競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

チャレンジカップ 2018 予想:本命03ダンビュライト

time 2018/12/01

チャレンジカップ2018の予想

阪神11R 芝内2000m
馬場想定:良、高速馬場想定

展開予想

展開がちょっと読みにくくて、最内枠のマルターズアポジーはまず逃げたいので出していって主導権を狙う。すぐ外のマウントゴールド武豊も先行策をとって番手外が理想だと思うしこの2頭がある程度内から主張。外からハナを取りたいのがロードヴァンドールとサイモンラムセス。ロードはわからないけどサイモンラムセスは前走で番手に目途を立ててきた感じだし、この枠だと無理にはいかないか。ロードヴァンドールも2列目の外辺りとなってこの辺である程度落ち着くかなと。

開幕週で馬場が読みにくいところもあるし、逃げるほうも多少探り探りだろう。顕著なスローにはならないと思うが一応60秒を切るかどうかのラインで想定。時計としては1:58.5ぐらいを想定していて、60秒を切るかなというぐらいでイメージとしては59.7-58.8ぐらいのイメージで1秒程度のスローを軸にしつつ。ただ序盤次第で平均ぐらいまでは十分あるかなと思うので、それぐらいは想定しておきたい。

予想

◎03ダンビュライト
○08レイエンダ
▲01マルターズアポジー
△05ダッシングブレイズ
△09エアウィンザー
△11トリコロールブルー
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ダンビュライト

ここは悩んだけどこの馬にした。まずこの馬にとって一番嫌なのはスローのトップスピード戦。大阪杯でも61.1-57.1と超超スローからの12.2 – 11.8 – 11.2 – 11.1 – 11.4 – 11.6と5FでL3最速11.1とかなり速いラップを要求されたが良い位置を取りながら3~4角で下げる形になったし最後まで良さが出ず。仮にスローでもAJCCみたいに61.3-60.0からの12.0 – 12.2 – 11.8 – 11.8 – 12.1 – 12.1とL4最速タイとポテンシャル戦の中でマイネルミラノの後ろからじわっと詰めて直線で楽に突き抜けた。この時の2着がミッキースワローなわけで十分評価していい。ペースが上がった皐月賞が強かったわけで、基礎スピードはある程度問われた方が良いし、スローでもある程度早めの仕掛けなら問題ない。

そのうえで枠の並びがいい。逃げるのがマルターズ、マウントゴールド辺りも前に行くし、この枠なら2列目ポケットを確保する可能性は結構高い。その位置取りでなら大阪杯でも速いラップを要求された中で最低限はやれた。このメンバー構成なら仮にスローで決め手勝負になったとしても2列目ポケットで対応できれば。外からレイエンダやエアウィンザーも動かざるを得ないので直線だけの競馬ということにはまずならないと思うし、3~4角である程度早めの競馬になってくれれば。

○レイエンダ

相手はこの馬にした。そこまでペースが上がる可能性は低いだろうなと。ただ、やはり3~4角で外から勝ちに行く形にはなると思うので、セントライト記念同様のパターンはある。中山2200で60.9-59.2とかなりのスローからの12.0 – 11.5 – 11.2 – 11.6 – 12.3 – 12.6のロンスパで中団の外から勝ちに行ったところでラストはちょっと甘くなったが3~4角のロスを考えれば長く脚を使ってきたと思う。もちろんレベル的にどうか?というのもあるけど当日の馬場が読みにくい面もあったし、レベルはともかく長く脚を使ってきたのは確か。

レースレベルという点では3走前の夏木立賞を評価すべきで、東京2000で58.8-60.0とハイペースも単騎、実質的には大体60秒後半ぐらいで番手が通過しているので超スローからの11.6 – 12.1 – 12.6 – 11.7 – 11.7 – 11.9というラップ推移、中団外から動いて長く脚を使ってL2で先頭に立ち切った。長く脚を使えたのは好感で、この感じなら好勝負を期待できそうかな。

▲マルターズアポジー

この馬はスピード色が強そうに見えるんだけど、強い競馬をしているときは前半は結構セーブしていることが多い。例えば福島記念を完勝したときも意外と後半型の競馬で61.0-59.8とスローからの12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.6 – 11.5 – 12.8と4F戦で分散してしぶとく粘り切った。ゼーヴィント相手に後半のポテンシャルで問題なく振り切っている。ここ数走は同てみも前半から急かされていることが多い。前走の福島記念は57.6-60.7と超ハイだし富士Sはマイルで45.9-45.8。厳しい流れがここ5走で続いていたのも影響したと思う。前半無理なく入れればチャンスはあるし、今回はペースコントロールできる可能性も高いと思うので。

△ダッシングブレイズ

転厩してどうかなんだけど、個人的には1800~2000ぐらいがいい馬だという認識なのと、瞬間的な反応が問われるよりもある程度早めの仕掛けの中で粘ってくるイメージ。エプソムCを勝った時も48.2-46.2とかなりのスローからの11.5 – 11.7 – 10.8 – 11.6 – 12.1とL3最速戦で好位から最後までしぶとく粘っての勝利。前走のカシオペアSではキレ負け気味だったし、内枠で好位、3~4角で内内を立ち回ってくれば警戒かな。

△エアウィンザー

悩ましいけど基本的には後半のトップスピードの質、ギアチェンジを引き出している。なので外から動いて勝ちに行ってどうかというのはあるかな。その不安としては4走前の寿Sで59.6-59.5と平均からの12.3 – 11.9 – 12.1 – 11.1 – 12.1というラップ推移だが離れた好位から3~4角で動きながら、瞬間的な切れ味をあまり引き出せずにトリオンフから離れた2着争いを制したという感じの内容。イメージとしては全体である程度流れた中でギアチェンジですっとという感じで、前走のカシオペアSがそんな感じ。48.3-47.2とスローだが12.0 – 11.8 – 12.3 – 11.5 – 11.6と仕掛けが遅れてL2最速の中で直線序盤で後方外目からスパッと切れた。この瞬間的な切れ味を阪神内の2000m戦でどこまで出せるか?という点で少し不安があっての連下かな。

△トリコロールブルー

こちらは逆に鳴尾記念の内容が強く流れてもTS持続でも対応できている点を評価。瞬間的な切れ味では前走のカシオペアSで見劣ったが、3走前の鳴尾記念は58.2-59.0とややハイで流れた中で中団外からロスがありながらも最後までじりじりと伸び続けての3着は内容的にもまずまず。どういう展開でも怖いので連下として押さえておきたい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない!

第19回 チャンピオンズC(GI)
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

▼最近も万馬券ハンターが
驚きの的中率を達成!▼

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『チャンピオンズC(GI)』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

第19回 チャンピオンズC(GI)
本命x対抗
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

【買うべき本命x対抗はコレ】

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。