競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

武蔵野ステークス 2018 予想:本命12クルーガー

time 2018/11/09

武蔵野ステークス2018の予想

東京11R ダ1600m
馬場想定:良~稍、やや高速ダート想定

展開予想

はっきりとした逃げ馬が不在ではあるが、一応ルグランフリソンとナムラミラクルがハナを主張していく可能性が高い。ナムラは飛ばしても良いと思うが、スローでもやれる馬なのでルメールがどういう競馬を展開していくか次第。ルグランは逆に飛ばしにくいし、ハナに拘るタイプでもないので様子を見ながら控える選択肢も。

この次の先行勢が微妙なところでラインシュナイダーは外の2頭を行かせながら2列目ポケットぐらいを狙いそう。内のマイネルオフィールは芝スタートはそこまで速くないので1600だと2列目をとれるかどうか微妙なところ。外からはこのメンツならインカンテーションがじわっと上がってこれるかな。ストロングバローズやモルトベーネ辺りもある程度前。ただペースはそんなに上がってこないんじゃないかなと思う。47.5-48.0ぐらいのイメージで入りたい。雨が残りそうで良馬場でも脚抜きの良いやや高速ぐらいを想定で、3~4角で中弛み気味になるかな。

予想

◎12クルーガー
○16インカンテーション
▲06ラインシュナイダー
△07ユラノト
△15ウェスタールンド
×10ナムラミラクル11グレンツェント
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎クルーガー

ちょっと攻めた。インカンは放牧先での筋肉痛等、中間の過程が良くないようなのと、サンライズノヴァは最悪の内枠を引き当ててしまったこと。ウェスタールンドはやっぱり芝スタートでもろに二の足がつかなかった。穴馬も狙いたい馬は多いんだが、本命にするまでは…と考えると初ダートとしては条件最高で狙う価値が出てきたクルーガーを本命にした。

ダートは2歳時にアポロケンタッキーに勝ってはいるけど、ほとんど未知数として考える。そのうえで個人的には富士Sの内容がいいと思う。東京マイルで不良馬場だが極端に悪化していたというほどではなく47.8-47.0とややスロー、12.2 – 12.0 – 11.2 – 11.2 – 12.6と中弛みからの再加速だがL1で消耗、という流れの中でイスラボニータの後ろからしぶとく最後まで脚を使っての3着。

力の要る馬場が合う馬だし、血統的にもキンカメの仔。母父はディクタットでウォーニングとスプリント寄りの系統だがこの馬自身はマイル~1800で良さが出ている。エンジンがかかってからがいいタイプだし、前走の富士Sは超高速馬場で45.9-45.8と淀みなく前後半で45秒台と質的に高いレベルの基礎スピードを要求されて先行して甘くなったが悪くないないよづあったと思う。

そして何より条件がいい。久々のダートだが芝スタート、そして今回は先行勢がそこまで強力に飛ばすタイプはいないのでペースが落ち着く可能性も高い。そして外枠でインカンテーションをある程度意識しながら入れる条件。更に今はマイル路線が各路線の中で一番ハイレベルだと思っているので、その点も踏まえて不安がある有力馬が多いここなら思い切って狙っても良いかな。

○インカンテーション

相手はインカンにした。というか、まともなら本命で良いとは思っている。外枠でそんなに飛ばす馬もいないしこの条件なら前目をとるのはそう苦労しないだろうからね。そうすれば武蔵野S勝ちみたいに47.2-48.3とある程度ハイでも12.2 – 12.7 – 12.0 – 11.6 – 11.9と中弛みからのL2最速戦で番手からしっかりと抜け出した。まあサンライズソアが少しかみ合わない中での競馬になったのでそこは恵まれた面もあるが、それでもここに入れば要所の反応やトップスピードの質・持続力、ポジショニングといった総合力を考えれば素直に一番だと思う。あとは休み明け、それも筋肉痛で南部杯回避という一頓挫あったことをどう考えるかかな。追い切りは最近はいつもあんな感じなのであれだけでは何とも言えないし…。

▲ラインシュナイダー

大穴でこの馬を推奨。まず、この馬の評価として基本的に基礎スピード面をあまり高いレベルで問われないほうがいい、という所にある。1400は個人的にはちょっと短いと思っていて、道中息が入ればいいけど、例えば前走のグリーンCCみたいに34.7-36.9とダートスタートで超ハイの流れを前目でとなるとオーバーペースになってしまう。2走前のポラリスSも同様。

