競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

札幌記念 2018 出走予定馬:クロコスミア&勝浦想定

time 2018/08/15

札幌記念 2018 出走予定馬:クロコスミア&勝浦想定

第54回 札幌記念(GII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:札幌芝2000m

予想用・出走予定馬一覧

クロコスミア(勝浦想定)

昨年はエリザベス女王杯でも2着と一気に台頭を果たしたクロコスミアが札幌記念に出走予定だ。今年は京都記念、ドバイターフと結果が出なかったものの強敵相手に果敢に挑戦、という立場だった。もちろんこの札幌記念も強敵ぞろいだが、昨年夏に結果を残した舞台で再浮上を目論む。

基本的にはゆったりとした流れに持ち込んで一足の鋭さで出し抜きを狙うタイプの逃げ先行馬。なのでエリ女見たいなパターンが理想。昨年WASJ2戦目で見せた札幌2000のパフォーマンスは気になるけどメンツ的には楽だったし、ここでどこまでやれるかは微妙なライン。いずれにせよマルターズアポジーやマイスタイルといった強力な同型相手にレースを作っていけるか。

エリザベス女王杯(GI)2着

京都芝外2200m良 18頭2枠4番
2:14.3(+0.0) 62.0-59.5 S^2
12.5-11.3-12.7-12.8-12.7-12.8-12.9-12.2-11.6-11.2-11.6

府中牝馬Sと近いけどこちらをとる。3走前のエリ女では2.5でかなりのスローからの3F勝負、L2の直線前半地点が最速地点で11.2と速いラップを要求された。この時は良馬場でも標準ぐらいには時計が掛かっていたので、力の要る馬場で直線での加速、トップスピード面が要求された一戦。

4番枠から好発を切って促しつつハナを示唆。しかし最内のクインズミラーグロが主張したので行かせて番手でレースを進めていく。道中少し掛かり気味ながらも番手でコントロールし仕掛けを待つ。3~4角でも番手で仕掛けを待てる状況、徐々にペースを上げつつも4角で馬なりで先頭列に並びかけて直線。序盤で仕掛けて一気に出し抜いてここで1馬身半ほどのリード。しかしL1で少し甘くなって捌いてきたモズカッチャンに捕え切られての2着惜敗。

ここではしっかり前でレースを支配してスローに落ち着けたし、しかも3~4角までペースをじわっとは上げたが上げきらずに仕掛けを直線まで待ったことで要所での反応で一気に勝負に行けた。L1は甘くなってモズカッチャンに敗れたけど、モズカッチャン相手に要所でこれだけやれたら上等だと思う。やはりスローからのギアチェンジがこの馬の最大の武器だなと。また力の要る馬場でもこれを引き出せるのは魅力だ。府中牝馬Sでもそうだがスローでコントロールして前々で仕掛けを待ててこそだと思う。

ドバイターフ(GI)7着

メイダン芝1800m良 15頭11番枠
1:47.68(+1.66) 47.55-47.12 M
14.02-11.20-11.11-11.22-11.35-11.63-11.91-11.67-11.91

前走のドバイターフの場合は前述のエリ女や府中牝馬Sとは真逆の競馬になった。ペースは平均だが中盤以降で11秒台前半を連発するような形、そこから後半はあまり速いラップを要求されず。最序盤が遅いだけでタイトな流れになったといえそうだ。

11番枠から五分のスタート、外から内に切り込みつつだが前には行けないので好位の外で進めていく。序盤は遅かったので折り合い面で少し苦労、途中からペースは上がってここで少し折り合い面もマシになり3角へ。3角でも3列目の外々、ペースも速い中でロスを作りながらの競馬になる。4角でも3列目の外で進めてじわっと促しながら直線。序盤で3列目から追い出されるが伸びがなくじりじりと後退。L1では日本馬前3頭の争いからも明確に脱落して画面外となった。

