競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

新潟2歳ステークス 2018 予想:本命04エイシンゾーン

time 2018/08/25

2018新潟2歳ステークスの予想

新潟11R 新潟2歳ステークス(GIII) 芝外1600m
馬場想定:稍~不、やや高速馬場想定

展開予想

雨が結構降るみたいで、不良までいくかは分からないにせよそれぐらいは想定しておきたい。標準ぐらいまであるかなと思うが、最終週でもそこまで時計的には極端に落ちてきていないので、やや高速ぐらいはキープしてくるんじゃないかなと。よほどドスローならわからんが48秒台ぐらいで入ればおそらく34秒台の競馬にはなると思う。

展開予想だが逃げたい馬としてはエルモンストロがいると。逃げにこだわるかは分からないけど、このメンツだと他がそこまで競ってこない、強いて言えばジョディーが?競っていく可能性があるかなというところ。基本はエルモンストロ、ジョディーの流れで考えておきたい。ただし、雨の影響でどうしてもコントロールする意識が働くと思うし、48秒では入ってこないかもしれない。スローバランスに振れる可能性は高くなったかなと思うが、こういう馬場だと読みにくいところがあるので幅を広げたいかな。一応はスロー想定も、今回は手広くいきたい。

予想

◎04エイシンゾーン
○09アンブロークン
▲06ケイデンスコール
△02エルモンストロ
△11ジョディー
×07エイカイキャロル08スティルネス
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎エイシンゾーン

本命はこれにした。まず陣営が今回は前に壁を置いてゆったり目に入るといっていたことが個人的には大きいかな。新馬戦はレースレベルで見るとかなりハイレベルで結構上位が勝ち上がってきているし、実際その中で1枚上の競馬で底をみせず。48.4-46.9とスローとはいえ新馬としてはある程度流れている、12.4-12.3-11.7-11.4-11.5とL2最速だがL1でもほとんど落ちていないという中で中団のうち目から馬群を捌くのに少し苦労しつつも、L1では11.5の地点で2馬身差を捕えてきた。L1で加速まで行っているかは微妙だが、11秒前半で走破しているのは確定的なのでこれはかなり評価したい。恐らくだがハーツの系統なのでマイルだと流れすぎると後半型の競馬に持ち込めないので良さが出ない可能性が高いと思っていて、前走の中京2歳Sはスタート良くすっと前につけたものの絡まれて掛かり気味に流れを作って47.2-47.5と平均でもハロン12を切る流れに乗って少し甘くなった。この辺からもやはりあまり無理したくないというのはある。ただジャスタウェイ自身もそうだったが道悪ならマイルで流れても大丈夫で、パワー型の可能性は十分にある。道悪でも48~49秒ぐらいで入ってくれれば仮に悪化しきって平均~ややハイとなったとしても対応してくるんじゃないかなと。新潟マイルで完全な消耗戦というのは考えにくいしね。前走は物足りないけど新馬戦は相当なパフォーマンスだし、最終的にはオークス路線を目指してほしい馬。マイルは本質的にはちょっと短いと思うけどそれでも新馬・中京2歳Sである程度は対応できているし、道悪で絶対的な速度を前半問われなければ、新馬戦で見せた底知れぬTS持続は大きな武器だし、馬群も捌いてきたからね。現時点で単勝6番人気だがそんな馬ではないと思う。どこから行っても行けちゃうレースだけど、この人気ならこの馬軸に勝負したい。

○アンブロークン

前日とはいえ1番人気かぁ…という感じではあるが、それでも重馬場実績とパフォーマンスを考えればやはり期待したい一頭。前走は重馬場の東京1800m戦ではあったが50.0-47.5とかなりのスローからの13.0-12.6-11.6-11.2-12.1と加速していってL2最速11.2。馬場を考えると最速11.2は速く、その流れで番手から一気に抜け出す競馬ができていたように要所での鋭さはかなりのものだった。良馬場だとキレ負け、基礎スピード面でどうか?という面はあったが力の要る馬場になるので少なくとも新馬戦のパフォーマンスが相対的にアドバンテージになるのは大きい。エルモンストロがペースを引き上げてくると少し不安があるのでその辺で評価は落としたが、この条件で外枠なら自分のリズムで入れると思うので楽しみかな。

