競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京新聞杯2018 出走予定馬:サトノアレス、2歳王者の復権となるか?前走上手く立ち回るももうワンパンチ欲しい

time 2018/01/31

東京新聞杯2018 出走予定馬:サトノアレス、2歳王者の復権となるか?前走上手く立ち回るももうワンパンチ欲しい

日程:2018年2月4()
第68回 東京新聞杯(GIII)
東京芝1600m
予想用・出走予定馬一覧

一昨年の2歳王者、昨年も巴賞を勝ちキャピタルステークスでも2着と2歳王者の力の片鱗は見せていたサトノアレスが東京新聞杯に出走予定だ。皐月賞で完敗を喫しクラシックは終戦も、前走のキャピタルステークスでは同期の強敵ダイワキャグニーに接近しての2着と存在感を発揮した。ただの2歳王者では終わらない、今年はマイル路線でビッグタイトルを手中に入れるべく、まずはここで久々の重賞制覇を狙う。

ここはかなり強敵が揃っているので楽観視はできないが、ひとまず前走のキャピタルSだけやれれば勝負圏内に食い込んでくるチャンスはあると思う。ただ、高いレベルでは瞬間的に切れるかどうか?というのがまだ読めないところはあるし、今回はそういった強敵が多いからね。

巴賞(OP) 1着 8頭6枠6番
函館芝1800m良 1:46.5 47.2-47.2 M
12.2-11.1-11.9-12.0-12.1-12.6-11.8-11.3-11.5

まずは巴賞から振り返る。この時の函館は超高速状態が結構続いていて、牝馬限定500万下戦でも2000mで1:58.7とかなり軽かった。その中で平均ペースで流れたもののこれは単騎逃げのもの。実質はスローからのL2最速戦、トップスピードが問われている。

6番枠から五分のスタート、そこから無理せずに前半は好位の外目ぐらいで進めていく。道中は無理せず離れた中団の外目で進めながら3角に入っていく。3角手前で一気にさが詰まってきて楽な手ごたえで好位の外、4角でじわっと仕掛けてスーッと上がってきて4角出口でコーナーワークで少し置かれて2列目で直線。序盤ですぐに伸びて先頭列に並びかけ、そのまましっかりと前を捕えてアングライフェンの追撃を振り切った。

まあここはアングライフェンやタフな競馬に強いナリタハリケーンレベルだったので決め手の質で勝ったかなというのはある。軽い馬場で実質スローだったし3~4角で押し上げながらしっかりと勝ち切れたのは評価できるけど、相手関係を見ても今回のメンツと比べると2段階ぐらい下がると思うのであまり当てにはしづらい。

富士S(GIII) 6着 15頭1枠1番
東京芝1600m不 1:35.7(+0.9) 47.8-47.0 S^1
12.6-11.3-11.7-12.2-12.0-11.2-11.2-12.6

2走前の富士Sでは不良馬場ということもあったがそれでも各馬ある程度速いラップを踏めるレベルにはあったし、その中で同じ様に内を通したレッドアンシェルやペルシアンナイトには少し見劣った。これでもややスローだし、L3最速タイとはいえ11.2と馬場を考えればトップスピード面もある程度問われている。L1は消耗しているが。

1番枠からやや出負け、そこから押して追走しつつ内のスペースを上手く詰めてリカバー、最終的には無理はせずに中団最内で我慢。3~4角でもペルシアンナイトの後ろで進めながらロスなく進んで直線。序盤でペルシアンの後ろから外目に持ち出しつつも反応は地味。そのままL2でもジリジリと伸び切れず外目に誘導していく。L1でも踏ん張っていたがそれでもペルシアンナイトの差もジリジリと詰める程度、3着レッドアンシェルにも及ばずの完敗だった。

レッドやペルシアン、イスラも強敵ではあったと思うし、もちろんこの馬場でこのペースでのエアスピネルは間違いなくGI級で強敵だったと思う。レースレベル自体高かったわけなのでそこまで悲観する必要は無い。ただ力の要る馬場でTS持続でとなるとトップレベル相手には末脚でも若干見劣るし、ポジショニング面でもなかなかそれを補うところまではという感じ。内枠で各馬外に広がりリカバーしやすい状況だったのもあったからね。もう少しいい位置を取れればいいんだが、その辺のアイデアが欲しいかな。まあひとまず後半勝負でトップレベル相手にそれなりにやれたのは収穫。

