競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

関屋記念 2019 予想:本命13ミッキーグローリー

time 2019/08/10

関屋記念2019の予想

新潟11R 芝外1600m
馬場想定:良、かなりの高速馬場想定

展開予想

 今回はこれといって引っ張りそうな馬がいないのがポイントになりそうかな。トミケンキルカスが大外枠からじわっとハナを主張、内からマイネルアウラート、ヤングマンパワーはどちらも番手がベストで2列目で良いだろうとなる。外から競っていく馬が少なくハーレムライン辺りもある程度前を取れるかなという感じ。例年に比べるとペースが落ち着く可能性が高いとみて、スロー想定。47-45ぐらいのイメージで。

予想

◎13ミッキーグローリー
○09ディメンシオン
▲17ハーレムライン
△10ロシュフォール
△14ミエノサクシード
×06ソーグリッタリング12フローレスマジック
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎ミッキーグローリー

 本命はミッキーグローリーにした。まあ正直言ってミッキーそのものの信頼度も微妙かなと思っているんだけど、個人的にガツンと来るような馬がいなかったのが大きいかな。消去法的にはなるがミッキーグローリーが軸としては妥当と判断した。まず調整過程だが、この馬は岡田スタッド生産なのだがノーザンと懇意にしている野田みずき氏の持ち馬ということもあり、調整過程はノーザンファーム天栄で行われているということ。長期休養明けだが恐らく仕上がりは問題ないと思う。加えてルメールで盤石。勝負気配はかなり高いだろうと。もちろんそういったステレオタイプな勝負の面だけでなく、ルメールならペースに合わせたポジショニングを取ってくれるというのも大きい。この馬はそこまでスパッと切れないのでできる範囲で良い位置は取ってもらいたい。

 京成杯AHが強く、46.9-45.5とややスローからの12.2 – 11.2 – 11.4 – 11.5 – 11.4と4F戦で中団外から動いて最後まで伸び切る形は立派。ロングスプリントの適性が高いのは高速馬場では良い材料。マイルCSも悪くはないが47.1-46.2とややスローで12.1 – 11.7 – 11.6 – 11.2 – 11.7と2段階加速的にL2最速11.2。ここでやや伸び始めが遅かったしL1はジリジリと来ていただけに加速していく、という流れはあまり会わないかもしれない。なのでその点でも外目の枠でルメールで前目、早めの意識をもって運んでくれれば楽しみかなというところ。能力的には一枚上だと思っているし、状態面での不安もないのであれば素直に。勝ち切れるかは新潟外だと決定的な切れはないので前半のポジション取り、3~4角でのプレッシャーが大事になると思う。ルメールが上手く乗ってくれれば勝つチャンスも十分あると思っている。

○ディメンシオン

 ここからはかなり悩んだ。ディメンシオンは展望の段階で面白いなとは思っていたが、やっぱり前走の米子Sの負け方が良くなかったので本命にはできなかった。稍重で力の要る馬場だったが、48.4-46.3とかなりのスローからの11.8 – 11.4 – 11.0 – 11.3 – 12.6とL3最速TS持続特化に近い競馬で好位内から伸びあぐねてしまった。馬場もあったとは思うがそれでも物足りない。

 ただターコイズSでは45.5-47.2とかなりのハイの流れで好位中目から3~4角で外を回しても最後まで結構踏ん張っていたし、意外にもここでは最先着。基礎スピード戦で一定レベルやれているだけでなく、4走前の三面川特別では46.9-45.8とスローからの12.1 – 11.8 – 11.3 – 10.8 – 11.9とL2最速戦で好位からすっと反応してL2で先頭列に並びかけてきた。ウラヌスチャームには追撃を食らったがレベルも高かったと思う。今回はスロー想定でこのメンバー構成ならある程度前を取れそう。器用に動ける馬なのでスペースを作らない戸崎競馬にも対応できると思うし、馬場も軽いぐらいのほうがいい。この辺を踏まえてもここで狙いたい。

