競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

金鯱賞 2019 レース回顧・結果:ダノンプレミアム、ギアチェンジの性能抜群…一気に加速し勝負を決めた!

time 2019/03/10

金鯱賞2019のレース回顧・結果

中京芝2000m稍
2:00.1 61.0-59.1 S^2
12.7 – 10.8 – 12.1 – 12.5 – 12.9 – 12.3 – 12.2 – 11.6 – 11.3 – 11.7

<PR>金鯱賞の回顧をツイキャスで!22:00~22:30予定

毎週日曜の22:00からツイキャスで金鯱賞など重賞回顧ライブを行います。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです! http://twitcasting.tv/c:nandecas 競馬ナンデトップページからも視聴できます http://www.keibanande.net

展開分析・総評

 何となくだけど、ラップ推移はこんな感じになってるんじゃないかな、と思っていた通りのラップ推移が出た。4角でタニノは少し手が動いていたんだけど、他が結構余力があったしペルシアンが待たされているような感じの映像を見たときに、ああ外れたなとは思ってみていた。

 吉田隼人と川田の違いやね。テン乗りだと難しいけど、タニノフランケルでやるべき仕掛けができなかったし、まあそれを決めつけての予想だったので外れるのも仕方ないかな。エアウィンザーも同様の感じだと思うけど、やっぱこうなるとこうっていうメンツが来ているから個人的にはそれはそれで良かったと思う。自分の場合予想は時の運が大きいと思っていて、それよりも起こった展開とその中で来る馬が合致しているかどうかが重要で、今回は合致していた。

1着01ダノンプレミアム(川田)

 好発を切って楽に先行、外のタニノフランケルを行かせて楽に2列目ポケットと理想的な展開。1角でギベオンが前に入ってきて3列目、実質的にはギベオンがレースメイク、という中でジッと我慢。ただ、幸い単騎だったタニノがへたれてペースを落としてくれたので差のないところで3角。3~4角でもペースが上がり切らずに仕掛けを待つ状況で直線。序盤で一気に加速、ギアチェンジの性能で違いを見せる。L1でリスグラシューを寄せ付けずの完勝。

 まあ、こうなったらこうやわ…って見ながら納得の勝利。ダノンにとってはやっぱりこのギアチェンジが最大の武器になると思う。ディープの仔なんだけど、ディープ×インティカブってサトノラーゼンとかもそうだが結構ギアチェンジの性能が高い馬が多い。ダノンプレミアムもこれまでの高いパフォーマンスは見せていたが、弥生賞と同じで一気に加速という競馬で爆発させてきていると思う。

 今回ポイントだったのがタニノが早めに仕掛けて3~4角で動いていく形になったとき…だと思っていたのだが、結局タニノの吉田隼人では今の馬場ではそういう競馬に持ち込めず、結果的に緩い地点から直線坂の登りでの加速性能が問われたのでギアチェンジの性能が抜群なこの馬が来た。従来の中京2000の適性通りというところかな。まあ、タニノをあてにした予想だったので仕方ないね。この競馬を見ても2000までがベストかなとは思う。高速馬場になると逆に各馬仕掛けの意識が強くなるから瞬間の加速性能よりもトップスピードに乗ってからの持続力を問われることになると思うし。3~4角からの勝負になりやすい阪神内回り2000、大阪杯向きではないと思うんだよね。こういう要所での反応を活かせる舞台のほうが良い。それでも強いのは確かなので、どの程度の評価をすべきか難しいね。

2着11リスグラシュー(シュタルケ)

 出遅れて後方からある程度促しつつ後方の外で進める。道中も内に入れずに外目からじわっと押し上げていくような感じでペルシアンを目標にしつつ気が付けば中団。3~4角でじわっと加速していくという程度の流れ、前のアルアインが動いていく中でその後ろから直線で外。序盤でスッと反応して坂の登りで2列目まで来る。L1でダノンに食らいつくのだが思ったほどL1で伸びきれず、2着まで。

 やっぱ左回りだと別の馬みたいに反応する。3~4角でも一応ラップ的には加速しているんだけど、エリ女とかではモレイラが押して押してだったのに、左回りではスーッと動けて直線で一気に伸びてきているからね。半面で左回りだと右回りほどのL1の伸びがない。右と左でタイプが違ってくるのが面白いところだね。まあ、ダノンは手ごわかったけど、それでも直線入りで見劣らない反応の良さを見せてきたし、トップスピードの質という点でみても高いレベルにあったと思う。ただ、ドバイはこの馬自体しているみたいだから、この後大阪杯を使うのかヴィクトリアマイルを目指すのか。ちょっとわからんけど、左回りならもうちょっと前半のポジションが重要になってくるかもしれんね。

3着08エアウィンザー(武豊)

 まずまずのスタート、ある程度促していたがそこまでポジションを取れず、好位から中団に近いところ、1角手前で少し狭くなって下げて中団。道中も中団馬群の内に入り込んでダノンの後ろを狙う。3~4角でダノンをマークしながら内のスペースを活かして加速しながら上手く直線に入ってくる。しかし序盤でダノンの加速性能に一気に置かれてその直後を食らいつくも差はつまらない。L1では差は詰まってきているが誤差の範囲で3着完敗。

