競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

菊花賞 2018 出走予定馬:グロンディオーズ&モレイラ騎手想定

time 2018/10/17

菊花賞 2018 出走予定馬:グロンディオーズ&モレイラ騎手想定

第79回 菊花賞(GI)出走予定馬展望

日程:2018年10月21日()
コース:京都芝外3000m

予想用・出走予定馬一覧

グロンディオーズ(モレイラ騎手想定)

4戦していまだ複勝圏を外さず、信濃川ステークスで番手から強烈に抜け出してきたグロンディオーズが菊花賞に出走予定だ。鞍上にはJRA騎手一次試験で不合格となったモレイラ…傷心を埋めるのはGI勝利という結果のみ、不気味な人馬が牙を剥く。

血統だけ見ると3000適性は結構怖いなという感じ。ただでさえムスカテールやヒシマサルといった割と長距離色が強い馬が多い母系で、父が長距離色が強いルーラーシップだからね。その辺の怖さは確かにあるんだが…正直パフォーマンスとしてみると菊花賞で戦うにはちょっと足りないかな。

信濃川特別(10下)1着

新潟芝外2000m良 12頭5枠6番
1:58.3 60.8-57.5 S^3
13.1-11.3-11.6-12.3-12.5-12.5-11.7-11.1-10.7-11.5

まずは前走の信濃川特別勝ちから。ペースは3.3で超スロー、序盤のうちのポジショニングが重要でそこからの4F戦気味ではあるがL2最速10.7と速いラップを要求された。後半5F57.5はなかなかだが超高速馬場だったし前半がドスローではあったので難しいところ。

6番枠からやや出負けから押してリカバーしての先行策、2列目から進めていく。前半は3番手にいたが中盤以降で明確に緩んだのでそこでじわっと取り付いて3角までに番手外。3~4角で2列目の中目ぐらいで進める形で直線。序盤で反応はそこまでよくなくて最初はメルヴィンカズマの方が手ごたえが良かったがL2で徐々に伸びて半馬身に広げる。L1で突き放しての圧勝だった。

正直加速していく過程はそこまででもなくて、トップスピードに乗ってから減速していく地点で突き放しているからTS持続が一番高く評価できる内容だったかなと思う。それと、60.8と極端なスローのうちに良いポジションにリカバーできたのも大きかったし、ゲートがあまりうまくなかった中でルメールが上手く判断したのはあるので、このポジションを安定的に撮れるとは思わないほうがいいかな。内容的には準OPなら素材的に通用すると思うけど、エンジンのかかりが少し遅かったことはあるのでどちらかというとタフな競馬の方がよさそうな感じでその点で菊花賞は悪くない条件ではあると思う。

500万下1着

東京芝2400m良 8頭5枠5番
2:24.4 60.8-59.2 S^2
12.8-11.3-12.4-12.3-12.0-12.2-12.2-12.3-12.0-11.5-11.6-11.8

2走前の500万下戦は時計的にはなかなかではある。もちろん超高速馬場でペースは1.6とかなりのスロー、そこからのL3最速戦で割と出し切りやすい展開だったと思う。

5番枠からやや出負けして序盤は無理せず後方の内目で進めていく。道中も特に動きなく後方の内目で我慢、途中で前2頭がじわっと離していく形。3~4角で離れた2列目が捕えに行く形で後方馬群の中目でうまく捌いて中団に押し上げ直線でインを突く。序盤で勝ちに行ったリビーリングに対してなかなか差を詰められず、L2でも詰まってこないがL1でしぶとく伸びて1馬身半差ぐらいを捕えて3/4馬身差の完勝。

勝ったけど、3~4角の立ち回りが結構うまかったと思うし、4角で内に切り込んだことで上手くコーナーワークでポジションを上げられた感じ。そこからも抜け出したリビーリングの後ろで前にスペースを常に保てている理想的な状況だったからね。その割には伸び始めが遅くてL1でようやくという感じ。この馬自身はエンジンが掛かってからしぶとく長く良い脚を使えるけど瞬間的には足りないという感じ。その点でもステイヤー型の競馬といえばそうだろう。時計・ラップともなかなか優秀だけど、流石に翌日のダービーと比べると後半で1秒違うから結構差があるし、2着もリビーリングが強い競馬をしてのもので、そのリビーリングも九十九里特別で完敗している。あまり高く評価するのは危険かな。

