競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

共同通信杯2018 出走予定馬:ブラゾンダムール、前走京都では手前を換えず、ペースも速め…左回りの府中で巻き返せるか?

time 2018/02/08

共同通信杯2018 出走予定馬:ブラゾンダムール、前走京都では手前を換えず、ペースも速め…左回りの府中で巻き返せるか?

日程:2月11日()
第52回 共同通信杯(GIII)
東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧

新馬戦はハイレベルな一戦の中で先行しながらセンス良く突き抜けたブラゾンダムールが共同通信杯に出走予定だ。府中では良かったが前走淀の黄菊賞では勝ちに行っての完敗と苦しい競馬となってしまった。持ち味は33秒台半ばの上がりを繰り出す鋭い末脚、府中の長い直線で挽回することができるかに注目だ。

新馬戦は結構上位勢が勝ち上がったり下位でも未勝利で好走したりしていたし、レベルそのものは高かったかなと思っている。ただ極端に緩い流れでの上がり勝負で良い位置を取れていたというのはあるし、前走の黄菊賞が不甲斐ないので何ともかな。

新馬戦 1着 11頭6枠6番
東京芝2000m良  2:03.9 63.9-60.0 S^4
13.2-12.1-13.0-12.4-13.2-13.2-13.1-11.3-11.0-11.4

まず東京の新馬戦から振り返っていきたい。2000m戦でペースは3.9と超々スロー。遅いが新馬戦としては少し遅いかな、という感じで極端に歩いているほど遅いというわけではない。それと少しラップに波があって、前半は12.4を挟んで13秒台、中盤中弛みからの3F勝負で、L4-3で13.1-11.3と極端なギアチェンジを要求されている。結構器用さが問われた一戦だろうと。

6番枠から好発を切って楽にハナを窺う、外のジェシーが外から主張してきたので行かせて離れた番手で進めていく。道中もジェシーからは離れた番手で進めて折り合いながら楽に3角。3~4角でも3列目を少し離した番手で進めてじわっと促しながらジェシーに対して追いかけつつ直線。序盤でジェシーの後ろで風よけ、L2の坂の上りで外に出してスッと伸びてきて楽に先頭に並びかける。L1でそのままジェシーを競り落として後続ははるか後方、完勝だった。

まず極端とまではいわないが新馬戦としても遅い部類だったのでポジショニングの差が明暗を分けた面はあるかもしれない。ただもちろんそれに関しては上手くスタートを切って優位に立ったわけだし、総合的に1枚上手だったと思う。また3着で上がり最速33.2のコズミックフォースが京成杯2着で、これを考えてもかなり強い競馬をしているとみていい。少なくとも新馬戦ではドスローの上がり勝負でポジショニング、そこからの後半の3要素全てを高いレベルで見せてきたといっていいだろう。

黄菊賞(5下) 10着 13頭6枠9番
京都芝内2000m良 2:02.8(+1.0) 61.1-60.7 M
12.6-11.5-12.1-12.3-12.6-13.2-12.2-11.6-11.7-12.0

前走の黄菊賞は新馬戦とは決定的に違う競馬になった。まず全体のペースは平均まで上がったし、台風開催の影響を受けていて良馬場でも標準には時計がかかる馬場に。その中でL3最速で仕掛けも早く11.6とポテンシャル戦となっている。

9番枠からまずまずのスタート、そこから先行争いに加わっていくが内の2頭も速く控えて好位で。道中は好位の外で進めていきながら、3~4角で好位の外からスーッと押し上げて2列目の外、そこから促しながら2列目で直線。直線に入ってから手前を換えられずに序盤で反応なく、ラストまで下がってしまっての惨敗だった。

このレースでは結局L3最速で内回りなら丸々4角地点になる。ここで外から右手前で動いていって直線で手前を換えられなかったなら結構しんどかったはず。新馬ではしっかりと手前を換えていたので初めての右回りでコーナーで加速、動いていく形で戸惑ったのかもしれないなと。いずれにせよ敗因は直線入りで一気に置かれていたこと、手前を換えなかったから最後まで維持できなかったのか、ポテンシャル面、基礎スピードの課題があるのかはともかくだが、この馬としては色々新馬戦とは真逆の競馬になったかなと。

●2018共同通信杯に向けての展望

前走は大きく崩れてしまったが、敗因としては結構考えられることが多い。まずは右手前のままで走ったこと、4角最速で外から動く形でかつポテンシャル戦だったこと、全体のペースも平均まで上がったこと、そして馬場が高速ではなかった。新馬戦とはこれだけ状況が違ったので、そういう意味ではある程度仕方ない面もある。今回は幾らかこの馬にとっては楽になりそうなことが多い。まずは左回り、そして直線勝負になりやすいという点。少なくとも3~4角コーナー地点で最速ということは考えにくい。そして良馬場なら基本的にはスローになりやすいレース。ポジショニングが上手いので、スローで前目を取れてしまえば新馬戦同様のパフォーマンスを期待、というのは難しくないはず。新馬を見る限りでは緩い地点からのギアチェンジも楽にできていたし、府中適性の高さを感じる馬。血統的には母父メダグリアドーロでサドラー系でもスピード色があるタイプ。割とスピードタイプのノーザン系と相性がいいのがディープだし(ダンジグやストームキャット)、この舞台で見極めたいところかな。馬券的には結構面白いと思うし、前走の敗因が右回りで手前を換えなかったことに依るものなら強めに狙っても面白い。ただ出来れば良馬場が望ましいかな。土曜辺りに雨が降る可能性が高くなっているのでその辺りも意識しながら。

――――――――――――――――――――――――
《先週》きさらぎ賞は◎-穴で予告通り的中!※1番人気で馬群に沈んだダノンも的確にジャッジ※

――――――――――――――――――――――――『今週も自信ありますよ!』
byダービージョッキー大西直宏

今週の共同通信杯は【◎-穴の1点】で狙う

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第52回 共同通信杯(G3)
―――――――――――――――――

『勝つ馬はすでに見えている』

『さらに相手もほぼ1点』

『2連勝中のグレイルの取捨も任せろ』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1点で決まれば馬連でも想定30倍以上!

この1点は迷わず便乗!絶対にお見逃しなく!!

こちらで無料公開!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。