競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

スプリングステークス2019の予想:本命09エメラルファイト

time 2019/03/16

スプリングステークス2019の予想

中山11R 芝内1800m
馬場想定:良~稍、標準馬場想定

展開予想

 土曜は良馬場でみている限りだと標準ぐらいの馬場。そこまで重いというほどではないし、明日も天気は微妙なところで降っても稍重ぐらいかな。

 展開予想だが、割と先行勢そのものはそろったと思う。内からコスモカレンドゥラがハナを主張、それを見ながらヒシイグアスがハナを狙うのか、それとも番手で良いと思うのかでちょっと違ってくる。ある程度突いての番手狙いかなと。外からカラテやフィデリオグリーン辺りも競っていって、ロジャーバローズがこの状況でどう入っていくか。ペースは平均近くまで上がるんじゃないかなと。48.5-48ぐらいのイメージでいようかなと思う。平均~ややスローぐらいを想定、L2最速である程度の流れからの一足になる可能性が高いとみる。基礎スピードを持っている馬、要所である程度動けるかが先行馬には問われ、中団以降だと早めに動いてねじ伏せきるポテンシャルと、基礎スピードが問われても削がれず使えるか。この辺を重視したい。

予想

◎09エメラルファイト
○12タガノディアマンテ
▲10ディキシーナイト
△02クリノガウディー
△08ヒシイグアス
×01ファンタジスト06コスモカレンドゥラ
3連複◎軸○▲△BOX
3連複◎-▲軸○△流し
3連単F◎○▲→◎○▲△→◎○▲△

◎エメラルファイト

 この馬に関しては週の頭から狙いたいなと思っていて、枠の並びや人気を見て迷わず本命にしたという感じ。過小評価されすぎているし、石川裕紀人は不安ではあるんだがレース全体がそこまでトリッキーにならないとみて、別に石川でも大丈夫だろうと。

 やはりこの馬の一番の武器は基礎スピードを持っている点になる。もちろん朝日杯で見せたように47.7-46.2とかなりのスローで出遅れて後方外から強烈な脚を使ってきた、という部分でトップスピードの持続力の魅力はある。ただ、前走の白梅賞の勝ち方ができるのが一番の強み。京都マイルで力のいる馬場状態、47.4-48.0と平均だが12.5 – 12.2 – 11.9 – 11.7 – 12.2と中弛みが少しあり、そこからのL2最速戦で中団内目から我慢しながらで直線前半から馬群をさばいてすっと伸び始めていて、L1でマイネルウィルトスとともに外からしぶとく伸びてきて勝ち切った。地味ではあるんだが流れた中でこうやって脚を引き出せるし、タフな馬場で流れたときのマイネルウィルトスは手ごわいのは千両賞でも証明済み。この時の1000万下が47.5-47.6で1:35.1なので時計的にも優秀だ。

 後半型の競馬になっても流石にトップスピードの質では見劣るが、アイビーSでも朝日杯でもTS持続力という観点では底を見せなかった。本来はある程度良い位置をとれる馬だし、速いラップをそこまで要求されない、ある程度全体で流れそうならバランス的にこの馬が一番噛み合いやすいと思う。スローに振れてもハイに振れても良いと思っているので、軸としては信頼しやすいしなんでこんなに人気がないのかわからないぐらい。このメンバー構成で普通に信頼度なら1,2を争うと思っているが。勝ち切れるかどうかはわからんが。極端に出遅れたらちょっと不安だけど、中団までにつけられれば。

○タガノディアマンテ

 相手にはタガノディアマンテを選んだ。正直言ってこれはちょっとギャンブルではあるんだが、個人的にきさらぎ賞はレース全体にちょっとした疑問があって、もしかしてハイレベル戦だったかも?と思っている。ヴァンドギャルドやメイショウテンゲンがここまで離されるはずがないんだよなあ、と。実際ペースは48.6-47.8とややスローだがそこそこバランス的には流れている。その中で12.6 – 12.4 – 12.0 – 11.5 – 11.9とL2最速ではあるが力のいる馬場で速いラップはそこまで要求されず。その中で出遅れて後方から3~4角で中目を通しながら直線で馬場のいい大外。とはいえここからグンと伸びてきてL2では4番手からしぶとく差を詰めて2着を拾った。

 ヴァンドギャルドを差しているわけで、ヴァンドギャルドが力のいる馬場でいまいちだったのか?とも思ったが5着のメイショウテンゲンが弥生賞では力のいる馬場の単調な流れで突き抜けた。このきさらぎ賞で感じた違和感はもしかして正しいのかも?と。この馬も力のいる馬場で後半のポテンシャルを引き出せばこのメンバー構成なら通用していいんじゃないかなと感じた。まだ人気にもなってないし、田辺もそろそろ頑張らんと。

