競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

東京スポーツ杯2歳ステークス 2018 予想:本命07ヴェロックス

time 2018/11/16

東京スポーツ杯2歳ステークス 2018 予想:本命07ヴェロックス

東京スポーツ杯2歳ステークス2018の予想

東京11R 芝1800m
馬場想定:良、超高速馬場想定

展開予想

馬場は恐らく先週通りで超高速馬場。2歳戦で上がり切ることはないだろう。逃げるのはトーラスジェミニだが木幡育でそうペースを引き上げていく意識を府中で持てるとは思えないかな。48ぐらいで入ればいい方だと思う。内の先行勢が結構多いのでこの辺の出方は重要になる。カテドラルは逃げても良いと思っているだろうが、無理はせずに2列目ポケットを取れればそれでいいという感じ。

アガラスのビュイックがどの程度主張してくるかだが、トーラスを行かせて番手外を狙うか。その外からナイママが要るのでこれが軽い芝でどこまで行けるか。ゲート自体は結構上手い馬なので楽に先行もあり得る範囲。ヴェロックスもゲートは良いしルメールなので今回は前をとる可能性もある。この辺のポジショニング争いがある程度明暗を分けてくるかな。ルヴォルグなんかはそんなに前には行けないと思う。想定としては48-46.5ぐらいかな。仕掛も遅れて結構瞬間的な切れ味を要求されると思う。内からならギアチェンジが欲しい。

予想

◎07ヴェロックス
○03カテドラル
▲10クリノガウディー
△04アガラス
△05ヴァンドギャルド
×11ナイママ16ゴータイミング
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ヴェロックス

ちょっと悩んだんだけどこの馬を本命にした。枠の並びを見て決めたかな。前走の野路菊Sは結局いいスタートを切りながら控えて4番手からの競馬になったというのもある。とはいえ前半3Fは流れた中で12.8-13.0-11.1-11.1-11.9とL3最速タイ、4角で2頭分外は響いた中でL1までしぶとく伸びて2着なので末脚の絶対量という点ではカテドラルより上だったかな。

新馬戦でもスッとゲートを出ているし、前走の野路菊Sもゲートを出ながら控えたことで3~4角で外から動く羽目になったし3角は良いが4角地点で11.1と速い中でというのを考えればポジションさえ逆転できればそのまま逆転可能かなと。その点ではルメールに替わるししかも逃げ候補の馬のすぐ外という枠の並びが最高に良い。トーラスジェミニを行かせてあげて、その番手外でキープしながら進められればというところだろう。前目からのトップスピード戦でTS持続を活かしてしぶとく粘り込みを期待したい。

○カテドラル

悩んだけど対抗にした。新馬戦は重馬場の中京2000、65.5-60.6と極端なスローからの13.2-12.9-11.9-11.1-11.5とL2最速戦で先頭列からL2の坂の上りでグンと抜け出した。坂の上りでのギアチェンジを発揮したので府中適性は合いそうだし馬場を考えるとトップスピードの質、持続力は目立った。前走の野路菊Sではペースこそ48.2-47.1とややスローだが、前半3Fは35.6なのでまずまず速い中でハナを切って、そこから12.8-13.0-11.1-11.1-11.9と息を入れてしっかりと再加速で3F勝負、L3最速タイの流れでもしぶとく最後まで踏ん張ってきた。

前も取れる基礎スピードを持っているが、前走はゲートがそこまでよくなかったので一歩目がカギになる。しっかりと2列目ポケットを確保出来ればギアチェンジ面、坂の上りでの加速、超高速馬場でトップスピードの質を上げてくる可能性も高いはず。ただ、やはり前走はポジション差もあったからね。五分のスタートでも内枠で包まれて3列目とかだとそこから追い上げてとなると途中までは良くてもTS持続で甘さがでそうな感じ。抜け出すところで良い脚を使いたいタイプだと思うからね。複軸としては期待しているけど勝ち切れるかはポジショニングが影響すると思う。

▲クリノガウディー

大穴はこれ。坂路の追い切りが良かった(栗東坂路の内外は影響軽微。トレセンの図を見ればわかるが3Fは直線だし、ラスト落とさないことの方が大事)のと、もともと新馬戦でかなり面白いなと思ったから。正直本命にしても良いかなとも思ったんだけど、内に先行勢が揃った中で中目の枠でとなるとポジショニングでちょっと苦労しそうかな、という感じ。

新馬戦が面白いのはやや高速程度の京都1800で49.3-47.5とかなりのスローだが13.2-12.7-12.3-11.1-11.4と中弛みからの再加速でギアチェンジを伴ないつつL2最速11.1。この地点では流石に前を向けない状況から加速が問われていたので動けなかったがL1でグンと来て楽に勝ち切った。ラストも大体2馬身差を捕えていて恐らく11.1ぐらいでほとんど落としていない。馬場という点では今の府中ならもう少し速いラップを引き出せる可能性が高くなるわけで、11秒前後を2F楽に引き出してきた、それを緩い流れからと考えるとギアチェンジもある程度兼ね揃えている。ここに入れば穴目としては面白い一頭のはず。

