競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:アクティブミノル&酒井学想定

time 2018/07/25

アイビスサマーダッシュ 2018 出走予定馬:アクティブミノル&酒井学想定

第18回 アイビスサマーダッシュ(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月29日()
コース:新潟芝直1000m

予想用・出走予定馬一覧

アクティブミノル(酒井学想定)

セントウルステークスを3歳時に制して以来、勝ち星から見放され続けているアクティブミノルがアイビスサマーダッシュに出走予定だ。常に人気を背負う形になってそれを裏切ることが多いが、今回は流石に人気も薄くなるはず。そろそろ久しぶりの勝利となるのか?

適性的には合うと思うんだが、やっぱりそれでも人気をしがちだし結果が出ていないのがね。狙い続けてやけどしがち、来た時は人気という典型的なタイプ。いい条件なんだけどどうせ甘くなって4着ぐらいなんだろうなあ。

淀短距離S(OP)2着

京都芝内1200m良 11頭7枠8番
1:08.8(+0.0) 34.7-34.1 S^1
12.2-11.2-11.3-11.5-11.0-11.6

直近でかみ合ったのが淀短距離S。ペースは0.6でややスローに突入、そこからのL2最速戦で4角出口で加速しながらの競馬と京都1200にしては仕掛けが遅い競馬となった。個人的にはこれはアクティブミノルにとっては完璧な進め方だと思ったがそれでも甘かったからね。

8番枠から好発を切って促し、楽にハナを取って主導権を握る。そこからは単騎気味になりながらもスローの流れと理想的。3~4角でも仕掛けを待ってラップ的にも落としながら引き付け、4角出口で満を持して軽く促し直線。序盤で一気に出し抜いて勝負を決めたかと思いきや、L1で甘くなったところをラインスピリットに捕え切られた。

3着以下は完封できてはいるものの、ラインスピリット相手にこの形で差し切られてしまった、しかも2kgこちらが軽い状況で。この馬はセントウルSを制した時がそうだがL2最速戦で加速する形で良さを引き出しやすく、スローに持ち込めたことはともかくとしても、京都1200で仕掛けをかなり遅らせることができたのはかなり良い展開だったといえるはず。それで捕らえ切られたので、現状新潟1000適性を含めても微妙な感じ。

CBC賞(GIII)16着

中京芝1200m良 18頭3枠6番
1:07.8(+0.8) 32.7-34.3 H^2
11.9-10.3-10.5-10.9-11.5-11.9

前走のCBC賞では超高速馬場は良かったがその中でもペースが上がってしまってこうなるとなかなかついていけなかったという感じ。厳しい流れで脚を引き出す余力などなかった。

6番枠からまずまずのスタートを切っていたが前が速いので無理はせずに好位の外で進めていく。3~4角でも好位の外から脚を使いながら直線で追い出されると一瞬脚を使っていたがすぐに外からアレスバローズに交わされ、L1は失速した。

反応自体はできていて直線入りで一瞬だけ前との差を詰めかけていたが、それまで。基本的に使える脚は一瞬しかないしそれを加速する地点で出し抜くのに使ってしまいたい。こうやって流れ切って3~4角では全馬がすでにスピードに乗ってしまっている状況だと一瞬の加速性能だけではどうにもならないな、という競馬だった。まあここまで流れた時点で厳しかったと思う。

鞍馬ステークス(OP)8着

京都芝内1200m良 15頭2枠3番
1:08.5(+0.5) 34.4-33.6 S^1
12.4-10.9-11.1-11.0-11.2-11.4

2走前の鞍馬Sではスローなのだがコーナーで速いラップを連続する形となったので甘くなるのが早かった。全体のペースを遅くしても本仕掛けがL3最速で速くなるとここで一気に脚を使って甘くなるのも一気に来るという感じ。

3番枠から五分のスタート、押して押しての先行争いの結果ハナを取り切ることができたという感じ。そこからもある程度促しながら進めて3角。3~4角でも鞍上の手が動いていてそのまま4角出口ぐらいでしかけられるが動けないまま。じりじりと後退して最後は8着完敗。

ダートを使ってきて芝に戻した初戦というのもあったかもしれないが、このペースなのに二の足が遅かったの破棄になった。そこからも終始鞍上が手を動かしながらになったのでその辺も影響したかな。ただやはり結果的にコントロールできずにスローで押し通しとなったことで息を入れられずにL3最速で早めの仕掛けになってしまっている。そうなるとトップスピードからの減速が早い馬なので甘くなるのも当然早くなると。

2018アイビスサマーダッシュへの展望

まあ正直流石に買わないほうがいいかなとは思っている。新潟1000適性自体は高いと思うし、開幕週だと前半が上がり切らずにL3-2での加速が問われやすい。これ自体は良いと思うんだが、そもそもここ2走が少し二の足面で苦労しているのと、やはりかみ合った淀短距離Sでも甘くなってラインスピリットに捕え切られている。新潟1000は合いそうで、過去もL1で甘くなることが多いしそう考えると今のこの馬の状態面で狙うのはやはり得策ではないだろう。相手関係もやや混戦模様ではあるが、どうせいつも最終的にはそこそこ人気するので。切ってしまうのがいいと感じている。

《直近5年で4勝のドル箱》アイビスサマーダッシュ
―――――――――――――――――――――――――

昨年も超穴馬ラインミーティア(8人気)激走で
4300円・7210円的中

―――――――――――――――――――――――――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

現役時代にアイビスSD2勝の千直マイスター
元JRA騎手・大西直宏が

今年注目する超穴馬を無料で教えます!!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

アイビスサマーダッシュは最近5年で
―――――――――――――――――――――――――
2014年 2万1450円【的中】
2013年 1万0140円【的中】
2017年   7210円【的中】
2016年    480円【的中】
―――――――――――――――――――――――――

\\\万馬券2本を含む5戦4勝のドル箱重賞!///

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

今年のアイビスSDもお任せください!

◎◎◎ 馬券を買う前に必見! ◎◎◎

『千直マイスター』元JRA騎手の大西直宏が
注目する超穴馬を無料で教えます!

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

何悪。分析note2021



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。