でも良馬場の中で35.6-36.5とハイの流れ、11.4 – 12.2 – 12.2 – 12.2 – 12.1と後半12秒台を刻みつつもL1で12.1と最後まで落とさず、外々から長く脚を使ってきたなら1400でもとは思う。ただ前走1800で勝ったことで少し評価先行しそうだし、2走前の量の時計は1000万下としては水準よりはちょっと早いかなという程度なので押さえまで。

×サノイチ

前走の霜月Sはそこまで嵌ったという感じはしない。35.0-36.0とハイペース、11.6 – 12.2 – 12.2 – 11.7 – 12.1とL2再加速で中団馬群のごった返したところで入り込んで序盤は進路も作れずキックバックも受けて苦しい感じだったがL2で進路を取ってからの伸びが良かった。54kgの恩恵もあっただろうが東京1400は安定している馬で休み明けでも警戒したい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
共同通信杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の勝ち馬スワーヴリチャードはダービー2着、16年の勝ち馬ディーマジェスティは皐月賞を優勝、15年の勝ち馬リアルスティールは皐月賞2着、菊花賞2着、14年の勝ち馬イスラボニータは皐月賞1着、ダービー2着と近年の勝ち馬はクラシック路線でも活躍。90年以降の勝ち馬でも、アイネスフウジン、ナリタブライアン、メジロブライト、エルコンドルパサー、ジャングルポケット、アドマイヤムーンなどがおりクラシックの登竜門として名馬を送り出している注目の3歳重賞戦。

今年のメンバーでは、ホープフルSの制したタイムフライヤーを京都2歳Sで負かしたグレイル、ホープフルS・3着ステイフーリッシュ、2連勝中のゴーフォザサミットなどが参戦するが、クラシック路線で活躍する馬が出てくるのか。競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
共同通信杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。