競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

菊花賞 2018 出走予定馬:フィエールマン&ルメール騎手確定

time 2018/10/18

菊花賞 2018 出走予定馬:フィエールマン&ルメール騎手確定

第79回 菊花賞(GI)出走予定馬展望

日程:2018年10月21日()
コース:京都芝外3000m

予想用・出走予定馬一覧

フィエールマン(ルメール騎手確定)

1800mで3戦2勝、ラジオNIKKEI賞でも2着とパーフェクト連対をキープしているフィエールマンが菊花賞に出走予定だ。距離が1200mも延びるという中でも前哨戦を全く使わずぶっつけで菊花賞に臨んできた。リーディングぶっちぎりのルメールを背に、この馬の潜在能力を完全に引き出すことができるか。

流石にこのレベルまでくると3000mへの延長は不安。もちろんラジオNIKKEI賞はまずまず強かったと思うし、山藤賞も底をみせず強い競馬だが相手は楽。ポテンシャル面をどこまで持っているかも未知数なのでなかなか狙うのは簡単ではないかな。

<PR>ダービーJ大西直宏元騎手の菊花賞予想はこちら↓

新馬戦1着

東京芝1800m良 16頭8枠16番
1:51.3 50.9-47.2 S^4
12.9-11.6-12.9-13.5-13.2-12.8-11.5-11.4-11.5

3戦しかないので順を追って新馬戦から振り返る。1月開催の東京1800m戦で開幕週。良馬場だが稍重から回復、ダートは不良だったので影響は結構あったがそれでも標準~やや高速ぐらいの馬場だったと思う。ペースは3.7で超超スロー、そこから3F戦としては少しラップが平凡だった。

16番枠から出負けして後方からの競馬となってしまう。ただ、序盤のドスローの段階で押して押してポジションを上げて番手につけてそこからは折り合わせる。3~4角でも番手外の位置で前を泳がせながら仕掛けを待って直線。序盤で追い出しを待ちつつだが追い出されてからの反応も決して良くなくてじりじりと先頭に立つという感じ。L1でもしぶとく踏ん張っていたが内からの強襲もあって何とか退けたという感じ。

ドスローの段階で出遅れをリカバーするポジショニング、そこからの後半4Fも12.8-11.5-11.4-11.5という感じではっきり言って目立たない。L1も踏ん張ったともいえるが2,3着馬は勝ち上がれてもいないからね。かなり低調な一戦だったと思っている。なのでこの一戦はあまり評価できない。同日のセントポーリア賞との比較でみても明確に後半のトップスピード戦として見劣るからね。この時点ではまだまだ成長してこないと…という感じ 。

山藤賞(5下)1着

中山芝内1800m良 11頭7枠9番
1:48.1 49.3-46.6 S^3
12.9-11.9-12.0-12.5-12.2-11.9-11.7-11.6-11.4

2走前の山藤賞ではL1で11.4と底をみせずに長く脚を使って突き抜けた。2戦目でパフォーマンスを上げてきたかなという感じはあるかな。ペースは2.7で超スロー、そこからの4F戦気味だがL1が最速ラップとなった。

9番枠から出遅れて最後方からの競馬となる。道中も後方2番手で進めながら向こう正面でじわっと押し上げつつ後方外で3角。3~4角でも外々から徐々にポジションを押し上げながら2列目に取り付いて直線。序盤で外からじりじりと伸びるとL1の坂の上りでグンと来て最後まで後続を寄せ付けずの完勝。

ここは新馬戦と比べると数段パフォーマンスを上げてきたと思っている。馬場も標準ぐらい、そこでL1まで長く脚を使ってレースラップ的に加速で終えた。ジリっぽいけど最後まで長くポテンシャルを引き出して底をみせなかったし、この一戦は3000まではどうかにせよ、ある程度長距離適性で目途を立ててきているとは思う。ただゲートがかなり下手だなとは思う。坂スタートだったけど新馬も出遅れたしね。

ラジオNIKKEI賞(GIII)2着

福島芝1800m良 13頭5枠6番
1:46.2(+0.1) 46.3-47.4 H^1
12.2-10.4-11.6-12.1-12.4-12.3-11.9-11.6-11.6

