競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アーリントンカップ 2021 予想:本命11ジュリオ

time 2021/04/17

アーリントンカップ2021の予想

阪神11R 芝外1600m
馬場想定:重~不、タフな馬場想定
風向想定:北北西2m/s

展開予想

 まずは明日の天気だがかなり雨が降りそうという予報。先週までは正直超高速馬場だったが、それでも悪化しきりそうなほどの雨の予報なので、タフな馬場を想定して予想しておく。また土曜の馬場を見て想定と違ったら追記で書きます。それと、風の予報は北北西2m/sとなっているけど、予想をやり始めたタイミングから変わっているし、なんなら前後の時間帯で見ても方向が一致しないので、あまり当てにしないでおこうと思う。

 展開予想だが、逃げるのは内からトーホウディアス、中目からはホウオウアマゾンやレイモンドバローズ辺りが様子を見ながら出していくかな。これにショウリュウレーヴが1600mでどの程度主張できるかという感じ。ピクシーナイトはここでも逃げの可能性はあるが、それでもゲートが安定しないのでとりあえず前目を狙うという程度かな。タフな馬場になると思うので前目がどの程度レースを作ってどの程度緩めるかだが、個人的には前半が速く中盤は流石に少しペースダウンするかなとみて、一応47-48ぐらいの感じで見ておく。もっと言えば35-12.5-12.5-35ぐらいの感じで中弛みも想定しておきたい。

予想

◎11ジュリオ
○?(noteのみ)
▲?(noteのみ)
△09ホウオウアマゾン
△16ジャスティンカフェ
×04バルドルブレイン18グレイイングリーン
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ジュリオ

 本命はジュリオにした。まず馬場が重い中でやれるかどうかで、道悪の経験はないもののタフな馬場では適性を見せてきたと思う。

 中山マイルの新馬戦で2着なのだが、これが9月中山で良でもかなり時計が掛かっていた状況だったと。これで50.4-47.5と超スローからの12.5 – 12.2 – 11.5 – 12.1 – 11.7とL3最速戦でL2-1で再加速という流れ。これで中団外からの競馬を展開してコーナーでの反応はあまりよくなかったがそれでも直線3列目付近からじりじりと伸びてL1で2馬身ほどの差を一気に詰めてラストでハナ差まできた。ちょっと加速に手間取ったところはあったが伸びてからのL1の坂の登りでの詰め方は良かったし、レースラップで11.7を2馬身ほど詰めたなら11.4ぐらいは期待できる。もちろんドスローだったんだけど、このタフな馬場の中で長く脚を使ってきたという点で考えてもタフな馬場適性は高いんじゃないかなというのが一つ。

 また、前走の中山マイル戦では平均ペースに対応して質的に大きく基礎スピード面で進捗があった。47.0-46.4と平均だが11.5 – 11.9 – 11.7 – 11.2 – 11.6と中弛みからのL2再加速という流れで番手からしっかりと抜け出しそのまま2馬身近く離してきたからね。まあ時計的にはこれぐらい出てもいいだけの馬場だったけど、中弛みが顕著だということを考えても結構やれたなと。

 最後に追い切りが良かった。南Wでラップ自体は結構出やすいかなというのはあるが、それでも馬なりでブレーキを外す感じだけで加速するような反応の良さだったのは個人的には好材料やね。その辺を総合的に考えて、今のタフな馬場なら流れが読みづらいしどういう形になっても対応する可能性があるという点でこれを本命にしたいかな。

○?

▲?

△ホウオウアマゾン

 あとはまあホウオウアマゾンを押さえておくかと。割と展開が読み切れないところはあるので、器用に息を入れての一足を使える、タフな馬場でも崩れていないのは良いね。デイリー杯では超高速馬場で46.6-45.8とややスローからの11.6 – 11.5 – 11.4 – 10.9 – 12.0とL2最速戦。これでしっかりと前目で支配して一足を使ってきた。内からレッドベルオーブには来られてたたき合いになったけどラストまで踏ん張ったからね。ただ未勝利勝ちは重馬場の阪神マイルでスーパーホープを破っているけど、重馬場のマイルが得意なメンツだったか?といわれると結構微妙なので連下で押さえておくかという感じで。できれば息が入ってほしいね。

△ジャスティンカフェ

 追い切りが良かったのと前走のアルメリア賞はスローのヨーイドンで良くも悪くも参考外として、新馬戦が結構味な競馬。中京マイルの不良馬場で48.5-48.5と平均から12.0 – 12.4 – 12.5 – 11.5 – 12.1と中弛みからの再加速という競馬で好位から楽に反応して加速で抜け出してきたし、ラストもリードを広げてきた。こういう器用さをある程度流れた中で引き出せているのは不気味やね。

×バルドルブレイン

 まだ適性が読めない中で、新馬戦で1200を先行策で押し切ってから、前走が面白い。3着だが阪神マイルで稍重、46.7-46.8と平均で流れていて11.7 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 11.9と単調な流れの中で2列目の内からロスなく運んだとはいえ直線前半の伸びがよくここで先頭。L1でちょっと甘くなったので気がかりはあるけど、それでもやや重である程度時計にも影響していたと思うし、結構しぶとく踏ん張ったからね。淡々と流れた中で好位内目ぐらいでロスなく運べれば警戒したい。

×グレイイングリーン

 悩ましいところだけど一応押さえておくか…という感じやね。まあタイプとしては1600への延長がプラスかどうかは結構微妙だがこなせなくはないかもというのは新馬戦。阪神1400で34.7-34.7と平均ではあるが先行策から11.3 – 11.8 – 11.4 – 11.3 – 12.0と中弛みの競馬で一瞬息を入れての再加速でスッとぬけだしそのまま完封できている。この競馬はギアの上げ下げを求められた中での要所の一足を使ってきているので個人的には前半の基礎スピードが強く求められる前提ならマイルは守備範囲かなと。ただ、タフな馬場になると思うのでその点やね。

sponsored link


【牡馬三冠】はこの3年だけでも的中率77.8%!
―――――――――――――――――――――――――

【2020年】皐月賞・ダービー・菊花賞全て的中!

【2019年】皐月賞も!波乱のダービーも万馬券的中

【2018年】ダービー・菊花賞は馬連でも高配当的中


もちろん今年の皐月賞もいるぞ確勝級!

―――――――――――――――――――――――――


≪状態は?前走は?表に出ない話も多数聞いてます!≫
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【エフフォーリア】初の中山コースでもスキ無し?

【ダノンザキッド】前走は初黒星でも収穫も大!?

【ディープモンスター】未知の魅力十分!一発はある?

★他にも予想では買えない超穴馬も掴んでいる!★


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【G1】皐月賞の絞りに絞った3頭を【無料配信】


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。