競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

中山10R 浦安特別 予想:本命12ダイワスキャンプ

time 2018/09/17

浦安特別(10下)予想

中山10R ダ1200m
馬場想定:良、やや高速ダート想定

展開予想

逃げ馬候補自体は多いが、テイエムチェロキーなんかは芝スタートがいまいちな感じだし、グランティエラ辺りがハナかな。外のシャインヴィットゥやトウカイパシオン辺りも先行しつつ、ペースをある程度引き上げていくとみる。一応34-37ぐらいの感じでみておきたい。

予想

◎12ダイワスキャンプ
○13アシャカダイキ
△02ノーフィアー
△05ブラックランナー
△08グランティエラ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ダイワスキャンプ

ここは休み明け実績がないけどこの馬を。まずダート3走を使って別の馬になっているので休み明けをそこまで気にしなくてもいいかなというのが一つ。中山1200がベストかどうかはわからないが、2走前の富嶽特別は普通に強い競馬で、東京1400で35.5-36.0と平均からの11.7-12.1-12.0-12.1-11.9と後半12秒前後を連続してL1再加速という競馬でもしっかりと中団馬群の中から外目に誘導して仕掛けを待たされながらもL1でしぶとく伸びてきていてダート適性の高さは間違いないところを示している。中山1200でも3走前に外差しでしぶとく差し込んでの3着でノーフィアーに先着する3着と厳しい流れへの対応力も見せてきた。ここ2走の内容からもシンプルに評価できるかな。

○アシャカダイキ

相手も休み明けにはなるが準OPからの高級となるアシャカダイキを。2走前のブラッドストーンSの時は時計も掛かっていたし12.4-10.6-11.6-12.1-12.0-12.6と再加速の流れで内で包まれて少し走りにくそうな感じ。前にスペースはあったが反応鈍くL1でジリジリ。外枠から出し切った方がよさそうな感じだし、1000万下を勝った時が34.3-36.5と超ハイからの12.2-10.8-11.3-11.6-12.2-12.7と淀みない流れで上手く外に出してから3~4角2列目を見つつ直線最後まで伸びてきているからね。対抗にしたい。

△ノーフィアー

ここ2走は新潟1200で基礎スピード面を問われる形でしっかりと結果を出してきたし、中山1200では4走前に34.3-37.3と超超ハイからの12.0-10.6-11.7-12.2-12.2-12.9と消耗戦で好位外からしぶとく押し上げながら際どく粘っての2着。この辺からも対応できるし内からでもある程度は。ただし今回はテイエムチェロキー辺りが前に入ってきて行き切れないまま下がってくる可能性もあって、そういうのを少し嫌った。

△ブラックランナー

穴目からは前走は小倉の1000で勝ち切ったものの、個人的には3走前の中京1400の内容がいいし芝スタートの1200でも?というのは感じるところ。3走前が35.1-36.6とかなりのハイからの11.8-12.1-12.2-12.0-12.4と再加速の流れで内枠で包まれつつも直線ですっと反応してL2の地点では良い脚だった。流石にL1は甘くなったけどこの感じなら1200は良いと思うので、うまく捌ければ楽しみかな。

△グランティエラ

前走の福島1150m戦は重馬場を差し引いても1:07.3とかなり速い時計。基本8秒前後で1000万下レベル、重馬場で高速としてみても7秒前半はかなりのものだし、 9.6-10.8-11.2-11.7-11.8-12.2とL1も大きく落としていないからね。テンもそこまで速くはないので少し外目の方がいいし、この枠の並びならトウカイパシオンもかなり外なので行き切れる可能性も高くなるとみて逃げ馬ではこれを押さえたい。

 ということで馬券をどこから買おうか迷うレース。そこでひとつ新しい買い方を試してみませんか?最新の能力指数を使った買い方です。

最近登場した「うまとみらいと」というサイトの指数がかなり当たっていて利用者が急増していると編集部内でも話題になっています。

 自分の力だけで予想するよりも、利用できる新しい手段は使ったほうが効率が良いことに気付かれ始めているようです。
で、「うまとみらいと」の何が凄いの?

