競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

シルクロードステークス2018 出走予定馬:セカンドテーブル、休み明けが不安も1週前追いは良い内容…実力・適性とも上位の実力馬

time 2018/01/23

シルクロードステークス2018 出走予定馬:セカンドテーブル、休み明けが不安も1週前追いは良い内容…実力・適性とも上位の実力馬

日程:2018年1月28日()
第23回シルクロードステークス(GIII) 京都芝内1200m
予想用・出走予定馬一覧

昨年はCBC賞で2着、シルクロードステークスでも3着と重賞戦線でも結果を残してきた実力馬セカンドテーブルが今年もシルクロードステークスに出走予定だ。叩き良化型の傾向ではあるが、1週前のCWは時計的にもラップ的にも目立っただけに、初戦から期待が持てそう。混戦模様だが京都1200巧者の粘りを侮るな。

半年ぶりの休み明けにはなるのでそこはポイントだが前述のとおり追い切りは走っている。直前追いを見てから決めたいけど、昨年の出来の良さを考えれば軽視はしない方が良いかなと。前走のCBC賞もこれまでになかった感じだったしね。

CBC賞(GIII) 2着 18頭7枠14番
中京芝1200m良 1:08.0(+鼻) 33.2-34.8 H^2
12.0-10.5-10.7-11.1-11.1-12.6

まずは前走のCBC賞2着から振り返る。ハンデ戦で56kgと軽くはない立場。良馬場ではあるが雨の影響もあって時計は少し掛かっていて、その中で1.6とかなりのハイペース。パワー型の基礎スピードを問われたとみて良いが、正直この展開で2着に粘るというのは意外だった。

14番枠から好発を切ってそこからじわっと促しつつ2列目の外から様子を見て最終的に番手まで持って行く。外から更にメイソンジュニアも競ってくるので抵抗して3角。3~4角でも番手で進めてアクティブミノルから少し離れた2番手で直線。序盤で馬場の良い中目に誘導しながらアクティブミノルに並びかけてくる。L1で捕えて重賞制覇かというところで外から一気にシャイニングレイに差し込まれての2着惜敗だった。

これまでこの馬の好走歴は基本的に平均ペースぐらいで要所の脚を残していてそこでスッと脚を使って粘り込む、というパターンだったと思う。それがこのCBC賞では明確にハイペースを刻み、力の要る馬場での消耗戦で捻じ伏せたところを差されたという負けて強しのパフォーマンスを見せてきたと。ナリタスターワンやティーハーフといったところを楽に撃破しているようにかなり高いパフォーマンスだったと思う。ここにきて力をつけているなと。

シルクロードS(GIII) 3着 13頭6枠9番
京都芝内1200m良 1:08.0(+0.2) 33.9-33.9 M
11.9-10.9-11.1-11.3-11.1-11.5

昨年のシルクロードSも3着だったが力を発揮した一戦だろう。ペースは平均でコントロールされ、そこからのL3-2で再加速でL2が11.1と速いラップを踏む形。ここではセイウンコウセイに完敗だったが、当時のセイウンは強かったというのもある。

9番枠からまずまずのスタート、押して押しての先行策で逃げるソルヴェイグの外、番手を確保したが最終的に下げて2列目のポケット。3~4角でもそこで我慢しながら直線。序盤で進路が無い状況から最内に入って追い出されるも反応は地味。それでも最後までジリジリと伸びて3着確保。

直線入りでの加速も問われたと思うし、2列目ポケットで壁を作って我慢しているよりもセイウンコウセイの位置で進めた方が要所の反応はしやすかったと思う。まあそれでもこの馬の良いところでもある内ポケットからでもある程度反応できるギアチェンジ面は見せたと思うし、結構相手も強敵だったわけで総合力の高さは見せてきたと思う。淀短距離Sでも結果を出しているように京都1200適性そのものは高い。

