競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

コパノ藤田菜七子は外枠、ミルコの動きにご用心…フェブラリーステークス2019ざっくり展開予想

time 2019/02/15

コパノ藤田菜七子は外枠、ミルコの動きにご用心…フェブラリーステークス2019ざっくり展開予想

フェブラリーステークス2019のざっくり展開予想動画

<PR>フェブラリーS週で600円→400円に値下げ…中山記念週まで

 というわけで今回もフェブラリーステークスの展開予想動画をアップロードしました。今回は特別に後半部分に競馬ゲームのチャンピオンジョッキーにてゴールドドリーム、サンライズソア、クインズサターンを使っていろいろ触れてます。試験的な導入ですが、面白ければいろいろやっていけたらと。ただ既存馬は良いけど新たに作らないといけないケースは難しくなるので、コース形態の説明ぐらいまでが妥当なところかなとも思ったり。

 今回のフェブラリーステークスは世間的にもかなり注目度の高いレースだと思うし、何といっても藤田菜七子が初GIでなんと有力馬のコパノキッキングに騎乗するということ。そして武豊が6連勝中のインティに騎乗。これだけでもかなり話題性がある。

 展開的に重要なのはやはりインティとサンライズソア。この2頭がどういう位置取りで進めてペースを作っていくかだろうと。田辺がな~、劣化しきっちゃった感じだからなあ…。コパノキッキングは外目の枠を引いたけど、大外のミルコ・オメガパフュームが動いてくると思うのでそこまでにしっかりとスペースを確保できるかどうか。ゲーム動画の後半部分でゴールドドリームを締めるクインズサターンのケースで説明しているけど、あの形のゴールドドリーム的な競馬にならないように、外に出す意識を強く持って前のスペースを確保しながら動くときは動けるように藤田菜七子には入ってほしい。せっかく注目されているレースだし、多分売り上げもかなり上がると思うので、頑張って良いレースをしてほしいね。

僕の競馬人生に大きくかかわる競馬サイトを発見しました。

そのサイトは「うまとみらいと」です。
「コラボ指数」
「的中率90%の反則技鉄板指数」
「爆発力がある穴馬指数」
の3つのを兼ね備えており競馬予想に必要なコンテンツが揃っています。

今回その中でも私がオススメするのは「コラボ指数」



競馬予想をする際に、調教診断、馬場・コースの適性診断など様々な要素から考察を立てている方もいると思います。むしろこれを熟考してようやく予想が完成すると思います。
かなり時間が掛かりますよね!?そうした時に役立つのが「コラボ指数」です。

コラボ指数は予想に必要な条件をすべてまとめて指数化しています。つまりどの馬が好走期待馬なのかが数字を見るだけで一目瞭然となります!これほど分かりやすいものはないですね。

ただそもそも当たっていないと意味がない!…大丈夫です、的中量産しております!!
今年の直近の重賞成績一覧です。


指数30以下の好走期待馬が90%を占めています。指数30以下の馬を買っておけばまず少なくとも的中が濃厚。これが指数の数字一つでわかるのです!

コラボ指数は前半の1~6R重賞1Rが無料です。
■先週の重賞成績
京都記念(G2)



指数512位決着!3連単17,040円的中!
指数30以下の好走期待馬全入線!これはあっぱれ!!

【共同通信杯・クイーンCも含めた先週成績】


共同通信杯は指数412位で決着!
クイーンCは指数218位で決着!
指数30以下の好走期待馬が3頭全頭入線!
30以下の指数上位馬を買うだけでかなりプラスになりますよね。
これだけでは分かりません。先週の全レースの指数的中率をまとめました。

■コラボ指数の先週の的中率
2月9日(土)

2月10日(日)

2月11日(月)


完全に高い的中率を誇っています!三連単的中率50%を超える日も!!
この50%だと2Rに1Rは三連単当たってる計算になりますからね。
三連単の的中率は一般的には20%あればよい方と言われてますから、かなり良い成績ということが分かります。

今週の無料提供重賞レースは「フェブラリーS(G1)」です。
■フェブラリーSの過去4年の指数成績をご覧ください。
なんと全的中!!30以下の好走期待馬が12頭中12頭入線!
フェブラリーSとの相性も良いわけでございます!
登録はこちらから!
⇒フェブラリーSの指数を無料で見る!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。