競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

高松宮記念 2019 出走予定馬:モズスーパーフレア&武豊騎手想定

time 2019/03/18

高松宮記念 2019 出走予定馬:モズスーパーフレア&武豊騎手想定

第49回 高松宮記念(GI)出走予定馬展望

日程:2019年3月24日(日)
コース:中京芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

モズスーパーフレア(武豊騎手想定)

 前哨戦のオーシャンステークスで快足を飛ばして圧倒したモズスーパーフレアが武豊とのコンビで高松宮記念に出走予定だ。外連味のない清々しい逃げっぷりでここまで結果を残してきた。名手武豊が早くも今年2つ目のGI制覇を狙って、快足馬の持ち味を存分に引き出してくるぞ。

※この記事はブログ無料公開対象です。

 この馬自身の不安というのはもうそんなにないだろうと思う。敢えて言えば今の中京の馬場がどうかやね。日曜を見ても結構外差しが利いているイメージで、逃げるこの馬としてはその辺りはちょっとした不安材料にはなるかもしれない。それでも武豊が上手くこの馬のペースに持ち込んで後続の脚を削ぎ切れば、やはり最右翼だろう。

カーバンクルS(OP)1着

中山芝外1200m良 16頭6枠12番
1:07.0 32.8-34.2 H^2
11.7 – 10.4 – 10.7 – 11.2 – 11.1 – 11.9

 2走前のカーバンクルSから振り返りたい。この時は完勝ではあったがナックビーナスが58kgと酷量を背負っていてハンデ戦ではなかったが5kgの斤量差があった。その中で1.4と明確にハイペースに持ち込みながらL3-2で誤差程度だが再加速している。

 12番枠からまずまずのスタート、そこから押して二の足で楽にスピードに乗って外から内に切り込み主導権を握る。外からトウショウピストが絡んできてペースを引き上げてハイ。そのまま3~4角でも楽な手応えで進めて4角出口で仕掛けて直線。序盤でしぶとく粘って1馬身ちょっとの差をキープ。L1でナックも食らいついてくるがほとんど寄せ付けずの1馬身1/4差完勝。

 ここでは豊らしくしっかりとしたペースを作ってきた。そのうえでちょっとだけ余力を残していてL2で加速する脚を使えているのは評価のポイントかな。緩めすぎていいタイプではないが、多少厳しい流れでも一足を使ってくるので割と幅の広いタイプにはなると思う。ナックとは5kgの斤量差があったが、それでもペイシャフェリシタ相手に見ても完勝だったし強い競馬だったといえる。ただ、次走のインパクトには勝てないが…。

オーシャンS(GIII)1着

中山芝外1200m良 16頭7枠14番
1:07.1 32.3-34.8 H^3
11.4 – 10.1 – 10.8 – 11.4 – 11.4 – 12.0

 前走のオーシャンSはまさに圧巻。テンの1Fが11.4とここまで速いラップはこれまで見たことがない。そこから淀みなく淡々と厳しい流れを刻んだ。前半3Fで32.3が示す通り質的に高いレベルでの基礎スピードを要求されていて、快足スプリンターでもないとなかなかついていくのは難しかっただろう。

 14番枠から好発、そこから押して楽に飛び出していくと、そのままペースを引き上げきって単騎で3角。3角でも2列目とは2馬身半ぐらいある中で楽、少し詰められて1馬身ちょっとの差で直線。序盤でそのまま3番手以下は突き放し、あとはナックビーナスを寄せ付けずの完勝だった。

 カーバンクルSと同じような映像だったと思う。違うのは斤量差が同じなのにこの競馬だったという点。ナック自身のパフォーマンスはペイシャフェリシタ比較でみれば上がっていると思うし、3着以下は突き放しているからね。こうなるとモズスーパーフレアのパフォーマンス自体が上がってしまっているんだと思う。ここまで強かったとなるとペースを引き上げきってしまったほうが良いんだろう。圧倒的だった。

