競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

毎日王冠 2018 レース回顧・結果:アエロリット、スローでもしっかりとトップスピードを維持して粘り切った!

time 2018/10/08

毎週日曜の22:00からツイキャスで毎日王冠など重賞回顧ライブを行います(予定…喉は不調ですが体調は回復しました)。ラップや騎手など様々な観点から次のレース予想に繋がる回顧をお届けしますので、ぜひお聴きください。ライブ前にコメントで質問、レースの流れで気になったこと等を書き込んでもらえたらありがたいです!

http://twitcasting.tv/c:nandecas

競馬ナンデトップページからも視聴できます
http://www.keibanande.net

 

毎日王冠2018のレース回顧・結果

東京芝1800m良

1:44.5 47.3-45.5 S^2
12.8-11.0-11.5-12.0-11.7-11.7-10.9-11.2-11.7

展開分析

個人的にはペースを見てこれはアエロリットには遅いなと思ってみていたんだけど、結果的に45.5でまとめて粘り切ったし好時計なのでこちらの想像をアエロリットが越えてきた、ステルヴィオの成長がそれ以上ではなかった、という感覚かな。1.8でかなりのスローになるし、後半もL3最速とはいえ10.9とかなり速いラップを踏んでいるからね。

1着09アエロリット(モレイラ)

好発を切って楽にハナを取り切れそうな感じ、最初は内の各馬の出方を見ていたが最終的にハナを切る選択をとる。そこからは折り合いを意識して流石にペースを引き上げることはできず、スローの流れで3角へ。3~4角でじわっと引き上げつつ4角出口で楽な手ごたえで出し抜いて1馬身半差ほど。序盤で追い出されてからの伸びはイマイチだがL2以降がしぶとく。L1に入るまで2列目との差は詰まらせず、ステルヴィオがようやく差し込んできたが全くのセーフティだった。

恐れ入ったな、という感じ。正直負けパターンの展開だと思っていて、途中までステルヴィオが勝つことを信じて疑ってなかったけどL1まであれだけ粘ってくるとは…という感じ。後半の45.5というのはこの馬の出せる限界に近い4Fだとは思っているし、スローで入ってそれを出し切った結果粘り切ったともいえるし、何とも言えない。ステルヴィオはロスもあったけど、2列目以降の先行勢はL2-1の地点で差を詰めさせずに完封しているからね。これはかなりのものだと思う。正直秋天やエリ女はイマイチだと思っているけど、この感じなら秋天に出ても面白いかな。エリ女は適性的にはやっぱり微妙だと思う。ただ、末脚の絶対量をラップ的にみて劇的に上げてきたわけではないので、距離延長自体はあまりプラスとは思わない。レベルの問題もあるしね。今のマイル路線は非常にハイレベルだから、適性が少しかみ合わない程度でも勝ててしまうのかもしれない。最後しんどくなって結構外によれていたのは気になるけど、強かった。

2着05ステルヴィオ(ルメール)

ここでは五分のスタートを切ってまずは様子を見ながら、最終的に中団ぐらいでという感じで3角。3~4角でじわっと前が引き上げる中で中団の外を追走、正攻法で直線に入ってくる。序盤ではワンテンポ仕掛けを待ってカツジの後ろで壁を作る。そこからL2で外して追い出されるとここですっと伸びてきて一頭だけ差を詰めてくる。L1でも3馬身半ぐらいあった差を一気に詰めて2番手、1馬身1/4まで詰めたが大勢決していての2着まで。

サウジ戦ほどのインパクトはなかったけど、今回は相手もアエロリットで45.5で後半をまとめている中での競馬だからね。この馬自身はまず4Fで44秒台に入っているはずで、やはり末脚の絶対量の高さは証明してきたと思う。L2の地点でも伸びてきていてL1で明確に差を詰めてきてという感じで11秒前後を3Fぐらい続けてきた印象。瞬間的に切れるイメージではないけど長くトップスピードを維持してくるので、これはやはりトップレベル相手にも通用するなと。今回はゲートも五分に出たけど、スローの段階で下げながら結局中団外で3~4角で11秒台、L3最速と長く脚を要求された中でロスがありつつ最後まで伸びてきたし、良い材料が多いね。負けたけどこの馬自身は強い競馬をしているし、相手を褒めるしかない。

