競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

エルムステークス 2018 レース回顧・結果:ハイランドピークと横山和生、3角から強気の横綱競馬で捻じ伏せ人馬ともに重賞初制覇!

time 2018/08/13

2018エルムステークスのレース回顧・結果

札幌ダ1700m重

1:42.0 47.7-48.2 M
6.6-11.0-11.9-12.1-12.2-11.5-11.5-12.1-13.1

重馬場でペースは平均。ラップ推移的にみると後半のL4最速タイで3~4角地点で可なり速いラップを踏んでいるし、L1はかなり消耗しているなという感じ。重馬場だったが超高速だった昨年に比べると若干時計が掛かっていたという感じかな。

1着08ハイランドピーク(横山和)

まずまずのスタートを切ってそこから押しての先行策だが内のドリームキラリ、外のブラゾンドゥリスが速いので控えて3番手。道中も前2頭を泳がせながら少しだけ離れた3番手でじわっと促しつつ追走。3角で外から動いてここで先頭列の外となる。そのまま楽な手ごたえで前のドリームキラリに並びかけて直線。序盤で楽に抜け出してL1で食らいつくドリームキラリとの差も広げて1馬身強の完勝だった。

この馬のこの勝ちっぷりも正直意外だったかな。1800でコントロールしてという感じだったので1700の高速ダートだと質的に前半で苦労しないか?と思っていたんだけど、それは問題なく克服してきた。それとここで評価すべきはL4の4角、L3の3角が11.5と速いラップを踏んでいる中で3頭分外から並びかけてきている。かなり速い脚を長く維持できているとみるべきで、これだと東京マイルとかでも対応してきそうな感じはあるかな。まあ芝スタートで行けるかどうかとか、そういった面も出てくるけどこの勝ち方なら面白い。強い競馬だったしいい意味で期待を裏切ってきたと思う。横山和生も重賞初制覇、まあ色々あったと思うけどひとまずおめでとう。

2着02ドリームキラリ(藤岡佑)

好発から押して押してハナを取り切りすぐにレースを支配する。外からブラゾンドゥリスが絡んでくるも特に問題なくペースを平均でコントロール。3角で外から絡んできたハイランドピークに対してここで一気にペースを引き上げロスを作らせつつも4角では手ごたえで見劣って並ばれ直線。序盤でじりじりと下がって2番手、そこからも必死に食らいつくが徐々に差が広がっての2着、それでもミツバ以下は完封した。

う~ん、藤岡兄貴は本当に良くなっていると思う。主張しきってあの段階で外から絡むのは難しいからね。ゲートの良さ、何が何でも行くという意識をもって序盤で主導権を取り切った。そして下手にペースを落とさずに進めたし、3角で外から絡まれても迷わずペースを引き上げていった。結果的にこの競馬でハイランドピークが強かったのなら仕方がない、という感じかな。もう少し全体のペースを引き上げるのもこの馬なら手としてはアリだったけど、いいバランスで進めてしっかりとコーナーで脚を使わせる意識をもって、意図を感じられる良い騎乗だったと思う。負けたけど納得の騎乗。

3着03ミツバ(松山)

好発を切ったがやっぱり二の足がつかずに後方に下がってしまう感じになる。結局最後方で進めるが1角の段階で外に出し切ることには成功。そこからは促しながらも最後方列の外で3角。3~4角で外目からエンジンをかけていきながら中団に押し上げて直線。序盤でその勢いのまましぶとくじりじりと伸びる。L1までじりじりと伸び続けてばてた馬を交わして3着を確保した。

考えうる中では結構最悪に近い感じの流れになった。良いスタートを切って二の足が付かなかったパターンなのでああなると下げ切るまでが大変だし1角でも外に振られていたからね。そこから向こう正面で押し上げるほどラップも緩んでいないし3角で前がペースアップとなると外から動いていくしかあの位置からでは選択肢が無いから。そうなると当然だけど基礎スピード面で質的に苦しかったと。ポジショニングの課題が1700出はでるだろうなと思っていたし、そこはある程度仕方がない。ただやっぱりコーナーが緩いから3~4角である程度動けていたのは良かった。軽い馬場適性も高いしそこで何とか、ただ1700はやっぱり短いと思うなあ。

