競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

レパードステークス 2019 予想:本命11エルモンストロ

time 2019/08/04

レパードステークス2019の予想

新潟11R ダ1800m
馬場想定:良、標準ダート想定

展開予想

 逃げ馬候補がかなり多く、しかも別路線組も多いので各路線の力関係が把握しづらい感じ。その中で思い切ってハナを切りそうなのが中目のハヤブサナンデクン、外からロードリバーサルの2頭。これに内からワシントンテソーロといったところが絡みブラックウォーリアやビルジキールが行って好位にデルマルーヴルやエルモンストロといったところになりそう。前半から流れて縦長にはなりそうだが1~2角でペースダウン、向こう正面で縦長の状態だとそこまでロングスパートにはならない可能性が高く、イメージ的には49-51ぐらいでハイペースだが仕掛けが遅れるイメージでL2で再加速はあり得ると思う。基礎スピードを重視しつつ、要所の一足を引き出せる馬を重視したいのは新潟1800の攻略法かな。

予想

◎11エルモンストロ
○10デルマルーヴル
▲03ブルベアイリーデ
△04ヴァイトブリック
△06ハヤヤッコ
×07ブラックウォーリア15ビルジキール
3連複:◎軸○▲△×BOX
3連複:◎○軸▲△×流し
3連単F:◎○▲→◎○▲△→◎○▲△×

◎エルモンストロ

 新潟1800は割と枠順が重要なレースだと思っているけど、基本的に外過ぎない外目の枠の先行~好位勢でペースが上がっても一足をしっかりと反応して使える馬というのが軸としては好ましいと。この馬はそれに当てはまる。

 まずイメージ的に2走前の500万下勝ち、阪神1800m戦で見せた反応の良さ。50.9-49.8とスローではあるが13.2 – 12.9 – 12.6 – 12.0 – 12.3とL2最速で12.0、ここでの加速が問われている中で2列目外からすっと反応して前に並びかけてラストで突き放す。上位は2、4~5着まで勝ち上がっている中で一足で楽々とという競馬ができた。

 後はペースが上がってどうかというところ、前走のユニコーンSでも45.8-49.7と超超ハイ、11.9 – 12.6 – 12.3 – 12.0 – 12.8と直線での再加速があった中で好位の内からしっかり一足は使って反応してL2では2列目付近まで上げてきた。流石に芝スタートでこのペースで速すぎた感じはするし、それでもそこでの反応があったのは好感。ペース自体はある程度なら速くてもいいのと、個人的にはギアの上げ下げを求められたほうが良さそうな感じがあるので新潟1800はフィットしそう。前がある程度飛ばして縦長なら無理に前に拘らず好位外目で良いと思う。ただ勝ちを狙うならデルマルーヴルより前をきっちりととれるかどうかは重要なのでその辺。基本的に今年の3歳ダート路線はかなりレベルが高いと思っているので、3歳世代限定戦で強い競馬をしている馬を強く狙いたい。

○デルマルーヴル

 この枠は歓迎できると思う。この馬は素材的にここでは1枚抜けていると思うし、全体で流れてくれればより安定してくるだろうと。前走のJDDが強く、大井の2000で62.1-64.0とかなりのハイから12.5 – 12.9 – 13.8 – 12.5 – 12.3と3~4角で大きく減速、クリソベリルが直線で大きく加速して千切ってきたがその中で好位の内目からしっかりと加速自体はできていてしぶとく2着は死守。3着が地方馬のミューチャリーなんだがこの馬もかなり走ってくるとみていて、このJDDはハイレベルだったと思っている。

 また前走でギアチェンジ面を解消できたのは良い材料かな。ただ、左回りのヒヤシンスSでは東京マイルで48.9-49.7とややハイも12.9 – 13.3 – 12.7 – 11.6 – 12.1とL2で一気に加速という流れで中団から反応し切れずに伸びきれなかった。こういう競馬は微妙なのでできれば前を向いて早めに加速する意識が欲しいのと、JDDみたいに全体である程度流れてふるいにかける競馬になればなおよい。地力は上だと思っているので、取りこぼす可能性はそこそこあるけど軸としては魅力的。