▲ハーレムライン

 今年のメンバー構成ならスローですっと前目、というのが意外と楽に狙えそうなんじゃないかなと。逃げそうなのが大知のトミケンキルカスで、大知はレースメイクが下手なのでペースを落としにかかると思う。そうなるとこの馬としてはトミケンを目標に番手外までじわっとつけてペースをコントロールする流れに乗ればいいから言うほど難しくないだろうと。前走の谷川岳Sでは新潟マイルで47.0-45.3とかなりのスローバランスで好位内から直線中目を取ってすっと反応して12.0 – 11.7 – 11.0 – 10.8 – 11.8のラップ推移、L2でしっかりと伸びてきた。この競馬ならある程度新潟高速状態で速いラップを要求されてもやれるし自身でのギアチェンジというのも持っていると思う。相手関係は強敵になるが馬券的に不気味なのはこの馬かな。

△ロシュフォール

 まあこの馬を連下で拾うということは、要はスロー想定だということ。団子状態なら直線の切れ味はトップクラス。新潟記念でも強敵相手に60.8-57.8と超スローからの12.2 – 11.9 – 11.1 – 11.1 – 11.5と3F勝負で直線後方からしぶとく馬群の中を通して伸びてきた。上手く抜け出したメールドグラースの後ろを取って中目に入れたのもあるがそれでもこの足は武器。マイルで流れて前半に追走できないリスクがあったが、今回のメンツだとそこまで上がらない可能性も高い。それなら決め手で何とかなるかもしれないので押さえておく。

△ミエノサクシード

 ん~まあこの馬でも通用しちゃうかなという感じ。ヴィクトリアマイルははっきり言ってロスなく最短距離を通してのもので過大評価は禁物。ただ44.8-45.7とややハイ、11.1 – 11.3 – 11.2 – 11.5 – 11.7と単調な流れで後方で脚を残していたとはいえしっかりと脚を引きだせた点は評価。京都金杯もそうだが意外と流れたほうがいいと思っているので、今回はスロー想定で微妙。それでも外枠でポジションを取っていけそうだし、阪神牝馬Sの感じでやれればというところかな。

×ソーグリッタリング

 面白い馬だと思っていたが、浜中がインタビューでソラを使う馬なので前に馬を置く状態に持って行く必要がある、というのと内枠でスロー想定でとなるとポジションダウンしながら…というリスクがある。前走のエプソムCみたいなケースは極端にせよアレに近い形にはなりかねないので押さえまでとした。

×フローレスマジック

 まあ基本的に今のマイル路線は牝馬が強いと思っていてこのレベルなら通用しちゃうかなと。フローレスは近走はちょっと物足りない競馬が続いていたが、2,3歳時の感じなら高速馬場で前半スローから速いラップを要求される競馬がベストっぽい感じはあるんだけどね。清水S勝ちも京都マイルでドスロー、12.3 – 11.8 – 11.8 – 10.9 – 11.4とL2最速戦でトップスピードの質を要求された中で中団内から捌いて反応して伸びてきている。もともとリスグラシューとの比較でもうちょっとやれていい馬だとずっと思っていたので、この辺りで条件が噛み合いそうな今回は外したくないかな。1800ぐらいのほうがいいと思うがスローならば対応してきそう。

—-TAZUNAの無料予想の破壊力—-

8/4(日)小倉記念(G3)的中◎
実際の買い目をご覧ください↓↓



小倉記念(G3)
三連複8-9-6 8,030円×500=40,150円的中!!
1番人気メートルグラースを完全に信頼して1頭軸で、5.6番人気を絡めて見事に的中!
TAZUNAはこの精度の予想を無料予想で配信してくれるのでかなりすごいです。

その他の無料予想の配信結果をご紹介します。
▼7/28(日)札幌10R道新スポーツ賞▼




ワイドボックス予想全的中◎
結果:ワイド1-4 400×2,500=10,000円的中!
4-9 660×2,500=16,500円的中!

▼7/27(土)小倉10R由布院特別ワイド予想▼
ワイド6-10 680×2,000=13,600円的中!(推奨金額)
▼7/27(土)新潟4R3歳未勝利三連複予想▼
三連複11-14-16 2,210×500=11,050円的中(推奨金額)
毎週のように無料予想を的中させています!!

今週は、「エルムステークス(G3)」を無料配信!その他3鞍も配信でこれだけ連勝中の予想を無料で受け取れるなら間違いなく受け取った方が良いと思います!
無料で絶好調のTAZUNAさんの土曜2鞍と日曜エルムステークス(G3)含む2鞍を見る!
返信メールのURLをクリックで登録完了!

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。