この馬の良いところは息が入ってからの再加速でこそ。ベストバウトは薫風Sで47.2-48.3とややハイから12.2 – 12.5 – 11.9 – 11.6 – 12.3と中弛みでの再加速でL2最速11.6と速いラップを踏んで粘り切った。相手のヒデノインペリアルも出し抜き型で中弛みでの戦いが得意だったがこれをL1で振り払ってリードを広げた。なお、この時の3着がイーグルフェザー、4着がクインズサターン、5着がレッドオルバースでハイレベル戦を疑う余地はない。

基礎スピードもある程度は持っているけど、レースを支配して中盤をコントロールする形が理想。逃げることも可能なメンツだし、仮に逃げられなくともこのメンツで枠の並びならナムラミラクルを目標に入ることは難しくないと思う。祐一なら目標を作って入ると思うので前の2頭を見ながら2列目ポケットを取れればかなり熱いんじゃないかな。追い切りは良化、前走が悪かったというのもあるけどペースも最悪に近かったと思う。東京マイルはおそらくベスト条件で、ペースが淡々と進むと微妙だが、脚抜きの良い馬場で前中盤でしっかりと脚を残せる競馬になれば後半加速で勝負になると思う。

△ユラノト

休み明けだが追い切りは良かったと思う。2走前の麦秋Sが東京1400で35.2-36.4とかなりのハイからの11.9 – 12.3 – 12.2 – 12.0 – 12.2とL2再加速で3列目の内内から狭いところを通して伸びてきた。アンタレスSでは47.9-49.6と不良馬場でタイトな流れ、12.3 – 12.0 – 12.3 – 12.3 – 13.0とL4最速で3~4角で勝ちにいく脚は鋭かったがL1で甘くなった感じ。前走のマリーンSでは極端なハイでの消耗戦だったがハイランドピークを撃破している。今の充実度、追切面を重視で。

△ウェスタールンド

悩んだけど外枠を引けたこととそこまでペースが上がらないので途中で取り付ける、馬群がそこまで広がらない中で外を確保できそう、という点でこちらは連下で狙うことにした。前走のシリウスSでは不良馬場で60.4-61.1と平均、12.2 – 12.3 – 12.3 – 12.2 – 11.9 – 12.4と6F勝負からL2で前がもう一段加速という中で後方から3~4角で内内を立ち回って押し上げて直線鋭く。ただし、3~4角の段階でペースは結構上がっていたのでスピードに乗っていたというのもあるしタイトに進めてロスも少なかった。L1で鋭く伸びてきた点は評価できるけど、押し上げるタイミングとコースが噛み合ったのもある。何より芝スタートでかなり置かれていたからね。そこはやはり不安材料になる。あとはオドノヒューが最後方付近からどこまでリカバーの意識を持てるか未知数だったのもあるかな。

×ナムラミラクル

ここは楽に先行できるけど、本質的には基礎スピードを活かした方がいいのかなという感はある。BSN賞でスローから12.3 – 12.2 – 12.6 – 11.6 – 12.5とL2最速ですっと反応してサルサディオーネと一緒に2列目以降を離したのは立派だけどL1が結構落ちている。本当に良い脚は一瞬な感じはするし、変にペースを落ち着けて決め手勝負になってしまうとL1で甘くなって差し込まれるリスクは結構あるんじゃないかと。4走前の夏至Sも強いんだけど、レッドオルバースとの比較で考えたときに、面白い馬も結構いたというのはあるかな。前目でコントロールしての出し抜きもある程度できるけど、ワンパンチ足りなくなる可能性が高いとみてこの評価に落ち着けた。

×グレンツェント

最後の一枠で悩んだんだけど、サンライズノヴァはやっぱり内枠だとどうしても外に出していくという作業が必要なんだが外から内に切り込んでくる馬が多いし、ペースもそんなに上がらなければ縦長にならずに下げ切らないとスペースを作っていけないリスクもあると。グレンツェントは基本的には後半型の馬である程度トップスピード面を見せてきている馬。前半無理せず中弛みで取り付いてくれば少し怖さはあるかな。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

 

 最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。
 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。

 

で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。

 

使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。

 

3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。

 

因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、

 

結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着

 

どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!

 

この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋


重賞予想解説者:北条直人

 

6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、

 

この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓
コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

 

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

 

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

 

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、
3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。

 

https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 

さらに、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。

 

 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。

 

 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。
※全レースの指数を見放題できるコラボ放題プラン(月額1,980円)もあります。

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。