競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

秋華賞 2018 追い切り・調教評価:パイオニアバイオ、前肢を豪快に掻き込みパワフルに最後まで!

time 2018/10/11

秋華賞2018の追い切り・調教評価一覧

5/アーモンドアイ(ルメール)

10/10 美浦坂路良

49.737.0-24.7-12.5 外7 併走馬なり

力強く前肢を掻き込んでリズミカルに駆け抜け併走馬に併せてきた。ラストは減速気味のラップだが、それでも全体の時計が早いしそこそこ外を回しているからね。1週前の動きが抜群に良かったし、あとは輸送もあるのでこれぐらいでという感じ。それでもこれだけの時計でしっかりと最後まで力強く。良いでしょう。

4/オスカールビー(川須)

10/10 栗東坂路良

53.5-38.5-25.0-12.4 単走馬なり

前肢の動きはそこまで大きくないが、それでも最後まで力強くピッチを刻んでフットワークも変わらず、地味に加速ラップ。この馬の動きはできていると思うし雰囲気もまずまず。

4/オールフォーラヴ(幸)

10/10 栗東CW良

80.7-65.7-51.3-37.3-11.8 外6 単走終い強め

やや前肢の出が硬めだが全体を出しつつそとの馬に対して最後はしっかりと食らいつく感じに。動きの切れというのはあまり感じなかったが、時計面・ラップ的には優秀。まずまずかな。

4/カンタービレ(助手)

10/11 栗東CW良

83.9-67.2-51.6-37.5-12.2 外7 併走馬なり

コーナー地点でも前進を沈めていたし直線に入ってからも脚捌き素軽く併走馬を前に出させずという感じ。馬なりで気配も良かったし、終い重点でラップ的には平凡だけど動きは良く見せたかな。まずまず。

4/ゴージャスランチ(横山典)

10/10 美浦南W良

69.2-53.3-39.1-13.1 外9 併走馬なり

外を回して最後までしっかりとしたフットワーク。四肢の動きもゆったり目ながらも力強かったし、時計は平凡も雰囲気は悪くない。

3/サトノガーネット(浜中)

10/10 栗東坂路良

53.3-39.1-25.6-12.7 単走終い軽め

叩きつけるようなフットワークから手前を換えてもう一段のピッチ、というところまではいかなかったかなと。この馬のこれまでの内容から比べると悪くはないけど目立たなかった。

5/サヤカチャン(高倉)

10/11 栗東B良

81.8-66.5-51.1-37.2-11.9 外5 単走終い軽め

ダートのBコースを使ってきたが、思ったより前肢の伸びが良くしかも手先の返しが比較的軽い印象を受けた。ちょっと復調してきているんじゃないかなと。時計やラップはそこまででもないが警戒。

5/サラキア(助手)

10/10 栗東CW良

82.8-67.5-52.1-37.8-11.5 外9 単走終い軽め

終い重点だが全体でもそこそこ。大外を回して直線追い出されてからピッチを徐々に上げてきて最後は小刻みに動かしつつ加速してきた。動きの大きさは地味だが、四肢をパパっと動かしていたのは好感だし、前走時と比べても時計を詰めてラストもしっかりという内容で評価できる。

2/スカーレットカラー(助手)

10/11 栗東DP良

66.7-50.5-37.3-12.1 外6 併走馬なり

併走馬相手に楽に並びかけたがラップは正直平凡。馬なりではあるがそこまでスピード感を感じたわけでもないしポリは走りやすいのでもうちょっと目に見えて軽快さが欲しかったかな。ちょっと物足りん。

4/ダンサール(M.デムーロ)

10/10 栗東坂路良

52.7-38.8-25.8-13.0 単走馬なり

1週前にしっかりと時計を出しているし、直前も全体ではサッと出したが後半は無理せず。四肢の動きはしっかりとしていたし、前肢の掻き込みや手繰ってくるばねの感じも見せたので動きは普通に良かったかな。まずまず。

4/トーセンブレス(藤岡佑)

