競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

函館2歳ステークス 2018 出走予定馬:アスターペガサス&小崎想定

time 2018/07/17

函館2歳ステークス 2018 出走予定馬:アスターペガサス&小崎想定

第50回 函館2歳ステークス(GIII)出走予定馬展望

日程:2018年7月22日()
コース:函館芝1200m

予想用・出走予定馬一覧

アスターペガサス(小崎想定)

新馬戦では番手から抜け出し2馬身半差の完勝を収めたアスターペガサスが函館2歳ステークスに出走予定だ。ジャイアンツコーズウェイ産駒の外国産馬が今年は2歳戦線を盛り上げることになるのか?若武者小崎綾也を乗せて重賞制覇を狙う。

時計的な面はともかく伸びしろというか面白いラップ推移を刻んでいるなというのはこの馬の新馬戦になる。最終的に1200が合うかどうかはわからんし、高速馬場ではあったので評価が難しいところだがこのメンツの中では怖い。

新馬戦1着

函館芝1200m良 15頭4枠6番
1:10.0 35.0-35.0 M
12.5-11.0-11.5-11.8-11.7-11.5

新馬戦の勝ちっぷりもよかったんだがラップ推移がやはり面白い。全体のペースは平均で流れているが、L1最速で11.5というように余力を残して直線で加速してという競馬となった。時計的には少しものたりないがラップ補正で面白い。

6番枠から五分には出た、という感じでそこから押されてリカバーし2列目の内で進めていく。ペースもそこまで上がらない中で少し押っ付けつつ追走、3~4角で2列目のポケットから外に出して追い出されて1馬身差で直線。序盤ですぐに加速して伸びてくるとラストは突き放しての完勝だった。

ここでは前半に関してはやや物足りなさも残った。ペースも上がらなかったし何とか五分に出たかなというぐらいで良いスタートとは言えなかった。そこからリカバーしての前半だったが、後半はペースが上がらなかったとはいえそこから加速を求められる中で一頭だけ違う脚を使って抜け出してきた。個人的にはこの感覚はどちらかというと距離を延ばした方がいいとは思っているが、余力があったということを考えるといい材料といえるのかなと。少なくとも時計的には十分詰めるだけの材料はある。時計自体は物足りないが。

2018函館2歳ステークスへの展望

血統的にはジャイアンツコーズウェイ×トリッピ。ジャイアンツコーズウェイ産駒はエイシンアポロンやアンコイルドみたいにマイル~中距離辺りが合う馬が多い印象で正直1200は実はちょっと短い、というイメージ。ただこの馬の場合は母系だけでフォーティナイナーのインブリードが成立している、母父トリッピはエンドスウィープの仔になるので割と短距離色自体は強い方なのかなと。個体でみると前走の新馬戦の内容からは距離自体はもうちょっとあった方がいいんじゃないかな?とは思っている。ただし素材としての魅力は確かにあるし、ゲートは微妙も二の足はまずまずでここに入っても中団ぐらいでは追走できそう。また前走は出し切れていないのも確かで時計的には詰めてくる可能性は他より高い。それでも1:10.0という時計自体は遅く、結構詰めないといけないし1200で強気で狙えるかといわれると適性はもうちょっと上の距離…となるので馬券的に扱いが難しいところ。というか今年の函館2歳Sは例年に比べてかなり難解な気がする。

■■■■■■■■■■■■■■■
“大魔神”の愛称でお馴染み!

≪GI馬主・佐々木主浩≫
【中京記念の最終結論】

▼こちらで無料公開!▼

http://www.umasq.jp/?ad_code=mcz03

 

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。