500万下3着

中山芝内1800m良 11頭6枠7番
1:51.7(+0.1) 51.8-47.7 S^4
13.3-13.2-12.8-12.5-12.1-12.2-11.8-11.4-12.3

唯一の敗戦となる3走前の中山1800m500万下戦。ペースが極端に遅く前半が坂スタートの影響もあって遅い、中盤で少しペースが上がるもそこからL2で11.4ともう一段加速していくという競馬。もちろん速いラップをある程度問われたのはあるが、それでもL1が12.3とかなり落ちているわけで、これを差せなかったというのは少し物足りなさも残る。

7番枠から五分には出たというぐらい。無理はせずに後方外目で入っていく。1~2角中間地点ぐらいで少し前の馬とのスペースがなくなりブレーキがかかるが折り合い面はそんなに問題なく。その後も促して行く感じで向こう正面。3~4角でも促しながらだがかなり反応が鈍く4角で大外に持ち出して直線。序盤で追い出されての伸びが地味。L1では結構難しいところからようやく伸び始めるが決定的なところまでは行かず、3着まで。

内容としては向こう正面以降ルメールが終始押して押してという形で出し切るイメージを持っていたのだが、それでもエンジンのかかりが遅かった。L2の最速地点での伸びが地味でこの時点でほぼ絶望的な位置からL1は0.1差までには詰めているように最後のバテ差しは流石となる。これはここ3走一貫している良さでもあるが、やはりどのレースもL1でようやくという感じで加速していく過程が危ういのは確か。そしてレースレベルとしてみると菊花賞で戦うには物足りない、というのもある程度共通していると思う。

菊花賞2018への展望

適性面と血統的に面白いというのがいい意味で引っかかるところかな。逆に、ここ3走のレベルで考えるとここではちょっと足りない。まずいいところから、適性は菊花賞向きだと思う。どうみてもエンジンのかかりが悪い馬で、L1では底をみせず常に伸びてきている。菊花賞だと3角の下りからの仕掛けにはなりやすいので、その流れでスピードに乗せて良ければ直線ではしっかりとばて差しを活かせる。また血統的には母が長距離馬を多く輩出しているし、父は初年度から菊花賞馬を出したルーラーシップ。この辺からも京都の3000でというのは結構プラスに働く可能性が高いと思う。ただし、冷静にみてもここ3走はここに入るとレースレベルは物足りないし、時計・ラップ的にみてもまずまず評価できるがワンパンチ足りない。特に2走前の500万下戦はリビーリングがかなり強い競馬をしてのものだし、そこを上手く突けた。それでも伸び始めがL1だったからね。ダービーと比べてもラップ的には2段ぐらいは見劣る。前走の信濃川特別も結局良い位置をとれたのが大きいし、それもドスローで前半のうちに出負けをリカバーできたというのもある。この辺を踏まえると結構悩ましいところで3着ヒモで拾っても…とも思うし、微妙に穴人気するなら切るのも…という当落線上にいるかな。これまでのパフォーマンスだけなら他にも面白い馬が要るので悩まないけど、やっぱり血統的にも適性的にも3000が良さそうなんだよなあ…。悩ましい。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

馬券に人気は関係ない!

第79回 菊花賞(G1)
【万馬券ハンターの馬券指南】
ハンターが買う勝負馬を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万馬券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、万馬券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、『人気に左右されず馬の良し悪しを見分けること』です。

例えば、新聞紙にこれでもかというほど重い印が打たれていたり、単勝1倍台だったりすると、ついつい買ってしまいたくなるでしょう。

あるいは二桁人気だったり、単勝100倍を超えていたりというだけで消してしまったこともあるのではないでしょうか。

これこそが万馬券を効率的に狙う上では罠なのです。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】は、凄腕の万馬券ハンターと提携することで、人気に左右されず“情報力”だけで勝負しています。

▼最近も万馬券ハンターが
驚きの的中率を達成!▼

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『菊花賞(G1)』を始めとして、「どんなに悪くても5割は下らない的中率」と言われる“的中請負人”の勝負買い目を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目・見解はレース当日に【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

第79回 菊花賞(G1)
【万馬券ハンターの馬券指南】
3種勝負馬券を大公開!

【買うべき穴馬はコレ!】

━━━━━━━━━━━━━━━

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。