▲ディキシーナイト

 穴目でもう一頭、ディキシーナイトを狙う。この馬はまだつかみどころのない馬で、4走前の未勝利勝ちが中山2000mで62.0-60.2とかなりのスローからの13.1 – 12.5 – 11.9 – 11.6 – 11.1とL1最速で中団外からスパッと切れた。このイメージから、2走前のジュニアCでは中山マイルで46.0-47.8とかなりのハイを先行して、さすがに甘くはなったがしぶとく食らいつけたと。大和メジャーの仔だし、前走のクロッカスSなんかが正しいこの馬の適性なのかとも思ったんだが、これまでのパフォーマンスを見ると案外中山18000である程度流れてもやれるんじゃないかなと。穴目で狙いたい。

△クリノガウディー

 ちょっと悩んだけど連下で拾いたい。ペースが上がったときにどうなるかはちょっと未知数だし、ロンスパになったとしてもちょっと不安がある。ただこの馬は内内からスッと反応できる武器を持っているのは確かで内枠は良い。

 前走の朝日杯でも47.7-46.2とスローではあったが12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.9と4F戦である程度分散、内目でロスなく立ち回ったのはあるが直線で外に出してからL2ですっと伸びてきていた。ただその手ごたえの割にはL1は甘かったようにTS持続はそうでもないという感じ。東スポ杯でも5F戦に分散の中でL2までは良い感じで動けていたからね。その点からも仕掛けが遅い中で器用さを活かすイメージ。内枠で潜んで4角で外からすっと一脚を期待。

△ヒシイグアス

 もうちょっと評価を下げようかとも思ったんだが、追い切りが良かったので。前走は中山1800で50.8-47.1と超超スローを逃げて12.5 – 12.4 – 11.9 – 11.0 – 11.8とL2最速で出し抜くもL1甘く。2走前の未勝利が強い競馬ではあったがレースレベルは微妙なところ。それでも61.3-60.2とある程度のペースからの11.6 – 11.7 – 12.2 – 12.0 – 12.7とロンスパでこのパターンだと最後までしっかり。ただラップは落としているしメンツがどうだったかというのはある。1800で流れると?というのはあるが、状態面の押し上げと枠も外過ぎないのでロジャー辺りとの比較でこちらをとった。

×ファンタジスト

 ロジャー辺りと悩んで、内枠で前半ある程度良い位置を取れるというのは良い材料なのでそこで押さえておきたい。朝日杯でも47.7-46.2とスローからの12.4 – 11.8 – 11.3 – 11.2 – 11.9と4F戦で外目から勝ちに行って少し甘くなったが内容は悪くはなかった。とはいえやはりスローのトップスピード戦がここ2走、それまでは1200での話で、力のいる馬場の中山1800でとなるといまいちしっくりこなかった。地力を評価して保険的な押さえ。

×コスモカレンドゥラ

 大穴で。アイビーS2着はそこまで評価していないというか位置取りの差が大きい競馬。それでもこの馬の場合ホープフルSではスローではあったが12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.2 – 11.5 – 11.8と5Fのロンスパからのもう一段という競馬で案外頑張れている。楽に逃げられて向こう正面からの競馬になったときに一発はある。逃げに拘らず、ヒシを行かせてスローで番手となったときに向こう正面ロンスパを仕掛けると結構怖いかも。丹内だとその可能性は結構ありそうなのでこの人気なら押さえておく。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年末の朝日杯FSも情報通りに!
超穴馬クリノガウディー(9番人気)が激走!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

馬連9710円的中で⇒【現金97万1000円獲得】

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の弥生賞も情報通り!≫

★超穴馬メイショウテンゲン(8番人気)が激走!!★
単勝39.1倍⇒1着で大波乱を演出!
―――――――――――――――――――――――

●●●毎週のように超穴馬が激走!●●●

《弥生賞》    メイショウテンゲン⇒8番人気1着
《京都記念》   ダンビュライト  ⇒6番人気1着
《ダイヤモンドS》サンデームーティエ⇒8番人気2着
《京都牝馬S》  リナーテ⇒7番人気2着
(一部抜粋)

┌───────────────────────┐
トライアルだから大きく狙える!
『スプリングSの超穴馬』今すぐ教えます!
└───────────────────────┘

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

毎週毎週とにかく当たってます!(2月以降の的中)
―――――――――――――――――――――――――
■2月17日東京 4R 25万3260円【的中】
■2月 9日小倉12R 13万7910円【的中】
■3月 2日小倉 9R  3万7910円【的中】
■3月 2日中山10R  3万6800円【的中】
■3月 2日中山 5R  3万4630円【的中】
■2月10日小倉 9R  3万4230円【的中】
■3月 3日中山 8R  2万8540円【的中】
■2月10日小倉 7R  2万7310円【的中】
■2月 9日京都 8R  2万5060円【的中】
■2月 9日小倉 1R  2万4800円【的中】
■3月 2日小倉10R  2万3600円【的中】
■2月23日中山 7R  2万2990円【的中】
■2月10日京都10R  2万1730円【的中】
■2月 9日小倉10R  2万0690円【的中】
■3月10日中京 9R  1万9250円【的中】
■3月10日中京 2R  1万5390円【的中】

※他にも厳選鞍から的中多数!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

昨年はマイネルファンロン(6番人気)が3着に激走!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

スプリングSで買うべき『超穴馬』を今すぐ教えます!


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。