3着01キセキ(川田)

やや出負けしていたが内枠でもあり積極的に押して押して先行策、リカバーして2列目ぐらいで入っていく。道中も2列目のポケットから最終的には番手まで押し上げる。3~4角でも番手外でアエロリットの後ろを見ながら直線。序盤で2列目から追い出されて必死に食らいつくがアエロリットにじわっと離される。L2ではステファノスの手ごたえ良く必死に食らいつき、L1でステルヴィオに交わされるもステファノスとの叩き合いを制して3着をもぎ取った。

川田の良さが出たというか、前目にポジションをとって早めの仕掛けの中で最後まで追って追って踏ん張らせる。キセキのパフォーマンスとしてはこれぐらいで満足してはいけないけど、スローの段階でリカバーしたしそこからしっかりとL3最速で出し切る競馬の中でしぶとく食らいつけたからね。これで少し変わってくればいいな。ここまでスローだったから良かったけど、個人的にはちょっと短いかも?というのは感じたかな。

4着03ステファノス(福永)

好発を切って先行争いの中に入っていたが最終的には無理をせずに控えて2列目。キセキが押し上げたスペースに入って2列目のポケットと結構理想的に3角に入る。3~4角でも2列目のポケットで直線。序盤でアエロリットの後ろから内を狙うがそこで進路を取れず外に誘導。L2でしっかりと進路をとったがこの段階では伸びが微妙。L1ではキセキとの叩き合いになるがハナ差見劣り4着と惜しい内容だった。

すごく細かいところが3着争いハナ差なので思うところもあるけど、全体的にみれば98点ぐらいの騎乗と展開だったと思う。アエロリットの後ろでTS持続戦だからね。ステファノスにとってはお誂え向きの競馬だったはずで、それでも最後はキセキとの接戦で見劣ったわけだし、やはりちょっとパフォーマンスは落ちてきたのかなと。休み明けというのもあったし賞金も積む必要はない、追い切りも目立たなかったから個人的にはこれで叩いて良化すれば秋天でも展開次第で、とは思う。が、それでも若干評価を落とした方がいいかな。凄く細かいところというのは直線入りで外に持って行ったタイミングでアエロリットとの差を詰め切っていたところかな。ここでスペースがある状況でスピードに乗りながら外を確保する形で入ればどうだったかな?というぐらい。ステファノスの方がおそらく瞬間最大ではアエロリットより切れるのでもうちょっとスペースを保った状態で直線に入っても面白かったかもしれない。まあ誤差の範囲で3着争い僅差だから感じたこと。むしろ好走した要因としては良い位置を取れたこと、展開もかみ合ったことが大きいからね。

5着02ケイアイノーテック(藤岡佑)

まずまずのスタートから下げながら中団もいつもより流れに乗る競馬。3角の段階でも中団の内内でロスなく立ち回り、4角でもステファノスの直後をとって3列目で直線。序盤でそこから進路をすぐに外にとってほぼ完璧。そこからL2で伸びたいところだが伸びずに一気にステルヴィオに並ばれる。L1ではジリッと伸びているがそれでも3着争いの2頭との差はなかなか詰まらずの5着完敗。

