競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

根岸ステークス2018 出走予定馬:キングズガード、1800路線で目途も…府中だと高いレベルではキレ負けの懸念

time 2018/01/24

根岸ステークス2018 出走予定馬:キングズガード、1800路線で目途も…府中だと高いレベルではキレ負けの懸念

日程:2018年1月28日()
第32回根岸ステークス(GIII) 東京ダ1400m
予想用・出走予定馬一覧

 昨年はプロキオンステークスで強敵カフジテイクを撃破し重賞制覇を成し遂げたキングズガードが根岸ステークスに出走予定だ。ここ数走は1800m路線でも安定した末脚を引き出してきていて適性の幅を広げてきた。昨年も4着と善戦した舞台だが、昨年の充実度からは侮れない存在。狙うは当然善戦以上、勝利をもぎ取れるか。

ここ数走は距離を延ばして前半ゆったり入ることである程度鋭さに繋げてきているという点は結構面白いが、今は中距離向きになっている感はある。プロキオンSを制してはいるんだが、芝スタートでの超ハイ基礎スピード特化戦としてはレベルは微妙だったと思うし、昨年根岸Sでも強敵相手だったと思うがそれでも完敗の4着。ダートスタートで府中1400だとカフジに分がありそうな感じ。チャンピオンズCでも器用に伸びてきていたので加速性能はカフジより上かもだけど、淀みない流れになりがちな東京1400でどうか。

プロキオンS(GIII) 1着 15頭7枠12番
中京ダ1400m良 1:22.9 34.2-36.9 H^3
12.2-10.9-11.1-11.8-12.1-12.4-12.4

重賞初制覇の舞台となった中京1400のプロキオンSから振り返る。左回りの1400m戦として舞台は根岸Sと近いが、決定的に違うのが中京は芝スタートであるという点。ペースもその分かなり上がって、2.7と超ハイまで入っている。そこからの消耗戦で基礎スピード特化戦とみていいだろう。

12番枠から五分には出てそこから押して押しての追走だが前には当然行けず、後方での競馬となる。ただ前半は超ハイで前も簡単ではない流れ、後方でおっつけおっつけではあるが最内を通しつつ3角まで脚を温存、3~4角でも最内を立ち回って我慢してコーナーワークで中団に押し上げ直線。序盤で捌くのに苦労して少し不利を与えたが外に誘導しきると、L1の伸びは流石でカフジテイクを寄せ付けずの完勝だった。

カフジもロス自体はそこまでなかったが直線で少し外に出すのに待たされたのは同じというところ。それでもそこからしぶとく伸び切っていて基礎スピードが相当レベル問われた中ではこちらの方が上だった。ただ、それでも一昨年のプロキオンSでは揃ってノボバカラ、ニシケンモノノフに見劣っていて、まあレベル的には恵まれたかなとは思う。基礎スピード特化戦がベストではないけど、カフジテイクの末脚が削がれるという点では良かったのかな。

チャンピオンズC(GI) 8着 15頭6枠10番
中京ダ1800m良 1:50.6(+0.5) 48.9-48.5 M
12.8-10.9-12.5-12.7-12.7-12.3-12.0-11.8-12.4

1800に延ばして一定の結果を見せたとはいえる。みやこS3着から本番のチャンピオンズCでも8着だが展開的に恵まれない中でしっかりと脚を引き出してきた。平均ペースではあるが中盤少し緩んでそこからのL2最速戦。仕掛けが遅くなったし差し込むにはある程度トップスピードが高くないと難しい状況だった。

10番枠から出負けして無理はせずに最後方から内目を通しつつ進めていく。向こう正面でも1頭だけ少し離れた最後方で進めながら徐々に取り付いて3角も最内を狙っていく。3~4角で中団各馬がある程度外から勝負に行ったのでそのスペースを狙って最内を上手く突く。序盤でそこからシッカリと伸びてきて中団列。L1までジリジリと伸びての8着確保もキレはしなかった。