↑無料登録できるので、私自身も使って試してみました。
使ってみて感じたのは、とにかく「指数コンテンツ」が豊富だということ。
以前から3連単がよく当たると話題の「コラボ指数」に加えて、「的中率90%の鉄板系指数」と、「爆発力がある穴馬指数」までも。競馬指数コンテンツがいろいろ詰め込まれて取り放題といった感じです。
3つの指数とも使ってみましたが、個人的なお気に入りはやはり「コラボ指数」。
走る馬が視覚的に一瞬でわかってしまうシステムの使いやすさ。
指数が低い馬=強い馬なので、単純に指数の低い順に買うだけという明快さです↓
↑このコラボ指数が本当に高確率で的中を持ってきてくれます。
因みにこの時、フェブラリーSの結果は憶えていますか?
コラボ指数順に並べると
15 インカンテーション
16 ノンコノユメ
18 サンライズノヴァ
19 ゴールドドリーム
21 テイエムジンソク
この5頭で勝負したわけですが、、
結果
15 インカンテーション 3着
16 ノンコノユメ    1着
18 サンライズノヴァ  4着
19 ゴールドドリーム  2着
21 テイエムジンソク  12着
どうですか?
いとも簡単に3連単41,560円GET!
この時のコラボ指数考案者・北条直人の予想根拠がこちらです↓
「6番インカンテーションは前走地方の7着と過去データ的には対象ではなく人気も低いですが、直近3年全てで指数1位が絡んでいることから今回候補として入れました。前走データでも絞りましたが、指数的に見ても上手く上位でまとまっていますし、過去のデータからも指数上位が入りやすいのでこの5頭でイケるはず」
※「北条直人の競馬ブログ」より抜粋

重賞予想解説者:北条直人
6番人気→1番人気→4番人気の決着ですからね
こんなにサラリと当ててくるとは、、
この男いとも簡単に三連単を当ててくるので
数日分遡ってサンプルを取って的中率を調べてみたところ、、↓↓

コラボ指数:12月28日(木)的中率結果
==================================
単勝:87% 複勝:100% 馬連:66.7%
ワイド:91.3% 3連複:54.2% 3連単54.2%
==================================

コラボ指数:12月24日(日)的中率結果
==================================
単勝:79.2% 複勝:95.8% 馬連:45.8%
ワイド:75% 3連複:41.7% 3連単41.7%
==================================

コラボ指数:12月23日(土)的中率結果
==================================
単勝:87.5% 複勝:100% 馬連:62.5%
ワイド:83.3% 3連複:25.0% 3連単25.0%
==================================

一般的に3連単の的中率は10%程度なので、
平均の約3~4倍、、

3回に1回は三連単が当たっていました!
この精度は、ぐーの音も出ない、、。
https://miraito.collabo-n.com

3連単が3回に1回当たる「コラボ指数」
これはオススメできます!

 さらには、的中を重視したいときには「的中率90%の反則技指数」、高配当を狙っていきたいときは「魅せる穴馬HitMake」と使い分けることができる。このあたりは、その時々のお財布事情次第で使い分けるとよいとは思います。

 TVでも新聞でも他の競馬サイトでもこの量の指数予想はできないです。数字を見ているだけでも楽しくなりますよ。確かにこんなサイトは今までありませんでした。
 当然、「週末全72レース分の予想・買い目」の準備がここで全て足りてしまいます。プロ(さほど当たらないプロ)の予想に数万円かけて購入するより、格段に割がよいと思います。
 毎週のメインレースと1~6レースは無料提供しています。無料予想だけでも十分儲けられるので、まずは無料でどんどん当てまくってみて下さい!↓↓
https://miraito.collabo-n.com

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。