 これ豊の騎乗は結構味があるんだよなあ。仮にタニノが早めに仕掛けていたら内内ロスなく立ち回ってバテ差しも持っていけたし、今回はそうならなかったんだけどちゃんとダノンをイメージして内のスペースも視野に入れながらスピードに乗せて、ダノンが伸びることを信じている直線での入り方だったと思う。結果として出し切ったほうが良い展開になってしまったけど、内でダノンがいることを最大限に使った豊らしい3着だったかな。流れを見るのも大事だけど、そのうえでどの馬を進路に使っていくのかというのを意識しながら乗れると安定してくると思う。

 エアウィンザーにとってはもうちょっと3~4角から早めの仕掛けになってほしかったと思う。こうなっちゃうと瞬間のギアチェンジやトップスピードの質を各馬が高いレベルで引き出せてしまうからね。お兄さんのエアスピネルと違うのは瞬間のギアチェンジそのものは高いわけじゃない。後半早めに仕掛けて段階的に加速してやる中でトップギアを引き出せるタイプ。なので大阪杯ではこっちの方が面白いんじゃないかなと思っている。

4着06ペルシアンナイト(M.デムーロ)

 やや出負けして二の足はまずまず、思ったより楽に好位に入っていくのだが1~2角を過ぎたあたりから少しかかってしまう。道中収支重心が後ろで少しコントロールに苦労している、という中で前もペースが落ちてきて好位凝縮の中に巻き込まれて3角。3~4角でもいうほどペースが上がってこず、ブレーキしながら4角でも進路を作れていない状況で直線。入りでスッと進路を取った辺りは流石のミルコ。とはいえその段階からの加速で苦戦、一気にリスグラシューに前に出られる。最後は前3頭に少し離された4着完敗。

 流れが悪い中で、なんのフォローもできない展開ではあった。まあ枠も内目なので馬群の中に突っ込んだ騎乗自体はよかったと思うし、シンプルに展開が噛み合わなかった。3~4角の段階で前がある程度引っ張ってくれれば全然違ったと思うんだけど、ここでもペースが上がらないからスペースも進路もなくギアを落としたまま直線に入ってきた。そこで進路を取ってからの加速になったので、リスグラシューのように外からスムーズに加速態勢に入れた馬との比較で置かれてしまったと。まあもともとこういう展開になったら仕方がない、と思ってはいたので割り切れるかな。仕方がない。馬自体も休み明けで追い切りはよかったと思うんだけど、やっぱりいつもそこまで走るわけじゃないからなあ。それでも展開が噛み合わなかったのが痛かったかな。

5着10アルアイン(柴山)

 やや出負け、内の各馬の出方を見ながらだが思ったよりもムイトオブリガードが行ったので好位の外からの競馬と入り方が微妙。道中じわっと押し上げながらだがそれでも好位の外、前が勝手に下がってきたので3角の段階である程度さは詰まる。3~4角でも好位の外から勝ちに行く形で2列目外から動いていって直線。序盤でふわっとして反応がいまいち、一気にリスグラシューにかわされる。L1ではその手ごたえ以上に盛り返して5着は楽に確保。

 いつまでこういう競馬をするんだろうか、という一言に尽きる。スローの流れの中で後半の決めて勝負で外から勝ちに行って動向って馬じゃないからね。要所でここまで置かれたのは流石に想定外だったけど、それでもL2で最速ラップ11.3を今の馬場で踏むような流れなわけで、そうなった段階で今回のメンバー構成で勝負になるわけない。こんな競馬をずっと続けていては話にならんよ。クラシックホースなんだぞ。もうちょっとアイデアを出して陣営も勝たせる努力をするべき。何も考えていない。今回は北村友一の落馬負傷で柴山も乗り替わりだったと思うし、出負けもあったので簡単ではなかったとも思うが、それでも途中で動いて逃げるタニノについていくぐらいの意識を持たんと。アルアインの武器を活かす競馬をしてやってくれ、頼むから。

6着07ギベオン(丸山元気)

 まずまずのスタートからじわっと出していってハナも意識させる競馬。最終的にはタニノを行かせて離れた番手。そこでペースをドスローに支配して前が勝手に落としてきたので取りついて3角。3~4角でも仕掛けを待ちつつタニノを泳がせて直線。序盤でそこから追われるが一気に各馬に差される。最後は完敗の6着。

 この馬のイメージは正しかったかなと思う。スローで決め手勝負では上位相手には微妙だろうと思っていたが、その流れとしては入り方も良かった中で切れ負けしていたからね。中日新聞杯やNHKマイルCのイメージで良いと思うし、どちらかというとマイル~1800寄りの馬だと思うんだけどね。こうやってペースをスロー、ポジションもベストの位置から決め手勝負でこれだけ見劣ったわけだから、現状トップスピード戦で重賞レベルでは相手を選ぶ。流れた中でチャンスを見出すほうが良いと思うね。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。
 
 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
 
で、「うまとみらいと」の何が凄いの? ↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
 
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
 
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
 
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
 
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
 
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
 
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋
重賞予想解説者:北条直人
 
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
 
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果 ================================== 単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7% ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2% ==================================
 
コラボ指数:12月24日(日)的中率結果 ================================== 単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8% ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7% ==================================
 
コラボ指数:12月23日(土)的中率結果 ================================== 単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5% ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0% ==================================
 
一般的に3連単の的中率は10%程度なので、 平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
 
https://miraito.collabo-n.com 3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!
  さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。
 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。