競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

北九州記念 2018 出走予定馬:セカンドテーブル&水口想定

time 2018/08/15

北九州記念 2018 出走予定馬:セカンドテーブル&水口想定

第54回 北九州記念(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年8月19日()
コース:小倉芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

セカンドテーブル(水口想定)

スプリント重賞戦線で安定感を見せているセカンドテーブルが北九州記念に出走予定だ。2,3着は何度もあるが勝利となると一昨年の鞍馬ステークスまで遡らなければならない。頑張る水口優也、初の重賞タイトルを夏の小倉で手中に収められるか?

個人的な感情で言うと水口(セカンドテーブル)とか田中健(アンバルブライベン)とか中井(ローレルベローチェ)とか1200路線で地味ながらも良いコンビってのは応援したくなる。セカンドテーブルも水口のお手馬、安定して結果を出してきているけどそろそろ重賞を勝ってほしいなあ。小倉の1200も今なら問題ないと思うので、あとは基礎スピードに任せてある程度強気の競馬をしてほしい。

CBC賞(GIII)3着

中京芝1200m良 18頭5枠9番
1:07.3 32.7-34.3 H^2
11.9-10.3-10.5-10.9-11.5-11.9

前走のCBC賞から見ていきたい。この時の中京は超高速馬場、ペースも1.6とかなりのハイペースとなっている。ラップ推移的にみても全く淀みなく減速ラップを踏んでいて直線では11.5-11.9と遅めのラップ。超高速馬場だが割と消耗戦。

9番枠からまずまずのスタート、押して先行争いに加わるが外から一気にワンスインナムーンが来たので控えて2番手。3~4角でも番手でワンスの後ろから仕掛けを待ちつつ直線で外。序盤で追い出されてしぶとく伸びて先頭列に並びかけてくる。L1で先頭に立った瞬間に外差しを食らって3番手を死守するところまで。

まあ3着でここにも出てくるアレスバローズやナガラフラワーに差されたのはあるが、それでも超高速馬場で32秒台の流れに乗っていって最後までしぶとく1:07.3という時計は番手馬としては立派だと思う。中京だとどうしてもスピードで押し切るのが難しいコースだし3角以降は下っているので流れ切ってしまえば各馬もスピードに乗ってくるから出し切ってきやすい。超高速馬場の中で基礎スピードを高いレベルで見せているのは小倉1200を考える上では強みといえるかな。

鞍馬ステークス(OP)4着

京都芝内1200m良 15頭6枠10番
1:08.2(+0.2) 34.4-33.6 S^1
12.4-10.9-11.1-11.0-11.2-11.4

2走前の鞍馬Sでは逆にスローの流れの中で一定のパフォーマンスをみせている。前を取れればスローのトップスピード戦でもある程度やれるが、ただし文字通りある程度。ややスローからのTS持続戦。

10番枠からまずまずのスタート、そこから内の各馬が激しい先行争いを繰り広げるので控えて2列目。3~4角でも2列目の外で進めて4角で先頭列に並びかける意識で直線。序盤で外から反応して2番手に上がってくるがL1で甘くなって外から一気に差し込まれての4着完敗。

京都1200なので3~4角で外からという形は先行馬には難しいのだが、それでも大きく崩れずにL2までは良い脚を使ってきた。この辺からもわかるように後半のトップスピード面自体はある程度足りている。ただしやはりTS持続が足りないのでああやって外々からとなるとL1での甘さが顕著になってしまう。悪くはないんだけど、やはりここをどうフォローするかが平均~スローでの課題。

春雷ステークス(OP)2着

中山芝外1200m良 16頭8枠16番
1:07.4(+0.0) 32.9-34.5 H^2
11.8-10.2-10.9-11.3-11.4-11.8

3走前の春雷Sはハイペースの中で強い競馬だった。小倉と同じで下り坂でスピードに乗せやすい舞台になるが、その中で番手で流れに乗ってしぶとく勝ちに等しい競馬だったと思う。

16番枠から好発を切って押して押してハナを主張も内からアクティブミノルが必死に絡んできたので行かせて番手。3~4角でもアクティブに並びかけて堂々先頭。序盤で半馬身差ほど抜け出し、L1で抜け出したところにロスなく立ち回っていたペイシャフェリシタに交わされての2着惜敗。

ここではアレスバローズを完封できているし、大外枠からロスがあった中でしっかりと主導権をとってハイペースに持ち込んで粘り込んだ。中山もそうだが下りでスピードに乗せてハイペースに持ち込んで基礎スピードで押し切るのが割とやりやすいし、L1の上り坂地点で少し甘くなったけどあそこまで踏ん張れれば十分戦えると思う。この一戦からも小倉1200で基礎スピードでというのは軽快しないといけないかなと。

2018北九州記念への展望

昔は割と平均~ややスローぐらいで後半の鋭さを引き出せたのが強みだったと思う。今もそれはあるが、やはり近走はどちらかというと基礎スピードを前面に押し出して結果が出てきている。2年連続のCBC賞の好走はどちらもハイペースによるものだし、その中で積極的に先行して基礎スピードの高さを活かしてきた。直近のベストは春雷Sだと思っているが、それも大外枠からハイペース上等の攻め方をした。この感じからも今は基礎スピードを活かしての強気の攻めの方がいいのかなと。なので下り坂でスピードに乗せて入りやすい小倉1200自体は良いと思うし、テンも速いので先行争いもそう苦労しない。また逃げに固執しなくていい馬で、別に番手でもいいし2列目内ポケットでも対応できるタイプなのでその辺りの判断を水口が上手くやれれば枠次第で十分勝機はある。あとは枠と馬場かなあ。テンの速さを活かして内目を立ち回って進められればで、個人的には2列目ポケットぐらいで進めてほしいかな。色々なところを判断しつつだが、ひとまず最低でもヒモでは外せないかな。

―――――――――――――――――――――――――
【北九州記念】この3頭で高配当を掴め!
―――――――――――――――――――――――――
昨年は14番人気をスクープして馬連万馬券的中!第52回北九州記念(G3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
◎ダイアナヘイロー (3人気)
穴ナリタスターワン(14人気)【馬 連】1万5940円【的 中】
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

≪≪3連単は想定500倍!≫≫

北九州記念の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

毎年人気通りにはまず決まらない!
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年も波乱必至のハンデ重賞=北九州記念(G3)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

■■最近5年だけでも毎年のように超伏兵が激走!■■
↓↓↓↓↓↓↓↓↓

・2017年 ナリタスターワン (14番人気2着)
・2017年 ラインスピリット (15番人気3着)
・2016年 バクシンテイオー (8番人気1着)
・2014年 メイショウイザヨイ(13番人気2着)
・2014年 カイシュウコロンボ(17番人気3着)
・2013年 ツルマルレオン  (6番人気1着)
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
今年も激走する超穴馬がいるぞ!

北九州記念の『絞りに絞った3頭』を無料で教えます!

―――――――――――――――――――――――――

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。