競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

京都大賞典 2019 予想:本命01ノーブルマーズ

time 2019/10/06

京都大賞典2019の予想

京都11R 芝外2400m
馬場想定:良、かなりの高速馬場想定

展開予想

 馬場は土曜を見る限りかなり軽いとは思う。府中の方が寄り軽いかなと感じるが、それでも淀も明確に高速馬場を想定しておきたい。

 展開予想だが枠順が結構面白い並びになっていて、まずドレッドノータスが中目からハナを主張。外からダンビュライトも先行策。この辺がある程度は引き上げて進めていくかなと思う。内からはノーブルマーズもこの距離なら2,3列目は狙えそうで先行、外からはウインテンダネスも以前のように積極的に来るかも?というところでちょっと読みにくい面もある。他頭数の京都2400、1角までの距離が長くある程度前半は流れそう。後は松山がどの程度で引っ張るかという感じ。ペースは60-59ぐらいのイメージで前後させつつ入ろうかなと。

予想

◎01ノーブルマーズ
○16グローリーヴェイズ
▲02アルバート
△04エタリオウ
△14ダンビュライト
×09エアウィンザー13メートルダール
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ノーブルマーズ

 ちょっと事前の展望からは評価を上下させた。ノーブルマーズは全部が揃った感がある。まず追い切りがこれまでにない鋭さを見せていたと思うので、それで評価を上げたのと枠の並びが良いと。最近はゲートは上手いけど二の足が遅いという感じで苦労していたので、中目の2頭が速めに前に行ってくれてその後ろを狙っていく感じでじわっといけそうなのは良い。クリンチャーがどの位置を取るか次第だけど、クリンチャーもさほど二の足が速くないのでこれは制してほしいかな。まあそれでも3列目は取れると思う。

 そのうえで、基本的にこの馬は早めの仕掛けの中で内で立ち回ってというのが持ち味なのと、全体でペースが上がってむしろプラスに働くタイプ。一応想定はややスローだが全体で上がり切って縦長というケースも十分あり得るしそうなればかなり面白いかなと。昨年の宝塚記念では3着と強敵を相手に結構がんばったが、59.2-60.4と全体で流れた中で中団内内で脚を残しつつ、他がばてたところを内からしぶとく伸びて3着を確保した形。11.8 – 12.1 – 12.2 – 11.7 – 12.4という流れの中でヴィブロスやサトノダイヤモンドは撃破したからね。また前走の小倉記念では前に行くのに少し苦労はしたが、それでも2000mで60.4-58.4とかなりのスローからの11.5 – 11.5 – 11.6 – 11.6 – 12.2と5Fのロンスパで2列目外から勝負してしぶとく踏ん張っての3着もある。個人的に2000は短いと思っていたし、その中で流れに乗れたのはスローも大きい。今年の宝塚でもメンバー中最先着、ここ3走はいずれも外からの競馬。全体で流れた中で上手く前目内目で我慢して3角下りからじわっと加速しながらという競馬なら。

○グローリーヴェイズ

 相手はグローリーヴェイズにした。できれば内枠が良かったというのが本音ではあるかな。スタートはそこまで安定していないし後ろからになることも多いので、外枠で前半は流れると後方からもあり得る。そうなった時に向こう正面で動き切れるかどうかやね。また中盤でよどみなくだと縦長になりすぎて3~4角で外々になるリスクもある。そこでどうかというのはあるかな。

 天皇賞春は59.8-58.5とスローのバランスだがある程度は流れていた。それでも13.8 – 13.3 – 12.4 – 12.5 – 12.3 – 11.7 – 11.6 – 11.0 – 11.9と中盤でかなり息が入って団子気味になって向こう正面で上手く外から押し上げられたし3~4角外でもまだここでは上がり切ってなくて直線前半最速。この形なので外からでも良かったと思うが仮に前にコントロールされて向こう正面で押し上げ切れないまま3~4角で外だとどうかという不安はなくはないかな。それでも追い切りが良かったし、ある程度強気の競馬をしてくれているミルコとのコンビなので、向こう正面までにある程度の位置につけてくれているという期待も込めて。この枠だと信頼度はやや落ちるけど、地力は最上位だと思う。

▲アルバート

 遊んで多めに拾うか、それとも上位だけに絞るか悩んで、せっかく予想するので多めに。アルバートはただ一点、転厩初戦・約1年ぶりがどうかだけ。ティンバーの系統なので高速京都2400は噛み合うと思うし、実際昨年の京都大賞典でも12.6 – 12.0 – 12.1 – 11.2 – 11.8のラップ推移で離れた前を捕えに動く形で流れる中で中団外々からロスがありながらも結構しぶとく最後まで脚を使ってきた。L2の最速地点での切れはさほどでもなかったが基本的にはロングスプリント適性は高い。もちろんポテンシャル勝負がベストなのはステイヤーズS3連覇からも明らかだが、高速馬場でも極端なトップスピード戦にさえならなければ安定するし、今回は中団内内をロスなく立ち回れる立場。外からグローリーが動けばある程度3~4角で速いラップを要求されると思うし、高速馬場の時計勝負もこの距離までくれば対応できる。現実的には簡単ではないが、実力と適性を考えれば通用するだけの実力を持っていた馬だからね。京都の外回り長距離の藤岡佑介も怖い。

