競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

デイリー杯2歳ステークス 2018 レース回顧・結果:アドマイヤマーズ、伏兵にヒヤリも最後はもう一伸びで順当に重賞初制覇!

time 2018/11/12

デイリー杯2歳ステークス2018のレース回顧・結果

京都芝外1600m良
1:35.4 49.5-45.9 S^4
12.6-11.8-12.4-12.7-12.0-11.6-10.8-11.5

展開分析・総評

こちらは完全版でお送りします。なお、完全版回顧はお手製の展開図付きとなります…。

ん~…まあスローは読めたし、池添が思ったより強気の仕掛けをしてくれたかな、というのはある。ただアドマイヤマーズの逃げってのはちょっと読めなかったかな、というよりメイショウショウブが行ってくれるか、他の何かが行くと思ってたからそこは少し想定になかった展開。ペースは3.6で超超スローに突入、ラップ推移的には流石にL3の地点である程度上げる意識は持っているがそれでもL2最速戦。L1では11.5とそれなりに落としているが、仕掛けはこれでも遅い方。そしてこの馬場で最速10.8はかなり速いと思う。メイショウショウブはこの切れを引き出せたのは、違う部分で評価していたけど意外だった。

レース画像

アドマイヤマーズがハナ、メイショウショウブも逃げの意識もあったかもしれないが控えて番手でコントロール、前の2頭がレースを支配してドスローに。一方で3着に入ったハッピーアワーは武豊のヤマニンマヒアの後ろと最後方で進めていく。

3~4角で先頭列外のメイショウショウブが早めに勝負に行くような感じでアドマイヤの前に出かけて直線に入っていく感じ。2列目勢の反応がイマイチで、ハッピーアワーはヤマニンマヒアの後ろマークから直線大外となる。

1着03アドマイヤマーズ(M.デムーロ)

まずまずのスタートだが思い切って楽な感じでハナを主張、そのまま主導権を取り切る。道中もドスローにレースを支配、3角でもまだ余裕をもってという感じだが外のメイショウショウブが並びかけてきて4角ではじわっと手が動いて加速しながら直線。序盤でマッチレースとなるがL2の地点ではほぼ互角。L1で徐々に前に出ると最後はしっかりと振り切って3/4馬身差の勝利。

L3の地点で加速していく形になったとはいえ、直線勝負のウエイトが大きいのは事実。最内をぴったり回せたといってもメイショウショウブをL1で寄せ付けなかった辺りは流石だなというところ。それと、土曜は馬場が回復傾向で後半速いラップを要求されることが開催全体で多かったが、1000万下でも最速ラップは11.1。日曜9Rの段階で今週10秒台に入っているケースはないので、このラップはかなり優秀だと思う。これを踏まえてもトップスピードの質を高めてきている感はあるかな。個人的には想像以上に強くなっていると思う。

正直、戦前の段階ではトップレベル相手にはちょっと足りないんじゃないかな、と思っていたんだけどこの競馬ができるようであれば今後も重賞戦線で戦っていけると思うし、主役とまではまだ言えないけどマイル路線で第2グループまでには入ってきそうな感はあるね。瞬間的な切れ味はメイショウが意外にもやれたが、2列目以降には差を広げていたからね。レースラップ的にもかなり切れているはず。距離に関してももうちょっとあってもいいかもしれない。今の段階では完成されていて自由度が高いし、素材的にもパフォーマンスを上げてきているのでどんな条件でもある程度やれると思う。戦前より一段階評価を上げたい一頭。

2着07メイショウショウブ(池添)

好発を切って体半分ほど出ていたがアドマイヤマーズを行かせて番手の外。スローでも楽に折り合って3角へ。3~4角で徐々にアドマイヤマーズに並びかけて行き、4角でワンテンポ早めにじわっと仕掛けて直線。序盤の最速地点でもしぶとく伸びて2列目以降は突き放しアドマイヤマーズとの一騎打ち。L1で振り払われて3/4差2着も3着以下は完封した。

新馬戦の段階でエンジンがかかってからがよさそうだな、長く脚を使えそうという評価はできたし前目も取れるから前目で粘り込んで…というのは期待していた。ただ、正直アドマイヤマーズに前を取られた段階で勝つのは難しいと思っていたから、L2の地点でここまで抵抗してくれるとは思わなかった。しかもアドマイヤマーズも戦前の評価よりパフォーマンスを上げているからね。これは自分も本命を打ったけど、こちらの期待以上の走りをしてくれたと思う。

特にL2最速10.8というのは当時の馬場を考えればかなり速く、この地点ではほぼ並んでいたからレースラップ通りとみてしまっていいと思う。高速馬場のスローでも最速で10秒台を引き出すのは簡単ではないからね。かなり高いレベルにある。1,2着どちらもダイワメジャー産駒なので早熟性が高く距離延長も含めてその辺がポイントだけど、トップスピード戦ならかなりやれるんじゃないかな。1600だとメンツが揃えばもっとペースが上がってくるし、最終的にはワンターンの1800で良さが出てきそうな気もするね。TS持続ではアドマイヤマーズに見劣ったし、やっぱり前受けしてほしいね。1800辺りで積極的に先行、ある程度のペースから一足で出し抜く、というイメージで良いと思う。

