競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

クイーンステークス2018の予想:本命04ツヅミモン

time 2018/07/28

2018クイーンステークスの予想

札幌11R クイーンステークス(GIII) 芝1800m
馬場想定:良、やや高速馬場想定

展開予想

展開予想についてはyoutubeの競馬をやって何が悪いchにてアップロードしてありますのでよろしくお願いいたします。

<PR>新潟千直マイスター大西直宏のアイビスSD予想はこちらから↓

展開予想はそんなに変わらないかな。多分47.5-46.5ぐらいの感じを想定。一応平均ペースまでは考えておくがハイまではいかないと思う。展開もこんな感じになるか、エテルナミノルがもう一列前を主張してくるかというぐらいかな。ゲート次第だが。ソウルスターリングは動画でも触れているように3列目の内内で包まれると結構危ういところもある。

予想

◎04ツヅミモン
○05フロンテアクイーン
▲11エテルナミノル
△02ソウルスターリング
△09ディアドラ
3連複◎〇軸▲△×流し
3連単F◎〇▲-◎〇▲△-◎〇▲△×

◎ツヅミモン

前目の馬でという中ではこの馬になるかな。まずはやはり基礎スピード的にみてもマイルはちょっと忙しかったと思う。シンザン記念2着を最大限に評価するとして、そうだとしたらやはりギアの上げ下げが上手いなというところになる。あの時はかなり時計も掛かっていて、その中で49.0-48.1とややスローなのだが前半3Fはこの馬でも36.0とそこそこ速く、12.4 – 13.3 – 12.8 – 12.1 – 11.7 – 11.5と一気にペースダウンしてからのもう一段の脚を引きだしてカシアス辺りは競り落としてきた。息が入って良さが出ていたし、ここ2走はどちらもペースが速くてそこで脚を使ってしまった感じがある。1600は短いと思っているし、洋芝でしかも土曜を見る限りは結構常識的な時計の出方。この感じならそこまで速いラップを要求されることもないと思う。ティーエスクライをしっかりと突いていく意識を持って入れれば違うかな。51kgの軽量にシンザン記念のパフォーマンスを評価して。

○フロンテアクイーン

今回は少し頓挫があったのでそれを考えると不安もあるが、追い切りが良かったと思うし適性的にみてもポジションをある程度とれる、要所で動ける、基礎スピードを持っているという点を考えるとバランス的にはこの馬が一番対応しやすいと思う。前走の中山牝馬Sでも中山1800で49.2-47.7とかなりのスローからの12.1 – 12.3 – 12.0 – 11.5 – 11.9とL2最速戦の流れでしっかりと2列目内から対応して前のカワキタエンカに食らいつけていたように要所で動けるのは魅力。また福島牝馬S2着時も46.9-47.9とややハイの流れで後方から脚を引き出せている。まあここはレベル的にどうか?というのはあるがある程度流れても対応できるのは強み。開幕週の札幌1800は基本的に前後半のバランスが重要で総合力が必要なレース。その点でも複勝的観点からはこの馬になるかな。

▲エテルナミノル

内に先行勢が偏ってしまったので、これで外から一気に番手ぐらいまで押し上げられるか?というのは疑問がある。ただし、条件としては適度に時計が出る馬場で、L2最速になりやすいレース傾向。要所の反応が生きてくる可能性は十分あるし、2列目外までを取れてしまえば一気にチャンスが出てくる。この馬のベストバウトは愛知杯。60.3-59.8と平均からの12.6 – 12.1 – 11.8 – 11.3 – 12.0とL2最速で2列目の真ん中から直線で外に出してスッと反応して一気に突き抜けている1800では微妙に基礎スピード的に苦労すると思うので前が引っ張るとポジションで苦しむことになるが、仮に内の先行勢がけん制し合っているうちにティーエスクライの番手まで取れてスローで運べれば仕掛けを待って要所で一気に突き抜けるところまである。前走の函館記念はペースは良かったがL3で自分で動いてしまって甘くなるのが速かった。前半はあの形が理想で、後半はもうワンテンポ仕掛けを待って加速性能で差をつけたい。

△ソウルスターリング

切っても良いかなと思ったんだけど、でもやっぱりかみ合えば突き抜ける馬だからね。不安は何といっても折り合い面を意識しすぎたポジションダウン。開幕週の札幌1800は基本的に要所の反応が良くないタイプの馬は苦労する。3~4角で外から動いて一気にペースが上がってくれれば緩く長いコーナーの最短距離を通せるのでメリットしかないんだが、3~4角でペースが上がってこずに4角出口で一気に前が加速で出し抜いてくるとそれ以上のギアチェンジ・トップスピードの質は持っていないので物理的に届かない可能性が高くなると思う。ソウルが勝つとしたら外目の枠からスロー気味を前目で進めて3角手前で一気にロンスパ気味に先頭列に並びかけて力でねじ伏せるパターンだと思う。マイルでも前半の基礎スピード面はある程度高いレベルで見せていたので1800なら平均ペースで流れてくれた方がいいが、そうなると仕掛けの意識が遅れるしというところでかみ合い切るのは難しいかなと。北村宏司がこの馬でお利口な騎乗をしてくると要所で置かれてL1ジリッと食い込む程度になるんじゃないかなとみて、連下としておく。

△ディアドラ

こちらは外枠なので出し切る可能性は高いがそれでも開幕週の札幌1800でまとめて差し切れるだけの実力があるか?といわれると微妙だと思う。何度も言ってきているけどクイーンSは本格派の実力馬が秋を見据えて一度使っておくかという感じの仕上げでくるし、そのうえで前が支配して一足をというパターンが多いレース。数々の実力馬が届かずにきた(ファインモーション、フサイチパンドラ、アドマイヤリード、スマートレイアー)わけで、小器用さのないディアドラがさあ一気になでぎるか?といわれるとまず疑問。しかも意識の上で恐らく3角までにソウルスターリングは内で包まれている状況だと思うし、そこでルメールが外から動いて極端にソウルのアシストをするような形になるのは避けたいから、仕掛けの意識も下がる可能性が高いと思うんだよね。その辺がエンジンのかかりが遅いこの馬でどうなのか。ドバイターフの評価も微妙なところで、古馬になって以降はタイトな流れで劣化しがちなリアルスティールに互角がどの程度か?だし、エリ女を見てもわかるように12.9 – 12.2 – 11.6 – 11.2 – 11.6と加速していく過程での反応が鈍い馬なので外から3~4角好位列外から前を向いて動くぐらいの意識は欲しい。その辺を踏まえるとやっぱり勝つことを期待して重い印を打つのは危険かなと。押さえまでとしたい。

《直近5年で4勝のドル箱》アイビスサマーダッシュ
―――――――――――――――――――――――――

昨年も超穴馬ラインミーティア(8人気)激走で
4300円・7210円的中

―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

現役時代にアイビスSD2勝の千直マイスター
元JRA騎手・大西直宏が

今年注目する超穴馬を無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アイビスサマーダッシュは最近5年で
―――――――――――――――――――――――――
2014年 2万1450円【的中】
2013年 1万0140円【的中】
2017年   7210円【的中】
2016年    480円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

\\\万馬券2本を含む5戦4勝のドル箱重賞!///

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年のアイビスSDもお任せください!

◎◎◎ 馬券を買う前に必見! ◎◎◎

『千直マイスター』元JRA騎手の大西直宏が
注目する超穴馬を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

GI馬主・佐々木主浩の最終結論を無料公開

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。