△エタリオウ

 この馬の場合は、基本的にはロングスプリント型だと思っているが、一応日経賞は悪くない。中山の2500で稍重、11.9 – 11.6 – 11.8 – 11.6 – 12.0と5Fのポテンシャル戦でメイショウテッコンの外から勝負に行ってL2までは良かったがL1で甘くなった。この馬は理想はダービーや神戸新聞杯みたいに明確にスローからある程度中間的なラップを連続する形だとは思うんだけど、菊花賞はド嵌りしたとはいえ12.8 – 12.2 – 12.2 – 10.7 – 11.3とL2最速でここで先頭に立っているように絶対的なトップスピードの質も持っているというのはある。それと、ノリなのである程度前目を狙ってくれる可能性はあるんじゃないかなと。分散されると天皇賞春みたいに外から動いて脚を使って本来の脚を削がれてしまう感じで菊花賞は特殊なだけで本来長距離は長いタイプだと思う。もともと2400ぐらいがベストだと思っているので、できれば前半はスローからトップスピードの質をある程度求められればかな。その点ではノーブルマーズとは逆の展開のほうがいいと思う。

△ダンビュライト

 これそこそこ流れた中で前目を取って競馬ができれば結構面白いとは思うんだよね。京都記念は意外な形で勝ったけど、あれはトップスピード戦としてはやや低調な一戦だったと思うし。基本的にはオールカマーを勝った時のイメージではあって、61.3-60.0と適度なスローを番手でついていって12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.1とポテンシャルで粘りこむ。2着がミッキースワローなわけで、結構強敵を楽に撃破しているんだよね。皐月賞の好走も含めて基本はある程度流れた中で先行してポテンシャルでというパターン。大阪杯はスローというのもあったがあの時は内がかなり有利な状況で外々でもあった。骨折明けは差し引きたいが面白い条件ではある。ただ、思ったより人気しているかな。

×エアウィンザー

 悩んだけど評価を少し下げた。チャレンジカップが強いのは間違いないんだが、結構枠の並びで内に面白い馬が揃った中で中目で中途半端だし、京都の三浦というのも正直ピンとこなかった。チャレンジCは59.7-58.6とスローからの11.5 – 11.7 – 11.7 – 11.7 – 11.5 – 12.0とこれが単騎逃げのもので、離れた好位からは後半のロングスプリントの形。それでかなり長く脚を使って突き抜けていてこれは高く評価したい。ただ、良い位置を取れていたのも事実で、2400で距離の意識を持ちそうな馬にテン乗りの三浦。下手に下げすぎなければいいがなあという感じが強くなったかな。内枠ならある程度出していけたと思うんだけど、この枠だと中団内目を意識しそうな気がせんでもないね。馬より鞍上を不安視した。

×メートルダール

 追い切りが良くなかったのでここまでかな。ただ今回は展開が読みにくく、4F戦からのL2最速という形だったAJCCではフィエールマンと比較してもL2まではそこまで遜色なかった。トップスピードの質という点ではそこそこ高いレベルのものを見せてきていた馬なので、後は噛み合えばかな。

その他

 シルヴァンシャーは2走前の境港特別でメールドグラースを破って人気していると思うが、あのレースは12.0 – 11.9 – 11.9 – 11.3 – 12.3とコーナーで上がり切ってなくてメールドは内で包まれて動けなかった。その間に外から一気に上げきってそのまま出し抜いたもので、メールドは進路確保してからは伸びてきていた。あの感じで待たされると難しいしあれで完勝と考えるのは微妙かも。結構レベルが高いと思うし、その中で人気しているなという感じ。

 ウラヌスチャームは大野だと恐らく後方からの競馬になると思うが、この枠だと内を狙うにしてもエタリオウの後ろとかになりそうだし、外を通せば3~4角で苦労しそう。そこまでの末脚の絶対量を見せているとは思わないので、ちょっと難しくなったかな。

 アドマイヤジャスタはそもそもあまり高く評価している馬ではないのでシンプルに消した。

sponsored link


――――――――――――――――――――――― スプリンターズSも『極の3頭』で完璧に獲った!
―――――――――――――――――――――――
☆騎手No.1 ⇒ タワーオブロンドン【1着】
☆展開No.1 ⇒ モズスーパーフレア【2着】
☆枠順No.1 ⇒ ダノンスマッシュ 【3着】
―――――――――――――――――――――――

≪≪もちろん他にも!この秋の重賞も絶好調!≫≫

◎セントウルステークス 1万9570円【的中】
◎阪神Jステークス   1万6200円【的中】
◎ローズステークス   1万0700円【的中】
◎紫苑ステークス      2400円【的中】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今週の【毎日王冠】も自信アリ!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【毎日王冠】騎手視点で見抜いた『極の3頭』を無料で教えます

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【絶好調】毎週のように万馬券ラッシュ!
―――――――――――――――――――――――
■8月 3日札幌 5R33万4450円【的中】
■9月 1日新潟 5R15万7460円【的中】
■8月10日小倉 3R 8万5100円【的中】
■7月13日福島 9R 7万2710円【的中】
■7月20日福島10R 6万9630円【的中】
■7月20日中京12R 6万7140円【的中】
■8月31日小倉 6R 5万1970円【的中】
■7月13日福島 5R 4万6810円【的中】
■8月25日新潟 6R 4万6160円【的中】
■8月11日札幌 6R 4万5000円【的中】
■9月28日阪神 7R 4万4990円【的中】
■8月10日小倉12R 4万2740円【的中】
■8月10日札幌 8R 3万6380円【的中】
■9月22日阪神 3R 3万4910円【的中】
■9月14日中山 3R 3万3950円【的中】
■9月 1日新潟 3R 3万2760円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!(300倍以下は割愛)

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

今週の毎日王冠(G2)もすでに見抜いた!!
―――――――――――――――――――――――――
【枠順No.1】【騎手No.1】【展開No.1】
―――――――――――――――――――――――――

毎日王冠『極の3頭』を教えます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。