競馬をやって何が悪い。〜予想は敗因分析から〜

菊花賞の出走予定馬展望が中心!今週あの人気馬はなぜ負けたのか? ラップとレース映像をリンクさせた詳細な敗因分析から競馬の真髄に迫る。 敗因分析できれば次買うべき馬が解る。競馬予想は回顧から始まる。

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:レーヌミノル&和田竜想定

time 2018/05/08

ヴィクトリアマイル 2018 出走予定馬:レーヌミノル&和田竜想定

第13回 ヴィクトリアマイル(GI)出走予定馬展望

日程:2018年5月13日()
コース:東京芝1600m

予想用・出走予定馬一覧

レーヌミノル(和田竜想定)

昨年のハイレベルのクラシック戦線の中で桜花賞を制した実力馬レーヌミノルがヴィクトリアマイルに出走予定だ。秋にはマイルチャンピオンシップでも4着と善戦したが、それでも近走は期待に応えられない結果が続いている。再び結果を残してきたマイルの舞台、この条件で桜花賞馬の復活を告げられるか。

結構条件的には面白いかもしれない。ただ桜花賞にせよマイルCSにせよ、力の要るタフな馬場でのタフな流れで消耗して良さが出た。高速馬場でとなると仮にペースをうまく引っ張ったとしても後半の末脚の絶対量でどうか?というところは出てくる。なのでできれば渋って46-47ぐらいの感じで後半を消耗させたい。高速馬場だと個人的には45秒台半ばでは入っていかないと…という感じはあるかな。その点でアエロリットと比べるとより前半にシフトしたタイプかなと。

桜花賞(GI)1着

阪神芝外1600m稍 17頭5枠10番
1:34.5 46.5-48.0 H^1
12.7-10.9-11.1-11.8-11.8-11.5-11.9-12.8

昨年の桜花賞勝ちから振り返りたい。この時は稍重表記だったが実際はそれよりちょっと時計が掛かっていたかなという感じ。ややタフな馬場ぐらいの感じで、ペースも1.5とかなりのハイに肉薄するレベルのハイペース。ただこれは少し離れてカワキタエンカが進めていたもので、実質的には平均ぐらいかなという感じ。ラップ推移的にもL3最速で仕掛けが早く11.5とそこまで速いラップではないと。

10番枠からまずまずのスタートを切ってそこから様子を見ながらじわっと入って好位の外目で進めていく。道中これでもハイペースなんだがコントロールしながら離れた好意で3角。3~4角でも好位の中目で追走しながら外からくるソウルスターリングを待って直線。序盤でもまだワンテンポ待って馬なりから追い出されてしぶとく伸びてここで先頭に立つ。L1でそこからしぶとく抜け出してソウルスターリングを寄せ付けず、リスグラシューの強襲も半馬身差しっかりと残した。

ここでは力の要る馬場で時計も掛かっていた、そんな状況で前半の基礎スピード、そして後半のポテンシャルの両面をうまく使って抜けたした形になる。力の要る馬場のマイルでこういう競馬ができているのは確かで、速いラップを後半で要求されなかったのも良かったのかもしれないし、この馬場で後続に脚を使わせる形になったのが大きいと思う。マイルCSは触れないが、頑張れたのも力の要る馬場で平均、速いラップを要求されなかったのが良かったかなと。

阪神カップ(GII)7着

阪神芝内1400m良 18頭3枠5番
1:20.1(+0.6) 33.6-34.7 H^2
12.1-10.7-10.8-11.2-11.5-11.7-11.5

この阪神カップの評価をどう考えるかというのが重要かなと。ただ個人的には能力的にどうかはともかくとして、これで1200向きではないな、と感じた一戦ではある。超高速馬場で問われたのはスプリント戦張りの基礎スピード。速いラップを連続する中で脚を使えたかどうかが重要だったと思う。

5番枠から五分のスタート、そこから楽に先行争いに入っていたが2列目が窮屈になったので下げて好位。道中もダンスディレクターを意識しながら後ろで見つつ3角。3~4角では中団中目で進めながら直線で外に出す。序盤でそこから追い出されるが伸びはなくじりじり。L1までばてはしないが伸びもしない、という感じでなだれ込んだ。

ここで感じたのは地味に忙しいな、という感覚。もちろん最序盤はもうちょっと前目で入れたと思うし窮屈になったから下げたのはあるが、そこから3~4角にかけて終始押っ付けながら。鋭く脚を使えなかったけどばてていたわけではない、という感じだと意外と1400で軽い馬場でこのペースは速かったんじゃないかなと。これだと1200では流れても追走に苦労、スローだとキレ負けしそうな感じがした。