キャピタルS(OP) 2着 18頭1枠2番
東京芝1600m良 1:32.6(+0.0) 46.9-45.7 S^1
12.4-11.2-11.6-11.7-11.5-11.3-11.4-11.5

前走のキャピタルSでは上手く立ち回ったのも功を奏したとはいえダイワキャグニー相手に最後までしぶとく食らいつく2着、3着以下は離した。ペースは1.2でややスローという程度だが中盤以降が流れていてコーナーでも速いラップをある程度踏んでのL3最速と仕掛けも早い。

2番枠から五分には出たかなという感じ、そこからじわっと追走しつつ最終的には下げながら好位の内目でコントロール、無理なく3角に。3~4角でも最内で我慢してロスなく立ち回りマイネルアウラートの直後から中団内目で直線。序盤でそこから上手く捌きながらダイワキャグニーの後ろを確保。そこから上手くダイワを目標にして接近しL2で2列目に並びかける。L1でそこから抜け出すダイワキャグニーとの勝負である程度さを詰めるがこれに振り切られての2着惜敗だった。

内で立ち回った形が理想的な展開だったと思うし、3~4角で速いラップを踏む流れでしっかりとロスなく立ち回って直線での進路どりも流石ルメールといったような上手い取り方だった。流れていたのでトップスピードにある程度乗った状態で直線に入ってきていたし、そこから出し切ってのものではあるがダイワキャグニーもほとんど落としていないからね。なのでまああの位置からダイワを差すのは難しいと分かっただけでも収穫かな。

2018東京新聞杯に向けての展望

今回は強敵が多い。この馬でも優位に戦えるかどうか、というのは結構微妙。ひとまずここ2走は一線級相手に戦えているといえるが、内枠で一歩目の遅さをどちらも解消できる展開だった。また前走のキャピタルSに関してはルメールがこの上なくスムーズにロスなく運んで進めても届ききらなかったわけで、ダイワキャグニーはもちろん強敵となる。富士Sでは道悪で最序盤から外に広がっていてスペースもあったので前半のゲートの拙さもリカバーできる展開だったと。その辺りもあるので個人的にはこのレベルまで来て多頭数でとなると上手く運べるかどうか?は問われるかな。今回はルメールではなく柴山に替わるというのもプラスとは言えず、相手関係もダイワだけでなく富士S上位組にスパッと切れるアドマイヤリードとかなり骨っぽい。今の段階では3着ヒモで押さえるかどうか?というラインにしておきたい。能力的には重賞でも勝負になって良い馬だと思うが、今回は相手が手ごわいしそうなると動じても前半部分が少しネック、かつ後半決定的といえるほどの武器は持っていないかなという感じ。枠順次第だが内目の枠を引きつつ上手く先行勢の後ろからリカバーできそうならもう少し上げるかも。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第68回 東京新聞杯(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼年始から早速!▼

1月6日 京都11R
『第56回京都金杯』
◎クルーガー
△ブラックムーン
○レッドアンシェル
3連単 1万1480円
3連複   1720円
馬 単   3610円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆2桁着順続きの凡走馬でも!
1月13日  中京8R
『Tトラ・重大機密策略弾』
◎テイルバック
(9人気・単勝33.9倍)
◯スズカフューラー
△ナポレオンズワード
3連単 5万5180円
3連複 1万1400円
馬 単   8320円
━━━━━━━━━━━

▼ ▼ ▼

◆殿堂的中(=1000倍以上の万券)でも!
1月20日 中京8R
◎カトルラポール
(9人気・単勝21.7倍)
▲シンボリバーグ
(7人気・単勝19.3倍)
◯カウントオンイット
(3人気・単勝6.8倍)
3連単 20万2070円
3連複  3万4920円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『東京新聞杯(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・東京新聞杯

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。