△アガラス

ビュイックがどこまで前をとってくれるかだけど、ある程度前目の意識を持ってくれれば。新馬戦は良馬場だが雨が残っていた状況で、その中で50.9-47.3と超超スローからの13.0-13.0-11.6-11.4-11.3と3F勝負でL1まで落とさなかった。早い段階で抜け出していたので自身でもしっかりと加速ラップを踏んで駆け抜けていった。後半でまだ底を見せていないしレベルも結構高かった。前走のコスモス賞は48.6-49.6とハイペースの流れで逃げて甘くなったが、スローの方がいい可能性も十分にあるので、積極的に狙いたい。

△ヴァンドギャルド

この馬も重い印を打つかどうかまで悩んだけど、結局連下にした。超高速馬場なので、ある程度のレベルの馬なら33秒半ばぐらいは使ってくると思う。なので馬券的には別組から狙いたい。その中で前走の新馬戦は重馬場で高いパフォーマンス。阪神マイル戦だが49.6-47.2とかなりのスロー、そこからの13.1-12.7-11.4-11.5-11.6と3F勝負、L3最速なのである程度出し切りやすい流れとはいえ好位馬群の中でL2で待たされながらL1でしぶとく突き抜けた。同じく進路確保で苦労してなだれ込んできたメイショウショウブがデイリー杯でも2着と強い競馬。カテドラルの後ろぐらいを取れれば進路確保でも上手くいきそうなので穴目狙いで積極的にこの馬を。

×ナイママ

このナイママはちょっとよくわからないけど高速馬場でプラスになればというのと先行して粘り込んでくる可能性を考えたかな。高速馬場適性やスローでの後半勝負は全くの未知数だが、逆に言えばスローで良さが出ずペースが上がって良さがでたニシノデイジーとの比較ならこちらになるかな、という感じ。札幌2歳Sは48.2-49.7とかなりのハイペースの流れ、外枠からポジションを取りに行って取り切れなかったのは札幌1800ではよくあることだし、そこから向こう正面で動いてしぶとく粘ったからね。パフォーマンス的には内枠だったニシノと互角以上といっても良いと思う。北海道組からはこの馬を筆頭に。

×ゴータイミング

前走の新馬戦のレベルはまだ何とも言えないけど、重馬場でかなり時計も掛かっていた状況。49.3-48.7と平均からL3最速のポテンシャル戦となったところで中団外々からロスがありながらも押し上げてL2で2列目っぐらいまで取りついてきたし最後までしぶとく粘って接戦を取り切った。思ったよりも要所の反応が良かったイメージではあるし軽い馬場で上がってくればかな。この枠だし後ろからになるとは思うが、追いきりの良さも含めて3着辺りには。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第35回 マイルCS>

不動のマイル王不在で大混戦!
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のマイル王決定戦・安田記念では異例のローテーション、連闘で挑んだモズアスコットが優勝、2着アエロリット、3着スワーヴリチャードで決着。秋のマイル王決定戦となるマイルCSには秋春マイル王の座を狙うモズアスコット、毎日王冠で牡馬勢を倒したアエロリット、昨年の覇者ペルシアンナイトやエアスピネル、アルアイン、ケイアイノーティック、ステルヴィオなどが参戦。近年でも絶対的王者不在のマイルGIとあって、今年も好メンバーが揃い大激戦模様。

過去10年、関東馬で勝利したのは15年モーリスのみ。東西別の成績では関東馬【1・3・2・50】関西馬【9・7・6・95】と圧倒的に関西馬の活躍が目立つ。平均配当では、馬連4890円、3連複1万8200円、3連単12万8600円。伏兵馬では11年フィフスペトル(11人気2着)、10年エイシンフォワード(13人気1着)、09年マイネルファルケ(14人気2着)、08年ファイングレイン(10人気3着と4頭が馬券圏に好走し波乱の立役者となっている。

ステップレース別の成績では富士S組が3勝、天皇賞秋組が2勝。その他ではスワンS、スプリンターズS、府中牝馬S、安田記念、京都大賞典組がそれぞれ1勝を挙げている。勝利馬3頭を含む7連対の富士S組の好走が目立つ。

GI馬7頭が参戦する今年のマイルCS。競馬セブンではとある陣営の勝負情報を独占入手!騎手・調教師・厩務員が揃って「勝てる!」と豪語するとある陣営の勝負馬とは!?公にはならない関係者した知りえない裏情報!絶対にお見逃しの無いようご注意下さい!

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『マイルCS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第35回 マイルCS>

不動のマイル王不在で大混戦!
波乱の立役者とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。