競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

菊花賞 2018 出走予定馬:コズミックフォース&浜中騎手想定

time 2018/10/17

菊花賞 2018 出走予定馬:コズミックフォース&浜中騎手想定

第79回 菊花賞(GI)出走予定馬展望

日程:2018年10月21日()
コース:京都芝外3000m

予想用・出走予定馬一覧

コズミックフォース(浜中騎手想定)

ダービートライアルのプリンシパルステークスで好位からしぶとくねじ伏せ、本番の日本ダービーでも3着の実績馬コズミックフォースが菊花賞に出走予定だ。だが、菊花賞トライアルのセントライト記念では7着と物足りない負け方となってしまった。そこからの巻き返しはあるか?

春までの内容は悪くなかったが、あまり速いラップを要求されないほうがいいのかなという感じはあった。ギアチェンジが問われたすみれ賞がかなりイマイチだったからね。ただ前走のセントライト記念は正直なんでこんなにダメだったのかちょっとわからない。夏を越しての成長がイマイチだったのかなあ。前走で菊花賞では軽視したほうがいいかなと感じた。

<PR>ダービーJ大西直宏元騎手の菊花賞予想はこちら↓

プリンシパルS(OP)1着

東京芝2000m良 14頭4枠6番
1:58.2 59.2-59.0 M
12.7-11.3-11.3-11.6-12.3-12.0-11.9-11.3-11.8-12.0

3走前のダービートライアル・プリンシパルSから振り返る。超高速馬場でペースは平均、そこからのL3最速で11.3とそこまで速いラップではない。ただこれは前3頭が結構途中から離していたこともあるし、恐らく後ろの馬はTS持続戦になっていると思う。前半の基礎スピードはある程度問われているが、長くトップスピードを維持できたかどうかが重要だったかな。

6番枠からまずまずのスタートからじわっと先行争いに入っていき、最終的には好位の外。道中も前が飛ばして縦長の流れの中で6番手で中団に近い位置で進めて3角。3~4角で前3頭が離している状況を離れた2列目で中目から捕まえに行く形で直線。序盤で下がってくる馬を拾って楽に2番手、L2の地点で堂々先頭に立つが外からイェッツト・ブレステイキングが襲い掛かる。ラストはブレスが決定的に差を詰めてくるが何とかしのいだ。

4角の段階では前を捕えに動いているし、しかもここで2列目の2頭分外なのでロスも結構あったと思う。その中で結構長くトップスピードを維持してきたなという印象は強いかな。瞬間的な切れ味はそうでもないが、長く脚を使って外から勝ちに行って勝ち切れたのは立派。2着のブレステイキングが普通にセントライト記念でも4着なので、ここでの競馬を見れば本来もうちょっとやれていい馬だったはず。

日本ダービー(GI)3着

東京芝2400m良 18頭4枠7番
2:23.8(+0.2) 60.8-58.3 S^2
12.7-11.0-12.3-12.4-12.4-12.3-12.2-12.0-11.7-11.2-11.2-12.2

2走前のダービーでもスローの段階でいい位置をとって、長くトップスピードを維持して強い競馬をしてみせた。ペースは2.5で超スローに肉薄レベル、そこからのL3最速タイでL4から11秒台。スローな分仕掛けが早いという競馬でTS持続特化戦を前目で粘ってきたという形。

7番枠からまずまずのスタートを切ってそこから外のエポカドーロを行かせて好位の外から2列目を意識。2角過ぎで2列目の外に落ち着く。道中もかなりのスローだが折り合って進めて3角。3~4角で外から勝ちに行く形で早めに勝負、エポカドーロを目標に半馬身さほどで直線。序盤で追い出されてしぶとく食らいつく。L2でもエポカドーロに脅威を与えるものの前には出られない。最後までこの差が詰まってこず、ワグネリアンにも交わされて3着争い接戦も何とか死守した。

ここでも前目からTS持続で粘る形だが、3~4角で2頭分のロスがあって最後までエポカドーロとの比較で食らいつけていたし、TS持続だけに限ればエポカドーロより若干上の可能性を示した。もちろんあの位置を取られているから明確に優位性を作れないと差せないわけで、そこまでの差はないということだが相手を考えれば立派。それでもブラストワンピースがまともならブラストには交わされていたとは思うし、トータルでみると若干トップレベルには足りなかったかなという感じ。それと早い段階で動いていたのはあるが、左回りの方が直線に入ってからの伸びがスムーズな感じはある。すみれSの負け方があまりにも不可解だったし。