10/10 美浦南W良

54.0-39.3-13.0 外8 単走馬なり

チップではあまり時計を出さない馬なのでこんなもん。走りとしては前肢の伸びもまずまずだし全体的にまとまっていたと思う。気配はまずまずだと思うけどなあ。

6/パイオニアバイオ(柴田善)

10/10 美浦南W良 外

66.6-51.7-38.7-12.5 外7併走終い強め

力強く前肢を掻き込む感じでパワフルに走ってきて最後は結構加速した。やや頭が高めで馬力型のイメージではあるが最後までこのピッチを保ってきたし後肢の動きも結構大きかった。そんなにチップで走ってくる馬でもないからこの変化はかなり大きいかな。

4/ハーレムライン(大野)

10/10 美浦坂路良

55.3-40.4-25.7-12.5 外7 単走終い軽め

終い重点で軽く追われて力強く前肢を伸ばして掻き込む、という感じで最後まで良かった。ラップ的には終い重点で加速もそれなりに、という感じだし水準ぐらいだと思っているが、動きの迫力で少しプラス。

5/プリモシーン(北村宏)

10/10 美浦南W良

52.5-37.912.2 外5 併走終い軽め

短め、内目を通して直線だけなのでそこは割り引くも、軽く促されて外の併走馬に楽に取りついてそこからはしっかりと併せることを優先したという感じ。もっといけそうな感じではあったし、四肢の捌きもなかなか鋭かった。ラップ的には南Wでは一番だが前述の通り少し楽ではあったので外目、全体で出したパイオニアバイオの方を評価した。

6/ミッキーチャーム(川田)

10/10 栗東CW良

82.6-66.9-51.0-37.4-11.4 外8 単走終い軽め

四肢の回転力が良く後肢のバネを感じる走り。しっかりと加速して早いラップをラストで刻んできたし、これまでのチップの動きを見ても一番のラップかな。上昇は間違いないと思う。

4/ラッキーライラック(助手)

10/10 栗東CW良

82.2-65.7-51.7-38.5-11.9 外7 併走馬なり

1週前はハードに、直前は軽くという感じで馬なりでこれを出してきた辺りは流石。前肢の伸びもしっかりと見せていたし、力強いフットワークで最後まで楽にという感じで決して不安はないかな。1週前の時計もなかなかだったけど、映像で見た今回の方がラップは地味でも上がってきている感はある。まずまずの出来にはあると思うけど。

3/ラテュロス(秋山)

10/10 栗東坂路良

55.9-40.6-26.1-12.7 併走終い軽め

終いだけという感じで最後に促されて少しピッチを上げてしっかりと加速はした。ただまあいつも通りという感じだし、あまりチップで動かないタイプだけど、かといって目立つ動きでもなかった。及第点。

5/ランドネ(助手)

10/10 栗東坂路良

51.9-37.7-24.5-12.0 単走一杯

前回時も坂路でハードに追われてよかったが、今回時計が少し出やすかったにせよさらに時計面・ラップ的にも詰めてきた。特に12.5-12.0としっかりと加速ラップをこの時計で出せたのは評価したい。良かったと思う。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。今年の3歳牝馬クラシックは桜花賞・オークスいずれも的中!秋華賞TR紫苑Sも3連単160.7倍を本線で80,350円回収のクリーンヒット!3歳牝馬の力関係は完全に掴めているようで、秋華賞も自信ありとのこと。G1レースは何度も騎乗し、特有の騎手心理が分かっているため予想もしやすいという。
 大西騎手曰く、、「秋華賞はアーモンドアイがいても万馬券が狙えます。絞りに絞ってこの3頭を買うべき!↓↓
「その3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
秋華賞(G1)
「アーモンドアイに迫れる穴馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
得意の牝馬重賞で
高配当続々お届け中!
 

ヴィクトリアマイル2018
穴レッドアヴァンセ 8,850円的中
——————
京都牝馬ステークス2018
穴エスティタート 10,260円的中
——————
秋華賞2017
穴モズカッチャン14,760円的中
——————
ファンタジーステークス2017
穴ベルーガ連単17,980円的中

今年の秋華賞はこの3頭でOK
↓↓↓↓↓↓

 

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。