ステルヴィオとの比較でみると3~4角でロスなく立ち回りながらも最後まで決め手で見劣った。TS持続・質の両面で見劣ったわけで、やはり後半勝負では分が悪いなと感じたかな。L3最速で出し切る形になったのは良かったけど、上位争いという観点で見ると前半が遅かったのでどうしても後半勝負のウエイトが大きくなったのがね。それでもいい位置をとったし鞍上としてはやれることはやったと思う。この結果を受けてどの路線に行くかだが、今の段階ではマイル路線に進んだ方がいいと思う。1800~2000も守備範囲だし、今のマイル路線はかなりレベルが高いからこの馬の適性だけでなく相手関係を選んで考える必要もあるかな。現状ではワンパンチ足りないのも事実だし、少なくとも1800以上だとステルヴィオという強敵がいるからね。

6着04サトノアーサー(戸崎)

出負けして後方からリカバーして中団馬群の内目に入れていく。3~4角でもダイワキャグニーの後ろで進めてステルヴィオの内、という状況ではあるが仕掛けられず直線に持ったまま入ってくる。序盤で追い出されるがスペースがない。L2でスペースはできるが伸びがない。L1でも伸びあぐねての6着完敗だった。

上手く乗っていたとして結果が出たかどうかはわからん。L1も伸びなかったからね。ただサトノアーサーでもこういう騎乗をするから展開次第の騎手なんだよな。出負け自体はこれが平常運転だから仕方ない馬ではある。ただそこから押し上げて中団馬群に入り込んで仕掛けを待たされる、スペースもないっていう状況をわざわざ自分で作っていくからね。3角手前でステルヴィオの後ろを狙うかと思ったんだけどね。ロスしたくない気持ちが強すぎてエンジンをかけなきゃいけない馬に対してのアプローチが酷い。もちろんここは怪しい人気馬だと思っていたし、仮に上手く乗っていたとしてL1の伸びが微妙だったので…というのはあるけど、この馬でこの騎乗ってのが個人的には不満。もっと出し切る意識を持たないと話にならないわ。ルックトゥワイスも鞍上変わらんかなあ。流れた中での競馬と、動かなきゃいけない競馬で同じような立ち回りをしているからこうなる。

7着07ダイワキャグニー(横山典)

まずまずのスタートから意識的に押して追走、好位の外目で入っていく。道中もペースが遅いのだが促しつつの追走。3~4角でも気づけば中団馬群の中まで下がっていてレアリスタの後ろから直線。序盤で外に出して追い出されてからの反応はやはり意外と良くここで好位列までは上がるがステルヴィオの切れに苦しむ。そのままあとは伸びずばてずジリジリで7着完敗。

ん~この馬はひとまず1800は短いと思うわ。というかここ最近のこの馬の傾向を見ても前半で相当苦労している印象が強い。マイルで結果を出してきたので判断が難しいところだけど、もうちょっと距離を延ばしてみてはどうかな…。2400で走るダイワメジャー産駒も意外といるわけで、2400で先行させてというぐらいの気持ちで良いと思う。今回ぐらい緩い流れで促してもあの感じだと根本的な距離不足になってないかなあ。後半は自分の脚を使えているというのもあるし前半部分が最近はネックになってきている。もちろんこれまで戦ってきた相手から1,2段上がってるし、サトノアーサー辺りとは差がないからね。う~ん一度2400辺りで見てみたい馬。

━━━━━━━━━━━━━━━━━
“競馬の神様”故・大川慶次郎が創設

創業37年【ホースメン会議】の
実力を無料で体感できるキャンペーン
━━━━━━━━━━━━━━━━━
100名限定 特別無料配信
秋華賞(GI) 鉄板3点勝負

プロが「アーモンドアイを負かせる」と
ジャッジした穴馬で30倍以上も狙える
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■直近の的中買い目

9/29 シリウスS 4万0080円的中!
9/23 阪神7R  2万4500円的中!
9/22 阪神7R    6880円的中!
9/17 セントライト記念 3万3050円的中!
9/16 中山11R  2万0860円的中!
9/15 中山10R  2万7090円的中!
9/2  札幌12R  3万0390円的中!
9/1  札幌6R  1万4670円的中!

秋華賞の3点を無料で見る方法

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。