競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

共同通信杯2018 出走予定馬:ステイフーリッシュ、しぶとく伸びてGI3着は立派…切れ味勝負も適性見せるが相手強敵で試金石の一戦

time 2018/02/07

共同通信杯2018 出走予定馬:ステイフーリッシュ、しぶとく伸びてGI3着は立派…切れ味勝負も適性見せるが相手強敵で試金石の一戦

日程:2月11日()
第52回 共同通信杯(GIII)
東京芝1800m
予想用・出走予定馬一覧

新馬戦では中京の2000m戦で鮮やかに抜け出し完勝、GIのホープフルステークスでも3着と結果を残したステイフーリッシュが共同通信杯に出走予定だ。前走は厳しい流れの中で外から勝負に行きながら最後はタイムフライヤーに完敗もそれでも力の一端は示した。クラシックに向けて求められるのは賞金加算以上の結果、強烈な末脚でまとめて捕えきりたい。

前走ホープフルSは意外と厳しい流れに対応できたな、という感じでこの辺りは流石ステイゴールド産駒というところ。今回は東京1800になるがトップスピード面は結構通用すると思うので後は最低限の位置につけたいところ。

新馬戦 1着 9頭5枠5番
中京芝2000m良 2:03.7 64.4-59.3 S^5
13.3-11.2-13.0-13.4-13.5-12.8-12.4-11.7-11.1-11.3

新馬戦は中京芝2000m戦で行われたが一頭だけ違う脚を使ってきた。ペースは5.1で新馬戦とはいえども遅い。そこからの3F勝負だがL2最速、L3でも11.7なのでそこまで速くないし2F戦的な競馬かな。ギアチェンジを伴ってのトップスピード戦で、前半のポジショニングが問われた。

5番枠から五分のスタートからじわっと促しつつ先行争いから少し下げて3列目で進めていく。道中もアイスバブルを見ながら進めていって3角には外から並びかけて2列目。3~4角でも2列目外から先頭列に並びかけていくような感じで直線。序盤でそこからしぶとく伸びて先頭に立つ。L1までしぶとく抜け出しての完勝だった。

内容的にはスローの段階で楽に好位を選択し、そこから3~4角で外々からしっかりと動いていって前を向いて直線鋭く、L1まで圧倒していたわけなのでこの時点で2着のアイスバブルに対しては1枚上、これが勝ち上がっていることを考えてもトップスピードの質、持続力はなかなか高いレベルにあるとは思う。ただあまりにも遅い流だったので基礎スピード面は克服しないといけない課題だった。

ホープフルS(GI) 3着 17頭7枠13番
中山芝内2000m良 2:01.6(+0.2) 59.6-61.8 H^2
12.5-10.8-12.5-11.8-12.0-12.3-12.6-12.8-11.9-12.2

ホープフルSはその課題を克服する形になった。とはいっても前からは離れていたしこの馬としてはスローの流れで入ってはいるがそれでも現実的だし、その中で脚を使えたのは大きい。ペースは2秒前後でかなりのハイ、ラップ推移的にも3~4角で前が減速する形、ここで取り付きながら直線前半のL2最速となっている。この馬の位置だと後半のポテンシャル面が重要だった。

13番枠からやや出負け、そこから無理はせずに中団馬群の外目で進めながら徐々に押し上げつつ3角。3~4角で中団の外目から追走しながら上手くジャンダルムの後ろを通して直線。序盤でそこからの伸びはジリジリ、そこからL1までしぶとく伸びてきての3着確保となった。

直線でジャンダルム、タイムフライヤーの後ろで壁にはなっていたし、タイムの外に持ち出してからの伸びを考えるともう少し上手く進路の問題が解決していたら?というのはある。ただここではポテンシャル面で少なくとも最後まで脚を使って伸びてくるぐらいには高いレベルにあることを証明できた。もちろんタイムフライヤーをどこまで評価できるか?というのはあるし、グレイルはこのタイムフライヤーを捕えてきているわけなのでL1でタイムとの差は詰められなかった点からもまだトップレベルではない。まあ、あくまでポテンシャル戦での話だし、トップスピード戦でも新馬戦でも結構高いレベルでやれているので。

●2018共同通信杯に向けての展望

今回は結構メンバー構成的に高いレベルにあると思うので簡単な一戦ではないと思うが、それでも通用する可能性は当然ある。ひとまずゲートはそこまで上手くはないし、前走も少し出負けした。新馬戦を勝てたのも基本的にあある程度の位置を取ってペースが上がるまでに先頭列につけてからの直線勝負となっていると。またどちらも今のところまだクラシック路線でトップクラスとなるには1段足りない。ここからの成長次第だが、今の段階での完成度だけで言えば。後はステイゴールドの成長力でどこまで。ゴーフォザサミットやカフジバンガードとの比較だと位置取りが重要になるし、グレイル辺りはやはり末脚の絶対量で比べると見劣りそう。今回は一応押さえまでの評価で様子を見たいところ。ホープフルSもタイムフライヤーが勝ったとはいえまだどの程度のレベルかは読めない面もある。勝ち負けまでとなると何かアイデアが欲しいかな。

――――――――――――――――――――――――
《先週》きさらぎ賞は◎-穴で予告通り的中!

※1番人気で馬群に沈んだダノンも的確にジャッジ※
――――――――――――――――――――――――

『今週も自信ありますよ!』
byダービージョッキー大西直宏

今週の共同通信杯は【◎-穴の1点】で狙う

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

第52回 共同通信杯(G3)
―――――――――――――――――

『勝つ馬はすでに見えている』

『さらに相手もほぼ1点』

『2連勝中のグレイルの取捨も任せろ』

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

1点で決まれば馬連でも想定30倍以上!

この1点は迷わず便乗!絶対にお見逃しなく!!

こちらで無料公開!

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。