セントライト記念(GII)7着

中山芝外2200m良 15頭3枠5番
2:12.9(+0.8) 60.9-59.2 S^2
12.4-10.9-12.3-12.4-12.9-12.0-11.5-11.2-11.6-12.3-12.6

前走のセントライト記念ではL4最速で後半のTS持続を出し切れる競馬になったと思うし、条件としては良かったと思うが…。1.7とかなりのスローでL4最速11.2。コーナー地点最速だが甘くなるのが早かったのは意外だった。

5番枠からまずまずのスタートを切って楽に先行争いに入っていくが様子を見ながら好位で進めていく。道中も好意の中目で折り合いながら仕掛けを待って3角へ。3~4角でタニノフランケルが速めの仕掛け、という中で好位内内でロスなく立ち回って4角で中目をとって直線。しかし序盤で上手く外をとったのだが手前を換えずにすぐに甘くなる。L1では手前を換えていたが下がってしまって完敗。

3~4角で長く脚を使う形になったのだが、ここで甘くなってしまったのは正直かなり意外だった。プリンシパルSでもダービーでも3~4角でペースが上がっていく中で外から勝ちに行ってもしぶとかったぐらいだからね。右回りが微妙というのも感じたが京成杯では伸びてきているし…。夏を経ての成長があまりなかったのか、ちょっと心配になる負け方。

菊花賞2018への展望

春の出来ならちょっと怖さはあるかなと思っていたが、前走のセントライト記念の内容が個人的には2段階ぐらい物足りないのでここでは狙いを下げたい。基本的にはTS持続で前目から踏ん張ってというイメージだが、京成杯ではポテンシャル面が後半で問われた中で後方から長く脚を使えていたし、ポテンシャル戦でもそれなりには対応できそうな感じはあった。なので菊花賞では印を回す当落線上にはいたんだけど、それがセントライト記念であれだけ甘くなってしまうとなるとちょっと不満が多いね。スローロンスパの形なので最後までジリジリで届かないレベルなら問題なかったがさすがにL2の段階で下がってしまうと不満。これで少なくともジェネラーレウーノを上に取る必要が出てきたし、ジェネラーレ自体も個人的には菊花賞では印的に当落線上ライン。なので春の実績は評価、前目から踏ん張る形での善戦は警戒も、前走の負け方が気に入らないので印は回さない予定だ。追い切りでよほど劇的に変わってくれば翻すかもしれないが、そうでなければ難しいかなと。

―――――――――――――――――――――――――
この春のダービーも!【馬連7950円的中
先日の神戸新聞杯も!【3連単1万0650円的中
―――――――――――――――――――――――――
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

菊花賞も人気通りにはまず決まらない!!

この舞台だから狙える意外な超穴馬を今すぐ無料で教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

≪先週の【秋華賞】も難なく完全的中!≫

この秋も毎週超穴馬が激走で『万馬券的中』多数!
―――――――――――――――――――――――
■10月 7日京都 6R 10万5080円的中!
■ 9月22日阪神 6R  8万1880円的中!
■ 9月15日中山 5R  7万2530円的中!
■10月13日京都11R  3万9300円的中!
■10月14日新潟 5R  3万6690円的中!
■ 9月29日阪神 5R  3万3840円的中!
■ 9月23日中山 7R  3万1640円的中!
■ 9月17日中山 6R  3万0020円的中!
■ 9月22日中山 2R  2万8530円的中!
■ 9月 9日中山 6R  2万5380円的中!
■ 9月16日中山11R  2万0860円的中!
■10月14日新潟12R  2万0340円的中!

≪≪その他的中多数!≫≫

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

▼▼▼菊花賞の超穴馬はこれだ!▼▼▼
┌───────────────────────┐
昨年は1→10→13人気の決着で55万馬券!
今年も人気通りにはまず決まらない!!
└───────────────────────┘
ブラストワンピース相手でも馬連想定50倍以上!

【菊花賞】の超穴馬を今すぐ教えます!

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。