競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

東京新聞杯2018 出走予定馬:ディバインコード、ポジショニングは高いレベルも…引き上げると甘く、TS持続も甘くで強敵相手にどこまで

time 2018/02/02

東京新聞杯2018 出走予定馬:ディバインコード、ポジショニングは高いレベルも…引き上げると甘く、TS持続も甘くで強敵相手にどこまで

日程:2018年2月4()
第68回 東京新聞杯(GIII)
東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧

強烈な末脚をもつ馬が多く参戦する中で1400mでも上位争いできる基礎スピードを武器にここまで戦ってきたディバインコードが東京新聞杯に出走予定だ。前走のリゲルステークスでは強敵相手にマイルで善戦と、一定の目途を立ててきたが今回は更に相手強化となる。持ち前の基礎スピードを武器に、いかに良い位置、良いペースを作れるかがポイント。粘り込みで穴馬券を提供したい。

怖さという点ではあるが、少なくともNHKマイルCの時点では厳しい流れに対応できなかったのは確かで、、ここ2走を見ても比較的ゆったりした中で粘り込んできた。ただリゲルSは3着といってもレッドアンシェルに完敗の内容、ということを考えるとやはり今回のメンツでは一枚見劣るだろうと。あとは上手く内で立ち回れる枠を引いたのでそこでどれだけ。

オーロC(OP) 2着 16頭6枠12番
東京芝1400m良 1:20.9(+0.1) 35.1-34.1 S^1
12.6-11.2-11.3-11.6-11.1-11.2-11.8

まずは2走前のオーロCから。東京1400m戦らしくペースはそこまで上がらず1秒程度のスロー、ラップ推移的にはコーナーでの淀みはさほど大きくは無いがそれでも11.6と4角付近でやや減速、そこからのL3最速戦なので比較的出し切りやすいTS持続戦だったかなと。

12番枠からまずまずのスタート、すぐ内のトウショウピストが逃げるのでそれを目標にしながら番手を確保しトウショウから離れて少し遊ばせる展開。3~4角でも番手、4角で少し前が緩んだところでじわっと取り付いて直線。序盤で1馬身半差をジリジリと詰めるがここではまだ地味。L2の段階でも東証との差がなかなか詰まらず1馬身差、L1でもジリジリで半馬身まで詰めるのがやっとの2着だった。

むしろ3着のサンライズメジャーに結構詰められているのでこの辺りは末脚の絶対量の差かなと思う。トウショウピストを番手で進めて捕えきれないほど、サンライズメジャーにはラストに結構食い込まれるほどなのでTS持続は甘く、やはり後半勝負だけで強敵相手にどうこうといえるレベルには無いだろう。ただし、スタートも二の足も良く楽に番手につけられたのは魅力の一つ。展開利を味方につける可能性は考えないといけないと。

NHKマイルC(GI) 10着 18頭5枠10番
東京芝1600m良 1:33.4(+1.1) 46.1-46.2 M
12.4-10.9-11.2-11.6-11.8-11.3-11.3-11.8

3歳春のNHKマイルCの時点では厳しい流れに対応できていなかったかなという感じはある。まあポジションもそこまでよくなかったし、そもそもL3最速タイなので基礎スピード面より仕掛けが早かったという面の方が問題だったかもしれないが。平均からのアエロリットによる早仕掛けという競馬ではあったからね。

10番枠から好発を切ってじわっと外から先行策、番手外を狙おうかというところで先行争いが激化し2列目の中に入り込む形。3~4角でも2列目の中目で3頭分ぐらいロスがあって直線。序盤でそこから追いだされて反応するがL2辺りで伸びあぐねて3列目、L1で下がっての10着完敗。

まあこの時点でレッドアンシェルに見劣っているのでそれ以上の評価はやはりできないのかなという感じ。基礎スピード面がある程度問われているがそれで末脚を引き出すのは一瞬だけだった。せめてL2ぐらいまで食らいつけていたらとは思うが、前半のペースがある程度影響していた可能性が高いし、相手も手ごわかったという感じ。

リゲルS(OP) 3着 13頭5枠7番
阪神芝外1600m良 1:33.4 47.0-46.2 S^1
12.5-11.0-11.6-11.9-12.1-11.1-11.1-11.9

前走のリゲルSではマイルを克服できたかなというところだが、やはりレッドアンシェルやサトノアーサー比較でトップスピード持続力の差を見せられてしまった。ペースもややスローと結構良い感じに作れていたと思うし、これで見劣ってしまうとなかなか辛いかな。

7番枠から好発を切ってそこからスッと先行争いに加わり、最終的にはボンセルヴィーソを行かせての番手と理想的。道中もある程度突いて適度に流れさせながら後半特化には持ち込ませずに3角。3~4角でも番手で進めて4角でも仕掛けを待ちながら直線。序盤で追い出ししぶとく先頭列に並びかけるが外から一気にレッドに並ばれてしまう。L1で甘くなってレッドに抜け出され、踏ん張ったところに外からサトノアーサーの差し込み、僅かに及ばずの3着だった。

まあ悪くはないんだが、結局はキレ負けだったしややスローと理想的なペースに持ち込みながらも最後は甘くなってしまってレッドやサトノなんかはこれでも追走に苦労せずに差し込めてしまった。かといってNHKマイルCや信越Sを見る限りでは平均まで上げてしまうと簡単ではなくなりそうで、なかなか難儀な馬だなあという印象。

●2018東京新聞杯に向けての展望

少なくとも素材的には同世代のトップレベルといって良いペルシアンナイトやレッドアンシェルには明らかに見劣っている。アーリントンCのペルシアンには2枚ぐらいの性能差があったし、レッドアンシェルに関しては完全に下位互換に近いレベル。ペースを引き上げても脚を削げずに差し込まれてしまうし、スローなら決め手で見劣る。トップレベル相手にはスパッと切れない、TS持続も甘い。ポジショニングはトップレベルでも優位に立てているのでこれが最大の武器だが、基礎スピードそのものはそこまでないから前目でスロー気味に持ち込んで他が不発するのを待つしかない、という感じはある。例年レベルの東京新聞杯なら前残りで狙えると思うんだが、今年に関しては正直強気になれるメンバー構成ではない。その辺で狙うにしても3着までかな、という感じ。内枠を引けたので上手く脚を残しながら立ち回ってどこまで。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想
中山記念当日の2/25まで無料

しかも今週限定で東京新聞杯の
重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

1/21 AJCC  2万4620円的中
1/20 京都6R 5万7900円的中
1/14 中山12R 2万2650円的中
1/13 中京7R 2万3630円的中
1/8  京都10R 2万7420円的中
1/6  中山8R  2万1720円的中
12/28 ホープフルS 1万0920円的中
12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法

大魔神・佐々木主浩氏の秋華賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。