競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

菊花賞 2018 出走予定馬:エタリオウ&M.デムーロ騎手確定

time 2018/10/19

菊花賞 2018 出走予定馬:エタリオウ&M.デムーロ騎手確定

第79回 菊花賞(GI)出走予定馬展望

日程:2018年10月21日()
コース:京都芝外3000m

予想用・出走予定馬一覧

エタリオウ(M.デムーロ騎手確定)

最強の1勝馬候補…青葉賞、神戸新聞杯で2着、日本ダービーでも4着と末脚は世代屈指のエタリオウが菊花賞に出走予定だ。主な勝ち鞍は2歳未勝利ながらも今回は上位人気間違いなし、なぜか勝ち切れないもどかしさをこの菊の大舞台で見事に払拭出来るか。

枠が発表されて9番枠…一見して悪くなさそうな枠なんだけど、内の先行勢が多く、そのスペースを内の差し馬勢が取りに行くし、ましてブラストが要る以上その後ろを狙っていく馬も多い。そうなると内は拾いにくいしそもそもタイプ的に…となる。かといって外から先行勢が切り込んでくると、個人的に最序盤のポジショニングはかなり怪しくなったかなと。あとは1角~3角までの中弛みタイムでどこまで動けるか。そして動いて脚が削がれないのかどうか…が今回怪しいかなと思っている。

神戸新聞杯(GII)2着

阪神芝外2400m良 10頭2枠2番
2:25.7(+0.1) 61.9-58.7 S^3
13.0-11.2-12.5-12.5-12.7-12.5-12.5-12.3-11.8-11.2-11.3-12.1

前走の神戸新聞杯2着から振り返る。今のところはこれがベストバウトで、ワグネリアン相手にしっかりと外から脚を使ってのもの。良だが雨が残っていて全体でみても標準馬場ぐらい。ペースは3.2で超スロー、そこからのL3最速11.2だが4Fである程度分散されていて最速ラップはさほど速くない。TS持続特化。

2番枠からまずまずのスタートを切ったが狭くなったので控えてという感じで一気に下がり切って最後方となる。道中も最後方で進めて最序盤は縦長も徐々に馬群が凝縮していく中でも最後方で3角に入っていく。3~4角でエポカドーロが先に動く中で中目で追走しながら、4角でも中目で我慢して直線で外。序盤でエポカドーロの後ろからだが反応が鈍くジリジリで後方から徐々に伸び始める。L1で中団列を切り裂いてL1までしぶとく伸びてきたが決定的というほどではなく、何とかメイショウテッコンは交わして半馬身差の2着。

もちろんワグネリアンとの比較でみて強かったなとは思っているが、神戸新聞杯はもともと追い込み馬でも届きやすいレース。TS持続特化になったし下り坂で勢いをつけて最後まで出し切りやすい競馬になった。その結果L1で前が11.8と落ちたところでこちらはほとんど落とさず差し込んできたという形だろう。ただ、L2も途中まではまだ伸び始めていなかったし、速いラップを要求されたところではなくL1の減速、TS持続でのバテ差しでしかなかったので、阪神外2400がかみ合ったという見方もできる。

日本ダービー(GI)4着

東京芝2400m良 18頭7枠14番
2:23.8(+0.2) 60.8-58.3 S^2
12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

2走前の日本ダービーでもTS持続で強烈な脚を使ってきた。ここでも2.5と超スローに肉薄するレベル、そこからのL3最速タイ。出し切りやすい競馬にはなっている。

14番枠から出負けして無理はせずに後方馬群の後ろ目で進めていく。道中も後方馬群の中で折り合いを意識しながら後方で我慢。3~4角でも後方馬群の中目でじっとして直線でスペースを拾っていく。序盤で中団まで押し上げL2で外に誘導、そのままラストまで好位列からしぶとく伸びて3着争いまで急追するがそこはわずかに及ばなかった。

ここではTS持続に特化する競馬をしたし、3~4角でも我慢して直線勝負にかけた分だけかなりインパクトのある足を見せてきた。ただし、厳しいことを言えばここまで直線まで我慢したからこそ引き出せたというのもある。神戸新聞杯でも直線まで待って直線でL1しぶとく。なので突き詰めれば後半特化を極めて来た馬ともいえるし、トップスピードの質をできるだけ高めて底での質で勝負するのではなく惰性のTS持続で勝負するというイメージだ。もちろんそこでワグネリアン相手にある程度やれているし、そのワグネリアンがいないならというのは成り立つが、菊花賞で分散して速いラップが全く要求されなかった時にどうなるかだろう。

梅花賞(5下)2着

京都芝外2400m良 9頭7枠7番
2:28.9(+0.0) 61.0-61.1 M
12.7-11.1-11.1-12.9-13.2-13.4-13.4-13.4-12.7-11.8-11.6-11.6

