競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

シルクロードステークス2018出走予定馬:ファインニードル、ゲートがカギ、二の足は速く3~4角内目で我慢したい

time 2018/01/23

シルクロードステークス2018出走予定馬:ファインニードル、ゲートがカギ、二の足は速く3~4角内目で我慢したい

日程:2018年1月28日()
第23回シルクロードステークス(GIII) 京都芝内1200m
予想用・出走予定馬一覧

昨年のセントウルステークスで嬉しい重賞初制覇を成し遂げたファインニードルがシルクロードステークスに出走予定だ。前走のスプリンターズステークスでは外枠でもあり苦しい競馬になっての12着と苦い経験となったが、今年はそれを糧にもう一段上のステージへ上がりたい。

内容的に見ても前走のスプリンターズSは難しい競馬になったしそこまで悲観するほど悪くはない。京都よりは阪神の方が器用さを活かせている感じはするが、内枠から上手く立ち回って鋭く一足を使えればセントウルSからも勝負になる。

セントウルS(GII) 1着 14頭5枠7番
阪神芝内1200良 1:07.5 33.8-33.7 M
12.2-10.8-10.8-11.1-11.1-11.5

まずは2走前のセントウルSだろう。ペースは平均、ラップ推移的には減速はしていない、という感じで淀みなく進んでいる。コーナーで上手く立ち回れれば理想ではあるが阪神1200で内回り、3~4角が鋭角で急なのでコーナリングの上手さも問われている。

7番枠から五分には出てそこからリカバーしながら先行争いまで一気に持って行き、そこから控えて2列目のポケットと理想的に進めていく。3角でも前にスペースを置いた状況でしっかりと追走、4でも仕掛けを待つような感じで直線。序盤でスッと進路を確保して一気に抜け出し、L1で後続の追撃も問題とせずの完勝だった。

ダンスディレクター辺りは強敵といって差し支えなかったと思うし、阪神1200の舞台で上手く立ち回りを活かして総合力で勝負できたのが大きかったと思う。ゲートはイマイチというところだったがそこからスッと二の足で前に行ってコントロールできたし、直線までロスなく立ち回って我慢を利かせて直線入りでスッと加速して抜け出してきた。この一脚を我慢して直線で使えれば強い。

スプリンターズS(GI) 12着 16頭7枠13番
中山芝外1200m良 1:08.3(+0.7) 33.9-33.7 M
11.9-10.8-11.2-10.9-11.1-11.7

ただ同じように平均ペースだったスプリンターズSでは完敗を喫した。違いを言えばやはり後半のL3地点が最速とはっきりしていてここが4角地点。そしてこの馬自身が内ではなく外枠で終始外々を回したという点でも決定的に違う。

13番枠から五分のスタートを切ってはいたんだが狭くなったのもアリ出足で遅れて一気に下がって後方、そこから行き脚ついてリカバーしていくが好位列の外々と苦しい位置となる。3~4角でも終始大外を回しながら追走で4最速地点で5頭分外を回してと最悪の形で脚を無くして下がりながら中団。直線でも良いところなくの完敗だった。

最序盤の段階でどうしようもなかったとは思う。ただ、リカバーしていくまでに少し窮屈になって外に出してからというのも痛かったし、好位まで押し上げることはできたけど、その結果最速地点で一番外を回す羽目になった。ペースも遅いのでコーナー地点最速、TS持続が高いレベルにあるわけではないこの馬だし、これでは崩れても仕方が無い。そこまで悲観するほどの内容ではないだろう。

北九州記念(GIII) 5着 18頭4枠8番
小倉芝1200m良 1:07.7 32.8-34.7 H^2
11.7-10.0-11.1-11.5-11.2-12.0

3走前の北九州記念ではダイアナヘイローに完敗してはいるが、ハイペースの中で流れに乗りつつ少し不利があったことを考えるとこの流れにも対応してきたとみていいだろう。1.9で超ハイに近い、ラップ推移的には4角で少し緩んでいるのでここで噛み合わなかった中でのもの。

8番枠から五分には出てそこからスッと押して先行策、二の足で楽に2列目を狙えるがそこから控えて好位中目に下げる形。3~4角でも好位の中目で進めていたがここで減速ラップに少し巻き込まれてやや下げて直線。直線で外からなかなか進路確保できずに待たされながらL1でも最後の方に伸び始めての5着確保までだった。

ポジション取りで馬群の中に入ってしまったし、それ自体は進路があれば問題ない馬だが直線ラストまで進路確保ができなかったのは痛かったと思う。それでも基礎スピードをかなり高いレベルで問われた中でこなしてきて直線でもしっかりと再加速ラップに対応できていた。昨年夏~秋にかけては充実期に入っていたんだと思う。

●2018シルクロードステークスに向けての展望

個人的にはコーナリングの上手さで他の馬に対して優位に立てる阪神内回りがあっている感じはすると。ただ京都1200はこの馬の競馬のスタイルとは本来合うと思うし、内枠からスッと2列目のポケットを取れてしまえば3~4角で我慢しての一足というのは狙えるはず。一応鞍馬Sでは逃げて4着完敗、これが結構悪くない入り方で甘くなっているので不満があるが、この馬の場合逃げて結果を出したことは無いのでその辺りも考える必要はあるだろうと。セントウルSだけやれれば劣化した同型セイウンコウセイ辺りとの比較なら上位にしたいかな。ゲートが地味に下手で、そこからリカバーしてという過程があるのでどうしてもその辺りが安定しない要素にはなるかもしれない。内枠で上手く逃げ馬の後ろを取れるような枠の並びなら面白いが、外枠を引いてしまうとなかなかリカバーしていくのも難しいと思うし、使える脚自体長くはないので外からTS持続でとなると簡単ではないだろう。内枠なら強く狙うのもありで、外枠なら消すところまで考えた方が良いタイプだと思う。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第23回 シルクロードS(G3)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

▼年始から早速!▼

1月6日 京都11R
『第56回京都金杯』
◎クルーガー
△ブラックムーン
○レッドアンシェル
3連単 1万1480円
3連複   1720円
馬 単   3610円
━━━━━━━━━━━

今週限定の買い目を入手!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『シルクロードS(G3)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・シルクロードS

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。