▲ブルベアイリーデ

 まず追い切りが目立った。坂路で加速度が高く12.6-11,7をかなり楽に叩き出していてこれは面白い。そのうえで、青竜Sは悪くない。東京マイルで12.4 – 12.7 – 12.1 – 11.7 – 12.2と加速が求められた中で好位の中目から直線外に誘導して反応して直線半ばまでは良い感じで2列目付近まで来ていた。L1でちょっと甘くなったがそれでも相手関係を考えれば立派だし要所の反応がいいのはプラス。新潟1800の場合は仕掛けがもう少し遅れることが多い(シンプルに直線が府中より明確に短くコーナーがきついので4角地点ではペースが遅い可能性が高い)ので、ハイペースを2,3列目の内内で立ち回っての一足で捌いてくるという可能性はある。これも勝ち負けまで考えるならペースに依るができるだけ無理なく前を取ってほしい。

△ヴァイトブリック

 3走前のヒヤシンスSは高く評価しているが、48.9-49.7とややハイでも12.9 – 13.3 – 12.7 – 11.6 – 12.1と中弛が顕著で基礎スピード面はそこまで求められていない。前走のユニコーンSは4秒近い超超ハイなので流石に極端だが基礎スピード面の不安がある。ただ4走までも内で包まれてキックバックを受けても問題なかったし、その辺りの不安は小さい。力は評価しているし重い印も迷った一頭だが、連下では押さえたいかな。

△ハヤヤッコ

 まず基本的には今年の3歳世代はハイレベルなので古馬混合で勝ったからといって評価を上げるよりは、どちらかというと3歳世代限定の内に強い競馬ができている馬を狙いたいと。そのうえで、ハヤヤッコは新潟1800的にはちょっと怖さがある。4走前の東京マイル戦になるが、48.4-51.0と超ハイも12.8 – 13.2 – 12.6 – 12.3 – 12.9と少し中弛みがあっての再加速。ここで中団から馬群の中で包まれた状態から直線進路を外に出してしぶとく伸びてきた。ただ新潟1800で重く狙うなら外に出した段階でもう少しすっと反応して伸びてきてほしかった。L1まで猛然と伸びてきているので本仕掛けができるだけ早いほうがいいがギアチェンジそのものは対応している。後は田辺なのである程度外から動く意識を持ってくれれば。2、3走前の内容から考えても力関係的には十分戦えるはずなのと、1800ぐらいの方が本質的には合っていると思うので。

×ブラックウォーリア

 ×2頭はどちらも上昇度を取っての保険。今回はあまり古馬と戦って結果を出してきた馬を狙うのは危険かなというのは感じたので。ただ前走のインディアTでも中京1900で49.3-49.3と平均から12.5 – 11.9 – 12.6 – 12.1 – 12.7とL4最速でもL3-2での加速が求められた中で対応してきたし新潟でもという面はある。押さえ。

×ビルジキール

 もう一頭ビルジキール。感覚的にキングヘイローの仔でスパイラルカーブの福島で出し切って良さが出てきているわけで、急コーナーで加減速が求められる新潟は適性的に疑問がある。ただ追い切りもいいし、前走の安達太良Sは古馬相手が当てにしにくいとはいえ3勝クラスで外から勝ちに行って内を上手く立ち回ったショームに足元をすくわれた感じだからね。これも保険的に押さえておきたいかな。内枠なら切っていいタイプだと思っていたけど大外なら自分のタイミングでの競馬もできるから。

sponsored link



重賞セットプランまたまたダブル3連単。
もう向かうところ敵なしですね。カリビアンゴールド9人気、オールポッシブル9人気、両重賞の9人気を12、16点にいれますかね?!函館2歳Sのプリンリターン11人気もありましたし、ここの買い方はガチで参考になりますね。




そして無料情報でおすすめはワイド。ワイドで出してくる1点2点予想はガチ確勝級!
▼28日札幌10R道新スポーツ賞ワイド無料予想▼
▼06日中京10R濃尾特別ワイド無料予想▼



だいたい300~400%近くになってるので重賞以外も要チェックなんです。
はじめての方はまずは小倉記念無料情報から実力チェックしてみてください。
無料メルマガエントリーしておくと前日22時頃小倉記念含めた厳選4鞍が配信されてきます。確認メールがきたらクリックしてログイン。機種によっては迷惑メールいくのでご確認を!

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。