▲ケイデンスコール

穴というわけではないけど単穴としてはこの馬にした。良馬場でトップスピードの質を高めてきている感じなので、道悪への不安は個人的には上位3頭の中で一番高い。ただし、パフォーマンスだけで見たらやはりここに入れば屈指。TS持続はそこまででもないがそれでも2走前の新馬戦では相手が悪かった可能性も高い。アドマイヤマーズは中京2歳Sでは流れたのもあるので何ともだが、それでも13.4-13.2-12.0-10.7-11.0とL2最速の流れで中団外から勢いづけて直線最速地点ですっと伸びてここではアドマイヤより上の脚色だった。ラストは盛り返されたが瞬間的な切れ味はトップレベル。あとはこれを道悪で引き出せるかどうかかな。前走も47.8-46.5とハロン12を切る流れの中でしっかりと好位から脚を引き出せたし、大きく嫌う材料はない。道悪は不安もあるがそれは未経験ということでしかないので、まあ普通に楽しみかな。

△エルモンストロ

雨が降るのは個人的にはプラスに考えている。高速馬場の新潟マイルだとなかなか決め手勝負でない方向に持ち込むのは難しいからね。道悪でも怖がらずに47秒台半ばぐらいで入れれば勝機も出てきたかなという感じ。ただし、やっぱり雨の影響を補正して乗られると難しい。蛯名はあんまりレースメイクが上手いイメージがないし、後ろから誰も来ずにコントロールしてスローに、となると?というのはある。前走は確かに強い競馬で47.6-47.3と平均からの11.9-12.1-11.8-11.6-11.8と仕掛けを待ってL1までしぶとく粘って完勝も、瞬間的なキレは感じなかった。ラップ的にもペースが速いので仕方ないとはいえスローで前半を引き上げられないと後半の末脚勝負で微妙になる可能性は高いかな。道悪はその点で良いと思うので連下で押さえたい。

△ジョディー

この馬はあんまりダイワメジャーっぽい感じじゃなくて、結構ステイヤー色が強い。Monsunの方が強く出ているのかなと。前走の東京マイル戦は面白い競馬で、49.5-46.4とドスロー、そこからの12.4-12.2-11.5-11.4-11.3とL1最速で逃げ切った。瞬間的な反応はさほどでもないんだけど長く脚を維持できているし、ゆったり入って良さが出てという感じ。ダイワメジャー産駒にありがちな基礎スピードと一足のバランスの良さというよりはステイヤー色が強い印象なので、馬場が悪化してその中で瞬間的なキレよりもTS持続が問われる可能性は高くなるしそうなれば怖いかな。

×エイカイキャロル

前走の新馬戦をどこまで評価できるかだが、個人的にはあまり高く評価するのは危険。上がりが速いといってもメンバー中で見ればそうでもないし、番手で良い位置を取れたことが大きいがドスローというのもあった。13.3-12.3-11.0-10.6-11.9とL1で11.9とかなり落としているのでその点からもこれが限界というのは見えているかなと。機動力があるのは不気味だけど押さえまで。

×スティルネス

やっぱりちょっと穴人気気味。それでもチップの動きの素軽さは目立ったし、血統的にみてもマイルへの延長自体は歓迎できそうなのは良い。新馬戦は正直平凡なので、あくまでマイルの条件で嵌ればというライン。

PR ) 新潟2歳ステークス、注目が集まるケイデンスコールの指数値は?

夏競馬もいよいよ終盤です。
荒れる傾向にある夏競馬を当てるのは今しかない!

今週末は「新潟2歳ステークス」が行われます。
登録馬はコチラの12頭です。

期待のロードカナロア産駒が3頭もいるので見物!
やはり注目が集まるのは「ケイデンスコール
デビュー戦2着、2戦目1着で好成績を残しています。
今週末、3戦目に挑みます!
実力は抜けて強く、相手選びに苦戦しそうだ。。

そこで、オススメしたい指数サイトがあります。
このサイトの指数は、スピード指数、適正指数、統計データ、血統理論
この4つのデータが融合されていて指数上位馬を導き出しているんです。

ケイデンスコール」の指数気になりませんか?
今すぐ指数をチェック!

先週の重賞レース「札幌記念」と「北九州記念」
どちらも指数順位1位の馬が1着にきてます!

サングレーザーは2番人気、アレスバローズは6番人気。
あなたは6番人気の馬を軸に選べますか・・・?

コチラは先週の的中実績です。
日曜日の小倉4Rで高額配当が出ています。

このサイトは、指数上位馬6頭を推奨しています。
赤文字の指数値が低いほど上位人気馬です。
注目すべきは、指数値30以下の赤文字ですよ。

登録は簡単!
メールアドレスを入力して、確認メールのURLをクリックすれば登録完了です。
登録すると前半1R~6Rと「キーンランドカップ」の指数が無料で見れます。

今週末は「指数」で的中を狙いましょう~!
今すぐ指数を見に行く!

ジャパンカップ有力馬の記事は有料版にて…



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。