競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップ推移とレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫ります。 敗因分析ができれば次に買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京新聞杯2018 予想用ラップデータ:近年はスローで仕掛けが遅れがちになりつつある…ポジショニングは重要だ

time 2018/01/28

東京新聞杯2018 予想用ラップデータ:近年はスローで仕掛けが遅れがちになりつつある…ポジショニングは重要だ

2018東京新聞杯の予想用ラップデータ!

東京新聞杯の過去10年ラップデータから予想、分析していく。

全体のペースから見ていくが、傾向としてはこれといって決めつけられるほどにははっきりとしていない、というのが傾向という形になる。過去10年でかなりのスローとややスローが3度ずつで最も多く、次点でややハイが2度。平均、かなりのハイが1度ずつなので、スローになる率が高いとはいえ決めつけられるほどではない。ただ直近で見ればここ5年で4度はスローバランス。直近ならスローの傾向が出ているのは確かかな。

仕掛けどころだが、これもちょっと変わってきている。東京新聞杯はDコースでもあり昔から比較的L3最速戦になりがちなレースだったんだが、近年はここ3年連続でL2最速戦となっていたり決めつけられなくなってきた。過去10年で見てもL2最速が4度、L3最速4度で互角、L4最速の2度も踏まえればまだ仕掛けが早いという傾向だが、直近3年のデータが変わってきているのでこれも決めつけない方が良い。

脚質別で見ると、まずこの東京新聞杯の特徴ともいえる逃げ馬の好走率は高い。過去10年で連対率40%なら高い水準といえる。また勝ち馬に関しても逃げ馬3勝をはじめ、好位までで8勝しているわけでやはり最低限の位置を取れないと勝ち切るのは簡単ではない。差しが届いているのはホエールキャプチャとアブソリュートだけで、どちらもハイペース。追込み馬も2着まではあるが3着までで見てもやはり先行、好位勢が強い。

■■■■■■■■■■■■■■■

世界を獲った男は目線が違う!!
実績が違う!

アメリカJCCはダンビュライト
から3連複6440円的中

愛知杯はマキシマムドパリから
3連複1万6650円的中

フェアリーSはプリモシーンから
3連単4万6640円的中

今週の東京新聞杯も必見!

▼▼最終結論をお楽しみに!▼▼
http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03



共同通信杯の展開予想動画

京都記念の展開予想動画

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。