エリ女では先着していた2頭にあっさり交わされていることからもわかるように、ペースがある程度速く特に中盤が速かった中でどうしても息を入れることができなかったし後半は減速気味で速いラップを問われなかった。こうなるとこの馬としては持ち味である後半のギアチェンジが活かせるような流れではないし、前半の基礎スピード面で無理が響いてしまったのかなと。

WASJ第2戦(16下)1着

札幌芝2000m良 14頭7枠12番
2:01.0 60.5-60.5 M
12.5-11.2-12.2-12.3-12.3-12.4-11.9-12.0-12.1-12.1

面白いのは5走前のAWSJ2戦目の準OP。札幌の2000と舞台は同じ、良でも開催後半で時計は掛かっていたが平均ペースからの4F戦で思ったよりしぶとかった。まあ相手関係は割と楽だったがそれでも完勝だったし、この一戦とクイーンSで1800より実はもうちょっと長い方がいいのかも?という感じはすこししたかも。

12番枠からまずまずのスタートを切ってそこから無理はせずに楽に促す程度でハナを取り切ることに成功。道中も下手にペースは落とさずに平均ペースに持ち込んで3角。3角以降はじわっとペースを引き揚げてロンスパ気味の競馬、4角でも楽な手ごたえで1馬身ちょっとの差に広げて直線。序盤でさらに広げて2馬身半、L1まで後続を離しての3馬身差完勝だった。

ここで驚いたのは速いラップを後半で踏まない形、つまりロンスパのポテンシャル戦で強かったという点だろう。もっとも、前後半でフラットなので前半のパワー型基礎スピードで後続の脚を削いだ面もあるが、それでも最速地点がL4なので大体3角地点になる。仕掛けが早い中でもしっかりと後半長く脚を使って上がり最速を逃げて出してきた。メンツとしては楽だったとはいえ、この競馬は普通に強かったと思う。

2018札幌記念への展望

前述のWASJの勝ちっぷりがなければ正直このメンツでは難しいと思うんだが、この一戦が少し引っかかる。またエリ女で結果的に2着と強かった。馬場が重かった中でスローに支配して仕掛けも遅かったとはいえ結構寸前まで粘ったし、2200mの距離も良かった。クイーンSやドバイターフの内容が流れて基礎スピード負けしていた感じなので、総合的にみると2000以上に適性がある可能性が高いんじゃないかなと。ただし、このレベルでとなると札幌2000の舞台では基礎スピード面でそこまで優位に立てるかは疑問。どうみても強敵になるのがマイスタイルで、基礎スピードを前面に押し出してこられるとなかなか難しい。理想を言えばマイスタイルより前、或いはマイスタイルの直後ぐらいで仕掛けを待って我慢できる状況が望ましいが、今の充実度を考えるとマイスタイルの方が分があるかな。評価できるといってもWASJは相手がゲッカコウとかになっちゃうからね。ここは相手が明らかに上なので流石にあのパフォーマンスをみせたからといって全面的に信頼するのは難しいかも。ベストバウトはエリ女か府中牝馬だと思うし、基本は緩い流れから瞬時にトップスピードに乗せていけるギアチェンジ面だと思う。力の要る馬場は問題ないが、無理のない範囲で前目を取れるかどうかは問われる。内枠が欲しいし条件が揃っても強敵が多いので押さえまでにとどめるべきかな…。

PR ) 昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く!

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万馬券となった札幌記念。
出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。

その難しいレースを読むのに役立つ「指数」があります。
うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週は指数上位4頭でエルムステークスを的中させました!

早速、指数を見に行く

8月11日(土)は3連単の的中率が「41.7%」!!

難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。
毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。

全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「コラボ@指数」。
今週末の重賞無料提供はもちろん「札幌記念」です!

無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。
メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!

札幌記念」の指数は土曜日に公開です。
それまで過去データを検証することをおススメします。

夏競馬、勝ってますか?
週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない!
札幌記念の指数を見に行く

スプリンターズステークスを制した大西直宏元騎手の予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。