競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

秋華賞 2018 出走予定馬:ダンサール&M.デムーロ騎手確定

time 2018/10/11

秋華賞 2018 出走予定馬:ダンサール&M.デムーロ騎手確定

第23回 秋華賞(GI)出走予定馬展望

日程:2018年10月14日()
コース:京都芝内2000m

予想用・出走予定馬一覧

ダンサール(M.デムーロ騎手確定)

4/8の抽選を潜り抜けた2勝馬ダンサールが秋華賞に出走予定だ。2月に新馬勝ちも春クラシックには間に合わず、夏に力をつけてここまで何とかたどり着いた。遅れ馳せながらも牝馬三冠最後のレース、あっと驚く快走で3冠達成劇をぶち壊しにすることができるか。

楽しみはあるとも思うが、個人的にはもうちょっと距離が欲しいかもしれん、と感じる。前走で1秒近くちぎってきたし並の馬ではないと思うが、ゆったり入って後半ロンスパが合いそうな感じかな。

500万下1着

阪神芝内2000m稍 11頭7枠9番
2:01.1 61.0-59.1 S^2
12.8-11.2-12.7-12.7-12.6-12.6-11.9-11.6-11.4-11.6

前走の500万下勝ちから振り返る。稍重で標準馬場~やや高速ぐらいかなという感じ。ペースは遅く2秒近いかなりのスローからの4F戦でラストまで落ちなかった。まあ5Fでみると並みだけど4F戦だしL1を落としていないのは一定の評価が必要かな。

9番枠から五分のスタート、そこからじわっと促しながら最終的にハナを狙う。ただ内のリーザファビュラスが主張したので一列下げて2番手で。3角辺りからじわっと番手外につけ、4角以降は楽な感じで先頭に立ってそのまま最内に進路を取りつつ1馬身半差ほどで直線。序盤でしぶとく伸びて2馬身半差ぐらい、L1で一気に突き放して最後は流しての圧勝。

ハーツクライ産駒らしい後半でのポテンシャル面を引き出してきたなという感じ。入りはゆったりで、そこからの4F戦で楽に最後まで伸び続けた。L1も11.6とあまり落としていないしこれを流して出しているのでもうちょっと踏ん張れた可能性もある。ただし、メンツ的には少し恵まれた面があるし、特に最序盤はゲートもそこまでよくない中で楽に外からいけたメンバー構成でもあった。これが本番でどうか。

500万下3着

札幌芝2000m良 16頭4枠8番
2:03.5(+0.4) 61.9-61.2 M
12.8-11.6-12.5-12.4-12.6-12.1-12.2-12.3-12.4-12.2

2走前の500万下戦では札幌の2000m、開催最終週で時計もかなりかかっていた状況。中団での競馬となったが4角で大外に振られるロスがありながら最後まで食らいついての3着という内容。平均ペースの範囲で力の要る馬場で最低限の基礎スピードと後半のポテンシャル面を要求された。

8番枠からやや出負けして中団の外目につけていく。道中も前の集団からは少し離れて後方集団の先頭で3角に入っていく。3角で中目からじわっと押し上げつつ4角で大外に誘導して押し上げていくが出口で外に依れた馬のあおりを受けて相当外を回される。直線でそれでもしぶとく伸びかけるが流石にL1で甘くなった。

まあもちろん4角のロスの影響が小さいとは全く思わないけど、少なくとも前後でブレーキされたというわけではなくスピードに乗った状態はキープしているけどロスが大きかったということになる。実際直線入りでは普通に伸びていたけど、L1で甘くなったのはロスが響いたからだという見方で良いだろう。もちろんこれ自体は強い3着だと思うけど、あくまで500万下レベルで前もずっと12秒前後と決して速くないラップを後半で刻んでいるレベルではあると。ロスがあっても秋華賞で勝負できるレベルの馬ならL1まで伸びてきてほしかったかな。当日の1000万下より内容的には優秀なんだけどね。

500万下2着

札幌芝1800m良 13頭6枠9番
1:50.3(+0.1) 50.0-47.5 S^2
12.8-11.9-12.6-12.7-12.7-12.4-11.9-11.5-11.7

3走前の500万下戦では逃げてレースを支配したがシンギュラリティに完敗を喫した。3着以下はちぎっているが、ペースは2.5とかなりのスロー。ラップ推移的にもL2最速で3F戦という感じの競馬に。

9番枠から五分には出たが押して押してでようやくハナを取り切るという感じ。道中もスローに支配してハナをキープして3角。3~4角でもじわっと促しながら1馬身半ほどの差で直線に入っていく。序盤で出し抜いたがL1でシンギュラリティに来られての完敗も、2着以下は突き放した。

3着以下は突き放したし、要所である程度動いていけたのは評価できるがあくまで500万下戦でしかない、というのはある。シンギュラリティも1000万下で2着と結果は残したが、今回の相手が手ごわいことを考えると物足りないかな。それと逃げたり先行したりという形も取れているけど、どれもゲートが上手くない。その辺も考えるとまだ完成度の低さが目立つ馬ではあるかな。

秋華賞2018への展望

う~ん…まあ2走前の500万下で見せたポテンシャル面はある程度高いレベルにはあると思うし、4角のロスもかなり大きかったからアーモンドやラッキーがいなければ展開次第で、というのもある。ただし。ポテンシャル型で面白い競馬をしている馬も多いし、少なくともここ3走のレースレベルは決して高くはない。今年は春のクラシック路線の2,3番手グループが秋になって主役のいない中でも結果を出してきているので、別路線でというのはやはりちょっと食指が動かないかな。個人的には春のクラシック路線の脇役相手に程度戦えていたパイオニアバイオやサラキアの方が…かな。前走も圧勝だったけど、あの位置を緩い流れでとれたことが大きいと思うし、ゲートが下手な馬で今回のメンバー構成で前目をとるというのはちょっと難しいんじゃないかな。3~4角でタイトに立ち回っての差し込みがあればというぐらいで、穴人気するなら切るほうがいいと思っている。

 そこでご紹介したいのが日本ダービージョッキー大西直宏「ワールド競馬WEB」。今年の3歳牝馬クラシックは桜花賞・オークスいずれも的中!秋華賞TR紫苑Sも3連単160.7倍を本線で80,350円回収のクリーンヒット!3歳牝馬の力関係は完全に掴めているようで、秋華賞も自信ありとのこと。G1レースは何度も騎乗し、特有の騎手心理が分かっているため予想もしやすいという。
 大西騎手曰く、、「秋華賞はアーモンドアイがいても万馬券が狙えます。絞りに絞ってこの3頭を買うべき!↓↓
「その3頭」がこちら
G1ジョッキー大西直宏自信の
秋華賞(G1)
「アーモンドアイに迫れる穴馬」
↑無料で今すぐ教えます↑
得意の牝馬重賞で
高配当続々お届け中!
 

ヴィクトリアマイル2018
穴レッドアヴァンセ 8,850円的中
——————
京都牝馬ステークス2018
穴エスティタート 10,260円的中
——————
秋華賞2017
穴モズカッチャン14,760円的中
——————
ファンタジーステークス2017
穴ベルーガ連単17,980円的中

今年の秋華賞はこの3頭でOK
↓↓↓↓↓↓

 

※メール送信後、返ってくるメール記載のURLをクリックで登録完了。

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。