ラピスラズリS(OP)2着

中山芝外1200m良 11頭8枠11番
1:08.1(+0.0) 34.0-34.1 M
12.0 – 10.6 – 11.4 – 11.6 – 11.0 – 11.5

 負けパターンとしては3走前のラピスラズリSだろう。北村友一らしいヘタレたレースメイクで、3~4角でペースダウンしてL2で加速する形。こういう競馬でも対応できるけど、こうなると使える脚がそんなに長くないのでトップスピードの質・持続力が高い馬に呑まれてしまう。

 11番枠からまずまずのスタート、二の足で楽に主導権を取り切るが、ここでペースをコントロールして3~4角では11秒台半ばと息を入れて団子気味で直線。序盤で出し抜く足を見せるがL1で外からダイメイフジに伸びてこられて差し切られた。

 L1のギリギリでやや失速気味だったように、この馬自身後半勝負で使える脚は非常に限定的。中京1400では前目で進められなかったこともあるが、使える脚がちょっとしかないので1400では難しい、という感じもあった。もちろん1200でもこうやってペースをコントロールすると加速で出し抜くタイミングはあってもL1で甘くなるのが早いので捕えられてしまう。なので全体でペースを引き上げて後続の脚を削ぐことが絶対条件になっていると思う。少なくともここ2走からもペースを上げるごとにパフォーマンスを上げているわけでね。厳しい言い方だけど、今の北村友一ではこの馬の良さを理解することも引き出すこともできないと思う。

高松宮記念2019への展望

 カーバンクルSで負けたように、ペースを落として一足を使っても本当に一瞬しかいい脚はないのでこのレベルでは決め手で見劣る。一方でオーシャンSで見せているように強烈なハイペースに持ち込んでも大きくバテず、ほかの馬がそれ以上にばてるというパターンがやはり今のこの馬のベストな戦法だと思う。テンの1Fが11.4というのは出色だし、この二の足の速さは圧倒的でここに入っても抜けている。ゲートも安定しているので主導権を握るのは難しくないはずだ。先手を取ったからといってペースを落としていいタイプではないし、名手武豊なのでそこは心配していないがそのパターンだけは避けてほしい。

 後は相手関係となるが、正直ハイペースで自分の競馬に持ち込めればナックビーナスはまだ0.1~0.2でくらいつかれる存在だが、ペイシャフェリシタは勝負の舞台には上げていないからね。そうなると今のモズスーパーフレアに正攻法で勝負できるタイプはほとんどいないと思う。あとは外差し馬場になりつつあるので、その辺で3~4角下りから勢いに乗せきって弾けた馬に差されないかどうか?というぐらいだろう。それを削ぐためにもやはり全体でペースを引き上げて直線で弾けさせないようにしたい。圧倒的な成長力を見せてきた今、逆らうのは難しいと思うがひとまず今の段階ではこのモズスーパーフレアを倒せる馬を探したい。

ー16日土曜のコラボ指数は圧巻でしたねー

阪神9R須磨特別/指数2位⇒3位⇒5位
→3連単153,360円
中山4R3歳新馬/指数4位⇒4位⇒3位
→3連単354,930円
極めつけは・・・・・・
中京12R恵那特別/指数4位⇒3位⇒4位
→3連単203,150円   1点100円換算ですよ!
クインズマラクータ9人気を指数3位に指名!お見事2着!
同時にハングリーベン13人気を指数4位に指名!お見事3着入線。
これぞ上位6頭推奨のコラボ指数!

ー実際前日に配信された予想ー


各3会場とも12レース全て6頭BOX購入しても、こういうレースあるとプラス確定。
人気薄の馬が指数上位6頭内に指名されてるレースは買いです。配当あがるはずです。
恵那特別のように2頭も9人気、13人気がはいってる場合は確勝級です。
ーーーーーーー
土日前半6レースまで全指数無料提供
全重賞指数1位馬無料公開
高松宮記念全指数無料提供(当日北条のブログをチェック)
ーーーーーーー
今週のコラボ指数を見る
確認メールきたらクリックしてログイン。ココで自分の予想は補完できるはずです。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。