5走前の梅花賞ではメイショウテッコンに逃げ切られた。この時がそんなに速いラップを要求されなかったわけで、全体で平均、とはいえ中盤緩みがあってそこからの再加速で3F勝負。メイショウテッコンも落としていないとはいえ捕え切れなかった。

7番枠から出負けして最後方からの競馬となってしまう。道中も置かれた1頭を除いて最後方で進めて3角。3~4角でも後方外から徐々に促しながら出口で外から動こうとするが反応イマイチで直線。序盤で一気に伸びてきてL1で突き抜けそうな手ごたえ。しかしL1まで粘るメイショウテッコンに対して決定的に差を詰めるもハナ差及ばなかった。

ここはレベルが高かったとは思うし、力の要る馬場で後方外からしっかりと長く脚を使えたともいえる。ただ、L2-1とメイショウがラップを全く落としていない中で、L2では5馬身あった差を一気に1馬身半まで、つまり3馬身半差詰めている。L1ではその1馬身半差を詰め切れなかった。これがレースラップ的にはL2もL1も同じ11.6という中でのこと。つまりこの馬自身はL2最速でL1は落としているということになる。もちろんそれでも11.6よりは速いんだが、案外使える脚は一瞬タイプの可能性が高く、今回は3F勝負なので良かったが、これが4~5Fのロンスパになった時にコーナーで速いラップを踏まれて外から押し上げたときにそこで脚を使ってしまわないかどうか。

菊花賞2018への展望

仮に府中の2400mでの戦いならもちろん勝負に加わってくる可能性が高い。ただし、今回は少し力が要る馬場でトップスピードを恐らく要求されない菊花賞の舞台となる。この馬はここ2走で大幅にパフォーマンスを上げているが、その要因がドスローの中で自信でさらに後ろから競馬を進めて後半特化に持ち込むこと。それによって後半のTS持続を最大限に高めてきた印象。この2走はどちらもコーナーで無理をしていないのが特徴だ。一方で青葉賞にせよ、ゆきやなぎ賞にせよ早めに勝ちに行くとL1が明確に甘くなっている。個人的にはこれが凄く引っかかる要素で、京都の3000だとトップスピードの持続力ではなく11秒半ば~後半を長く維持できるかどうか、というのが問われる…いわゆるポテンシャル面を強く問われる。この馬の場合は脚を残すだけ残して最大速度を高めてトップスピードに乗った状態を維持するのが上手い印象。一方で梅花賞では後方から中弛みで取り付いての3F勝負でも力の要る馬場でL2の地点の切れは目立ったがL1では少し甘くなった。これが3F戦だから目立たなかったが4Fで、しかもコーナーで速いラップを要求されて外から追走となった時には果たしてL1まで脚が持つだろうか?という心配は当然出てくると。これをクリアしてこれるかどうかが最大のポイントで、意外と能力面よりも適性面の不安が大きいと思っている。今年は天気も悪くなさそうでおそらく良馬場。極端に後ろから直線勝負では分が悪いので、これまでなかなか結果が出なかった早め仕掛けを要求されることになると思う。そうなったときに…どうか。現時点では単純なパフォーマンスだけならトップクラスだがそれはかなり限定された条件だし、ここ2走は同じような競馬になったのも高いレベルで好走できた要因だと思う。菊花賞で、しかも京都の長丁場があまり得意ではないミルコ・デムーロが果たしてどう乗ってくるか…。現時点では拾うか消すかで悩んでいるレベル。

―――――――――――――――――――――――――
この春のダービーも!【馬連7950円的中
先日の神戸新聞杯も!【3連単1万0650円的中
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

菊花賞も人気通りにはまず決まらない!!

この舞台だから狙える意外な超穴馬を今すぐ無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の【秋華賞】も難なく完全的中!≫

この秋も毎週超穴馬が激走で『万馬券的中』多数!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R 10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R  8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R  7万2530円的中!
■10月13日京都11R  3万9300円的中!
■10月14日新潟 5R  3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R  3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R  3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R  3万0020円的中!
■ 9月22日中山 2R  2万8530円的中!
■ 9月 9日中山 6R  2万5380円的中!
■ 9月16日中山11R  2万0860円的中!
■10月14日新潟12R  2万0340円的中!

≪≪その他的中多数!≫≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼▼▼菊花賞の超穴馬はこれだ!▼▼▼
┌───────────────────────┐
昨年は1→10→13人気の決着で55万馬券!
今年も人気通りにはまず決まらない!!
└───────────────────────┘
ブラストワンピース相手でも馬連想定50倍以上!

【菊花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。