鞍馬S(OP) 11着 18頭3枠5番
京都芝内1200m良 1:07.9(+0.6) 33.7-33.6 M
12.1-10.8-10.8-11.0-11.2-11.4

ただ3走前の鞍馬Sは物足りない結果に。これが休み明け初戦でもあったし、また超高速馬場でもあっのでその辺りが影響していた可能性は高い。ペースは平均で、ラップ推移的にも淀みなく後半は終始減速ラップとなっている。

5番枠からまずまずのスタート、そこから押して押して先行策で番手を確保するが終始おっつけながらの感じで3角。3~4角でも番手の位置で立ち回ってだが手ごたえ微妙で促しながら直線。序盤で辛うじて2番手をキープしていたが伸びなくL1で失速した。

多分だけどここまで軽い馬場で前半ある程度流れてしまうと基礎スピード的に苦しかったかなという感じはある。もちろん休み明けという立場でもあったが、CBC賞やシルクロードSの内容からも極端な高速馬場が合わなかった可能性も高いかな。京都1200はここまで軽いと前半で脚を削ぎ切れないし、坂の下りからトップスピードに乗せて質・持続力ともに高い馬に優位になりやすいのはあるからね。その点でも前半で押して押してだったし、息を入れられず質的に基礎スピードで優位に立ち切れなかった感じ。

●2018シルクロードステークスに向けての展望

セイウンコウセイが昨年宮記念までの出来ならランク的には一つ落ちるが、そのセイウンコウセイが近走明らかにパフォーマンスを落としている。今回のメンバー構成だと実はこの馬に対してはっきりと優位に立っているといえる馬はいないと思う。平均でも一脚を使えるのはシルクロードSでも見せているし、時計がそこまで出ない条件であればCBC賞も含めてメンバー中でも1,2を争う前半の基礎スピード、ポジショニングと後半の一足という総合力を持っている。敢えて言えばゲートはそこそこうまいが二の足はそこまで速くないのでシッカリと番手~2列目ポケットを取れる枠の並びになるかどうかかな。Bコース替わりで幾らかは時計が出易くなるのが例年の傾向だが昨年ぐらいの馬場で行われればやはり実力的には軽視できない。後は休み明けだろう。どうしても実績的に見て休み明けが良いとは思えないし、実際3走前もそれ以外の要素もあっただろうが完敗である。追い切りは1週前CWで80.2-36.6-11.5とかなり優秀だし走ってきている。直前でも良い内容なら強めに狙っても面白いかな。出来れば6番枠までで内枠を確保したいし、条件が揃えば重い印も。

――――――――――――――――――――――――
【!】先週の東海Sは1万4690円的中【!】

シルクロードS(G3)
【万券必至の3連複・3連単1点馬券】
――――――――――――――――――――――――

《過去5年の3連単平均配当は7万9390円》

セイウン?ダイアナ?それで本当に大丈夫?

今年も波乱必至の一戦で一撃大回収を狙え!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

シルクロードS大きく狙えるのはこの3頭!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

========================
2018年も
当たりまくっています!
========================
1回中京2日目2R
6万9320円的中
———————-
1回京都2日目2R
4万0180円的中
———————-
1回中山2日目4R
2万6630円的中
———————-
1回中山5日目1R
2万6580円的中
———————-
1回中京1日目7R
2万3630円的中
———————-
1回中山6日目12R
2万2060円的中!
———————-
1回中山1日目8R
2万1720円的中
———————-
1回京都4日目4R
2万0490円的中
———————-
1回中京3日目7R
1万9280円的中!
———————-
1回京都6日目4R
1万6670円的中!
———————-
1回中山6日目10R
1万4640円的中!
———————-
1中山1日目4R
1万6560円的中
———————-
1京都1日目3R
1万5300円的中

その他的中多数!

■■■■■■■■■■

【シルクロードS】
万券必至の1点馬券

今すぐコチラから

■■■■■■■■■■

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。