高松宮記念(GI)7着

中京芝1200m良 18頭7枠13番
1:08.8(+0.3) 33.3-35.2 H^2
12.0-10.3-11.0-11.4-11.5-12.3

前走の高松宮記念では力の要る馬場だったので1200でも楽しみがあるかな、と思っていた。ただ悪くはないもののやっぱり流れた中で基礎スピード的に苦労していた印象は否めないかな。1.9でかなりのハイ、ラップ推移的にも消耗度合いがキツい競馬になっていると。

13番枠からまずまずのスタートだが無理はせずに中団で進めていく。道中も縦長なのでそこまで外ではないが、それでも3~4角で中団馬群の外々からの勝負となって直線。序盤で追い出されるがじりじりとした伸びていまいち。ラストまでばてはしないんだがじりじりとなだれ込んでくるだけだった。

この感じからもやっぱり1200で流れちゃうと力の要る馬場でもちょっと苦労している感じはすると。平均~ハイペース自体は問題ない馬だけど、やっぱり結果を出しているのはマイルだと思うし、恐らく1200は距離的に短くて1400でもハイレベルだと基礎スピード的に難しい。

2018ヴィクトリアマイルへの展望

時計的にはこの馬でもちょっと足りない。実際桜花賞もマイルCSも時計が掛かる中での良さで、例えば3歳時ならクイーンCではアエロリットに平均ペースの中で完敗を喫している。もちろんあの時は46.8-46.4と平均でも12.0-12.3-11.3-11.2-11.6と12.0-12.3と中弛みがあったことを考えると、もうちょっと単調な流れなら?というのはある。それと1400の阪神カップでハイペースの中で完敗していたが、あの一戦は相当なハイレベル戦だと思っている。1400でもあそこまで高速馬場で流れてしまうと、という中で最低限はやれていると思うし高速馬場でもマイルで淀みなく前目で引っ張る、という競馬なら或いは。個人的にはそれでも高速馬場では穴目の一頭で押さえまで、というところでやはり少し渋った方がいい。力の要る馬場で少なくとも33秒台半ばぐらいまでの競馬になってくれれば46.5-47.0ぐらいの競馬で消耗させることもできそう。そういう競馬のほうが合っていると思う。高速馬場だとやはりアエロリットの方が上だろうし、ペースが平均まででトップスピードがある程度問われるとなるとトップスピードの持続力が足りないので圏内まで踏ん張るところまでは難しそう。雨が降ってパワー型の基礎スピードを問われれば逆に今回のメンツだとトップレベルまで一気に上がってくると思うので、怪しげな日曜の天気で雨が降ってくれれば怖い。いずれにせよマイルに戻るのはプラスだと思っているので、ここで狙うというのはありかなと。

□◆□◆□◆□◆□◆□◆□◆□

第13回 ヴィクトリアM(GI)

新聞の印に惑わされたくない方へ
【買うべき穴馬はコレ!】
万券ハンターの買い目を大公開!

ここをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━

「新聞にはまったく印が打たれていませんでした」
「なんでこんな人気のない馬から買えるんですか」

凄腕の万券ハンターと提携している【暴露王】のもとには、こうした驚きのメールがよく届きます。

▼ ▼ ▼

しかし、3連単で万券を獲ることはそれほど難しくありません。

重要なのは、

作られた『虚構の人気馬』を把握と、誰にも気づかれない『人気薄=激走馬』を知ることです。

そもそも、陣営の“ホンネ”というのは、なかなか表に出てこないものなのです(オーナーへの配慮、人気になってマークされるのを嫌気)。

“情報力・執念・視点”の違いをウリとする【暴露王】が、凄腕の万券ハンターと提携し、どこまで陣営の本音を掴んでいるかは、レース当日に買い目と根拠、結果をみていただければ一目瞭然でしょう。

こんな的中お届けしてます!

今週ご登録頂いた皆様には、目玉重賞『ヴィクトリアM(GI)』を初めとして、万券ハンターだからこそ知っている“ヒミツの話”を【毎週無料】でコッソリ教えます!

買い目もしっかり提供させて頂くので、週末は【暴露王】からのメールを待つだけで問題なし!

今週の週末から、「本物の情報」で皆様の馬券ライフを180度変えてみせます!

▼詳しくはこちらでどうぞ!▼

本物の【凄穴馬情報】を無料公開
【買うべき穴馬はコレ!】
完全無料・ヴィクトリアM

━━━━━━━━━━━━━━━

何悪。分析note2022



Links

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。