みやこSではハイペースの流れについていってしっかりと最後まで脚を使ってきたが切れたというわけではないし、このチャンピオンズカップも結局は位置取りが悪かった中でそこから上位まで差し込むには切れ味が足りなかったというところ。上がり最速ではあるが最内を立ち回ってのものではあるし、最速地点でも一応伸びてはいたので悪くはないが、あの位置から届くレベルではなかった。全体のペースが速ければ面白かったと思うが、スローで最後方ではこんな感じかなと。

根岸S(GIII) 4着 16頭7枠14番
東京ダ1400m良 1:23.6(+0.6) 35.0-36.1 H^2
12.2 – 11.0 – 11.8 – 11.9 – 11.9 – 12.0 – 12.2

昨年の根岸Sを振り返る。ペースは1.1でかなりのハイだがダートスタートなので芝スタートほど速くはない。ラップ推移自体は淡々としているがL1はそこまで落ち込んでいないので府中1400らしくある程度トップスピードの質・持続力が後ろからなら問われている。

14番枠から出負けして後方からの競馬となるがいつも通り。道中も後方で進めてカフジテイクの内から3角に入っていく。3~4角では内目を立ち回って直線で中目に誘導。序盤でそこから追いだされるがこの時点でカフジテイクに一気に抜け出されてしまう。そのままこちらはジリジリと最後まで伸びてきてL1は悪くないがそれでもエイシンバッケンには差し切られての4着だった。

このレース自体はハイペースではあるんだが、この馬の位置ではややスロー、カフジのバランスではスローになる。カフジはあれを追走してそれによってエンジンがかかった状況で直線に入ってきたので一気に伸びたし、キングズガードはそこでの切れ味でも明らかにカフジに見劣った。またL1の踏ん張りという点でもエイシンバッケンに差されたわけなので、ある程度各馬が自分の末脚を引き出せる状況では決め手で少し見劣る感はあるかな。

●2018根岸ステークスに向けての展望

ダートスタートの1400だとやはり極端なハイペースにはなりにくいだろうし、そうなると決め手の質でちょっと見劣るというのは前述のとおりかなと。南部杯みたいにポジションを取れればとは思うが、やはりどのレースを見ても基本的にゲートは遅れているしあれはイレギュラーだと思う。カフジテイクも少し物足りない近走ではあるが、それでも根岸SやグリーンチャンネルC2着時に差し切られた感じを見るとちょっと差があるからそれ以上の評価をするのは難しい。カフジ比較だと中盤でゆるめばとは思うが、そうなると今度は前目から動けるベストウォーリアやアキトクレッセント、ブルドッグボス辺りも厄介でそれらを差すにはトップスピードの質がいるがそこまででもなさそう。人気の一角を締めそうな一頭だけど、個人的にはあまり高く評価するのは危険かなと。少なくともカフジテイクよりは下位だと思うし、この馬ならサンライズノヴァの方を上位に取るべきかな。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の

的中率7割以上・平均配当200倍以上
プロ集団の実力を無料で体感できます
━━━━━━━━━━━━━━━━━
「3単20点で万馬券も獲れる」と大好評

1日1鞍の渾身予想
フェブラリーS当日の2/18まで無料

しかも今週限定で根岸Sの
重賞情報も無料で特別公開!
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

1/14 中山12R 2万2650円的中
1/13 中京7R 2万3630円的中
1/8  京都10R 2万7420円的中
1/6  中山8R  2万1720円的中
12/28 ホープフルS 1万0920円的中
12/17 阪神9R  5万1590円的中
12/16 阪神10R 4万7670円的中
12/10 阪神JF 8560円的中
12/9 中京新聞杯 2万3260円的中
12/3 中京12R 5万3170円的中
12/2 中京11R 19万6910円的中

1日1鞍の渾身予想を見る方法

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。