4着09ロンドンタウン(蛯名)

五分には出てそこからある程度追走しつつ中団馬群の中目には入っていく。道中もハイランドピークを見ながら進めるような感じ。3~4角で2列目の中目に押し上げながら4角で外に出して追い出すも前2頭との差は少し広がって直線。序盤でそのまま差は詰まってこない感じ、L1でもドリームキラリとの差は少し詰めたが外からミツバに差されて後退、4着。

昨年勝ち馬だけあって流石に頑張っているけど、結局は昨年ほどには噛み合い切らなかったかなと。実際ドリームキラリには逆転を許しているのはその辺。昨年は内枠を利して結構楽に2列目ポケットまでスペースを詰めていけたし3~4角地点で内を立ち回れた。今回はそこまで完璧じゃなかったし最序盤のポジショニングも好位を見ながらになったからね。正直こんなもんかなって感じはしている。このあたりが適性面で微妙でも素材で何とか出来ちゃうミツバとの差ではあるんじゃないかな。

5着04アンジュデジール(横山典)

五分のスタートからある程度促しつつ思ったよりは前に行けるがそれでも3列目から。向こう正面で前にいたハイランドピークが外に行ったので2列目の内のスペースを取れる立場になる。3~4角で最速地点でロスなく最短距離という理想的な運び方も4角辺りで少し離されて直線。序盤で追い出されると一足は使った感じだが、L1で甘くなって5着まで。

ん~結構かみ合った流れではあったと思うけど、結局は1700でこのメンツでとなると基礎スピード面での問題があったと思う。最後もそれなりに脚を使っているとは思うんだけど、ミツバにはこれで完敗だとなかなか難しいなという感じだし、もちろん上位2頭とは基礎スピード面で差があった。この一戦は3~4角の立ち回りは重要だったと思っているので、かみ合って5着だと高く評価するのは危険かなと。まだしばらく様子を見たほうがいいとは思う。

6着01リッカルド(ルメール)

まずまずのスタートだったがすぐ外のドリームキラリが速いので少し後退、スピードに乗り切れないうちに下がって中団の後ろという感じ。道中も中団でアンジュデジールを見ながら3角。3~4角でも中団の最内で進めていたがここで置かれてしまってそのまま中団。序盤からじりじりとは伸びるけども…という感じのなだれ込み6着まで。

去年のデジャヴのような感じ…3角以降でペースが上がった時についていけなかった。11.5とラップ的にかなり速くトップスピードの質もある程度問われたと思うし、ここで苦しくなってしまって良さが出なかったのかなと。エルムSを勝った時も良馬場だったからね。本質的には明確に高速状態は合わないんじゃないかな。

PR ) 昨年20万馬券の札幌記念は夏競馬も絶好調の指数で読み解く!

来週は8月唯一のG2そして高額賞金のレース「札幌記念」が行われます。
昨年は20万馬券となった札幌記念。
出走予定の馬を見ると逃げ先行の馬が多い中、スタートから最初のコーナーまでの直線が長めの札幌でどんなレースが展開されるか注目です。

その難しいレースを読むのに役立つ「指数」があります。
うまとみらいと」の「コラボ@指数」です。
先週は指数上位4頭でエルムステークスを的中させました!

早速、指数を見に行く

8月11日(土)は3連単の的中率が「41.7%」!!

難しいと言われている夏競馬の土曜日のレースで叩き出した数値です。
毎週発表される的中率は見るたびに驚かされます。

全会場1R~6Rと重賞1レースが無料で見れる「コラボ@指数」。
今週末の重賞無料提供はもちろん「札幌記念」です!

無料で登録できるので、悩んだらまず指数をチェックしてみてください。
メールアドレスを登録して返信メール内URLをクリックすれば登録完了です!

札幌記念」の指数は土曜日に公開です。
それまで過去データを検証することをおススメします。

夏競馬、勝ってますか?
週末に10万人が利用している指数をチェックしていなかったら…勿体ない!
札幌記念の指数を見に行く

大魔神・佐々木主浩氏の菊花賞予想はこちら!



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。