3着09ハッピーアワー(秋山)

出遅れて最後方からの競馬になってしまう。そこからは武豊のヤマニンマヒアを目標に外から3角へ入っていく。3~4角でもヤマニンマヒアの後ろを狙いながらしっかりと勢いをつけて直線へ。序盤でまだ仕掛けを待ちつつも追い出されると伸びきれない2列目勢に並びかけてくる。L1でさらにそこから伸びて単独の3番手、あとは前をどこまで詰めるかだがメイショウショウブとは2馬身半差までの3着。

L1で5馬身ぐらいは離れていたと思うんだが、そこから2馬身弱ぐらいは詰めてきた。L2の地点ではそこまで差を詰めてないけど、TS持続は結構高いレベルで見せてきたと思う。少なくとも前にいたヤマニンマヒアと比べて2馬身差はつけているので後方か明確に伸びてきたといえる。出遅れが無ければ…というのもあるけど、逆に後半特化にシフトしきってこういう競馬ができたのは長い目で見れば収穫だと思う。今の馬場で絶対的に上がり33.6で上がってくるのはそう簡単ではないからね。L1まで伸びてきていたし、距離に関してはもう少し長くてもよさそう。1400で流れてもやれていたけど、後半型にシフトするにつれてパフォーマンスを上げてきていると思うし、この感じならきさらぎ賞とかはかみ合いそうな気がするけどね。面白い3着だったと思う。

4着08ダノンジャスティス(川田)

まずまずのスタート、そこから内の各馬を行かせながらはいいが、ちょっと下がりすぎた感じで中団の外。そこからドスローだったのもあり、道中じわっと押し上げながら3角へ。3~4角では2列目の外には付けていてメイショウショウブの外から軽くアクションがあったが反応薄区、少し離されて直線。序盤で追い出されるがいまいち伸びず、3番手には上がったが…L1で甘くなって完敗の4着だった。

ん~まあ一つ言えるのは新潟の新馬戦では器用さは見せていたけど10秒台に入ったとか、質的なレベルで高かったわけではない。何よりあの時の新潟は超高速馬場だったからね。今回の淀みたいにある程度時計が掛かっている状況で10秒台の脚を要求されたときに、普通にキレ負けしていた感じはある。この分だと力の要る馬場が合わない可能性も考えたほうがいいと思うね。

それと、L1が甘くなったのでこの辺からもマイルは長いかも。もちろん全体で流れてパフォーマンスを上げてくれば違うんだけど、現時点ではまだ決め手の絶対量で勝負できるレベルにはないと思う。少なくともTS持続は完敗だったからね。過剰人気していた感はある。

5着04ドナウデルタ(モレイラ)

やや出負け、そこから無理せずに中団馬群の後ろで壁を作りながら進めていく。3~4角でも中団馬群の中目で進めていたが、加速していく過程となる4角で置かれて下がって最後方。そこから直線じりじりと伸び続け、L1で内目からそれなりに脚を使ったが最後はダノンジャスティスとの接戦の末5着まで。

色んな要素がちょっとずつ足りなかった結果だと思う。まずゲートで後手、3~4角で前が向けない状況だが加速に苦労して置かれる。L1でハッピーアワーほどには伸びきれなかった。どこかが決定的に悪いわけではないんだけど、敢えて言えばやっぱり加速性能が低かったのは痛かったかな。今の段階では全体で流れて単調な競馬の方がいいと思う。距離もL1でいまいちだったしマイルがいいともいえないね。1400m路線で力をつけてきてからかな。スローだとマイルでは決め手で足りないし、要所でも動けないって感じだから中山マイルで長れた時ぐらいに狙えるぐらいかな。

6着01ヤマニンマヒア(武豊)

出負けして後方に下がってしまったので後方外から進めていく。3~4角でも武豊らしく後方外から促しながら後方で直線に入ってくる。序盤で2列目勢に加わる脚は見せたがそこからのインパクトはなく3頭の4着争いで見劣っての6着完敗。

まあ、新馬の段階でL1ではアドマイヤマーズに少し離されていたのであれより後ろからの競馬では難しい中、出負けして3F戦で3~4角外々では使える脚が短いこの馬では難しい、という感じ。それにアドマイヤマーズは成長していて、こちらは追い切り面で目立たなかったからね。物足りない6着で、しばらく様子を見たほうがいい。前で勝負したい馬なんだけどゲートが安定しないしね…。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

 

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。

 

因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、

 

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

 

どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!

 

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋


重賞予想解説者:北条直人

 

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

 

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 

 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。