これまで厳しい流れの経験がなかったが、ラジオNIKKEI賞で高いレベルで対応してきた。ペースは1.1でややハイ。前半は流れて中盤の中弛みからの後半加速していくという流れになったので、後ろからになったのは結果的に良かったかもとは思うがそれでもL1で結構良い脚を使ったからね。

6番枠から出負けして最後方近くから進めていくが、後方馬群の中に入り込んで序盤は何とかポジションをとって進めていく。道中も前がかなり引っ張る中で後方外目で進めながら中弛みでじわっと取り付く。ただし3~4角では少し置かれるような感じで最後方で外目を回して直線では絶望的。しかしそこから強烈な脚を披露して一気に外から猛然と伸びてきてメイショウに迫るも決定的なところまではいかず、半馬身差の勝利だった。

このインパクトは結構大きくて、この流れの中で最後方近くで脚を残せたとはいえ3~4角で加速していく過程で置かれて直線地点では11.6とメイショウテッコンもまとめている中でのL1の伸びだからね。出し切れなかったのは間違いないし、3~4角で動けなかった、ゲートが拙かったというような総合的な面で弱点がはっきりしているんだけど、素材は良いものを持っている。またこの競馬なら中距離的な競馬になっても問題ないなという競馬だし、ここ3走のベストバウトはこのレースになるかな。ただし、もちろんだが総合的にみるとレースを支配してL1まで落とさなかったメイショウテッコンに負けたというのも確かだし、メイショウテッコンにはこの馬にない武器を持っているというところは考えないといけないと。

菊花賞2018への展望

距離は2400ぐらいなら楽しめそうだなとは思ってみていたが、流石に一気に3000に延びるとなると不安は尽きない。ポテンシャル面で2走前の山藤賞の内容がいいので、ある程度やれてもと思うがレベルは高くはない。ベストバウトは前走のラジニケ賞で、メイショウテッコンに迫ったけどメイショウも中盤でかなり緩めたのはあるし、落としていないからね。こちらも強かったけど3~4角で動けなかったしやはり不器用さが目立つ。本当は菊花賞でもロンスパで3~4角で内内を立ち回れれば怖いかな、という気持ちを持っているがこの不器用さが内からの差し込み、という点でもネックになってきそう。3~4角で加速の段階で置かれてしまう不安がある、外から動いていってまとめてとなるにはここはレベルが一気に上がるので不安が大きい。一番はゲートがへたくそだからね。12番枠を引けたし内に先行勢が揃ったのでうまく中団内のスペースまで押し上げることができれば、というのもあるが陣営は出たなりでという感じのコメント。この辺を踏まえると後ろから3~4角で置かれてしまうと直線伸びてきても圏内まで突っ込めるかどうか。グレイル辺りとの比較になるけど、人気がそんなに変わらないなら枠も含めてまずグレイルを上位に取りたい。素材の魅力はあるけど、まだ粗削り。3000もこなせる可能性はあるけど1200mの延長で他より不安があるのも事実。その中でそこそこ人気するなら手を出すかどうかは微妙なラインかな。

―――――――――――――――――――――――――
この春のダービーも!【馬連7950円的中
先日の神戸新聞杯も!【3連単1万0650円的中
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

菊花賞も人気通りにはまず決まらない!!

この舞台だから狙える意外な超穴馬を今すぐ無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の【秋華賞】も難なく完全的中!≫

この秋も毎週超穴馬が激走で『万馬券的中』多数!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R 10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R  8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R  7万2530円的中!
■10月13日京都11R  3万9300円的中!
■10月14日新潟 5R  3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R  3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R  3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R  3万0020円的中!
■ 9月22日中山 2R  2万8530円的中!
■ 9月 9日中山 6R  2万5380円的中!
■ 9月16日中山11R  2万0860円的中!
■10月14日新潟12R  2万0340円的中!

≪≪その他的中多数!≫≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼▼▼菊花賞の超穴馬はこれだ!▼▼▼
┌───────────────────────┐
昨年は1→10→13人気の決着で55万馬券!
今年も人気通りにはまず決まらない!!
└───────────────────────┘
ブラストワンピース相手でも馬連想定50倍以上!

【菊花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

競馬をやって何が悪い。分析note…弥生賞から高松宮記念まで!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。